2007年05月21日

早春の妖精

s-PICT21941.jpg

上の段から アジュガ(十二単の園芸種)は山野草ではありませんが、本来十二単の改良から園芸種となり、今ではいろんなアジュガがあります。
花が終わっても、葉がいつまでの紫色に枯れず、寄せ植えや、アプローチの縁取りに重宝しています。
PICT22141.jpg
白雪げしの花。(芥子科)
PICT22121.jpg

葉はツワブキの葉のような形をしており、15〜20センチぐらいの茎のさきに2,3個の蕾を付け真白い花を一つずつ咲かせます。
2,3センチの小さい花で芥子のような華やかさはなく、でもよく見るとうつむき下弦に咲く白い花ビラと中の黄色い蕊のコントラストが美しく、やはり可愛い芥子の花です。
地下の茎から増えていきます。

ふうろ草 
PICT22223.jpg
 
PICT22211.jpg
フウロソウも園芸種に改良されゲラニュームの名前でいろんな色の花がたくさん売り出されております。
四季咲きもあり。
posted by mari at 17:17| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。