2007年08月01日

夏の日差しと妖精

53a7160e86c1435762b11d1d159e5ef5.jpg 
お日様が光をなげかけると

 そこは甘い色に彩られた楽しい 

おとぎ話の始まり・・・・

耳を澄ますと聞こえてくるよ

夏の草花が茂る庭に 

妖精たちの笑い声が

“かくれんぼ しようよ”

イーハトーブガーデンの庭から・夏つばき
ballerina.jpg
バレリーナ
swany7.jpg
スワニー
swany4.jpg
スワニー

「花ブログ」に参加しています。にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ クリックお願いします

返り咲きの薔薇 まだまだあるよ。

続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 05:00| 岩手 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 薔薇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

薔薇・ハマナス

bara10.jpg
朝顔よりはむしろ牡丹のやうにみえる

おほきな はまばらの花だ

まつ赤な朝のはまなすの花です

ああ これらのするどい花のにほひは

もうどうしても 妖精のしわざだ

宮澤賢治 詩・春と修羅  オホーツク挽歌

ハマナスは北国向きの花でしょうか
春から切れ目無く咲いています。
秋にはローズヒップの実が赤くなり これも又可愛いですね。
PICT25231.jpg

詳しいお花の説明は「イーハトーブ花図鑑」を見てね

「花ブログ」に参加しています。にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ クリックお願いします

p>続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 08:09| 岩手 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 薔薇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

「どんど晴れ」の舞台イーハトーブ遠野へ

7月の晴れた日曜日 地域の親睦会で「遠野路バス旅行」が企画され私も参加しました。
遠野は私の生まれ故郷です。
遠野には 年数回は帰えりますが、今回は普段あまり行ったことのない 観光的目線で地域の方々と一緒に生まれ故郷を見学してきました。

折しも ますますおもしろくなってきた朝ドラの「どんど晴れ」が今 遠野を舞台に物語が展開しています。
tibake2.jpg
2006・8月 山羊さん撮影の千葉家の曲り屋

toono1.jpg 
神話では、「おいし・おろく・おはつ」という三人の姫神が遠野三山にそれぞれ住みついた事から始まります
toono3.jpg  

toono5.jpg 

「花ブログ」に参加しています。にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ クリックお願いします

続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 11:58| 岩手 ☁| Comment(10) | TrackBack(2) | 遠野と遠野物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

野の花を生ける

yamayuru.jpg
生け花では ユリの雄しべの葯は、花粉が付くので取ります。
暑い日差しに蛇の目傘を添えてみました。

   チョットした空間に こんな遊びの こんなお花を生けて楽しむのはいかがですか。
花はそれだけで充分美しいのに、「生ける」となると華美になりすぎてしまいます。
小原流を習って何十年にもなりますが、いまだに 先生にもっと、自然を観察するよう言われ続けてます。
 そういう意味で全く流派の花型にこだわらない遊びのこころでたまに生けてみたりするのも良いですね。

「花ブログ」に参加しています。ポチッとネにほんブログ村 花ブログ 季節の花へ クリックすると 順位が見られますヨ。
今日は何位かな???

続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 08:16| 岩手 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

草花の名前 『サギソウ』

fujita.jpg


今、野の花 山野草のブームですね。
美しいカラー写真と共に 野の草花の紹介された本が多く出ております。
変わった名には大変興味も湧いてきます。

山野草の名前の由来を調べてみますと、最も多いのが、花や葉、実、全体の形などの特徴から表されている物が多く、次に薬草、染料など実用から付いた物、そして 人名に関連し付いた物・・・と 色々あります。
又日本各地に生息している 同じ山野草でも 呼び名が違っていたりします。
そんなことを調べてみるのも楽しいですね

suzu.jpg

 「サギソウ=鷺草」は一目瞭然 飛んでいる姿が鷺に似ているところから付いたのでしょう。
よく解りますね。
可愛らしい山野草で蘭の花です。


「花ブログ」に参加しています。にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ 今日は何位かな・・

続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 05:14| 岩手 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

花の名前『サルスベリ』

biguru.jpg 
顔白ビーグルさんH19年撮影

1185100649_1.jpg
顔白ビーグルさんH18年撮影

北国では、サルスベリは夏を代表する花木です。
花の少ない真夏にやさしげな赤い花を 咲かせます。
暑さ 寒さにも強く、育てやすい花木として、北国では庭植えにしている人が多いです。

サルスベリは、中国原産で「百日紅」と書きます。                                 
7月から 9月頃まで 約3ヶ月間(100日間)、ピンクの花を咲かせることから 付いたそうです。
 名前の付けられかたが似ているものとして,ニチニチソウ(日々草),ヒャクニチソウ(百日草),センニチコウ(千日紅)もありますね。

また「猿滑」とも書き、幹の皮がはがれ白くツルツルとして、“猿も登れない”ところからついたそですが 発音から日本人にはこちらがなじみ深いですね。

「花ブログ」に参加しています。にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ 今日は何位かな・・

続きが有るよ・読んでね
タグ:サルスベリ
posted by mari at 08:45| 岩手 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

草花の名前 『漢字とカタカナ』

 
 山野草の本を見るとほとんどの名前がカタカナで統一されております。
 昔からある スミレを漢字で書くと 「菫」


菫(きん)と言う字は 元来中国の野菜であり スミレとは何の関係も無いそうです。

タンポポは「蒲公英」。

1185253682_1.jpg
オダマキは、「苧環」。
仮名をふってもらわないと何の花を指しているのか解りませんネ。 
s-PICT2227.jpg 
s-PICT2234.jpg 
PICT7749s-.jpg



 一方、カタカナで表すと意味のわかりにくい草花があります。

「エンレイソウ」は延齢草、「フシグロセンノウ」は、節黒仙翁 「オキナグサ」は「翁草」と漢字を見ると名前の由来がつかめます。

 
s-PICT7450.jpg
早秋庭に咲いた「エンレイソウ」



enreisou11[1]1.jpg
posted by mari at 10:24| 岩手 ☁| Comment(14) | TrackBack(1) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

「賢治が愛したバラ」“日光”

nikkou4.jpg
 8月は賢治の誕生月(8月27日)
イーハトーブでは、賢治の誕生を祝って 7,8,9月は各地でいろんな催しが開催されます。

そこで、また薔薇の花 日光に登場して貰います。
 
賢治は、病気のことでお世話になった花巻の某病院の院長先生に、このバラを贈りたいと考え横浜の種苗会社を経て数本苗を購入したそうです。
その中の一つを 院長先生の庭に 自分で植えつけたそうです。
その薔薇が・・和名で「日光」です。
nukkou2.jpg
続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 09:35| 岩手 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | 薔薇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

真夏の夜の祭典“花火”

 
行く夏を惜しんで
今日も
夜空に花咲く
万華鏡
消えては輝き 輝いては消える
今宵限りにと花開く
夏の夜の花火・・・・・・・・・

・・・・・・夏がゆく


 

続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 08:25| 岩手 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

竜胆(リンドウ)の花

rindou.jpg
ミヤマリンドウ・H18撮影
かぐはしき
み魂(たま)の息吹 咲きいでし

君が墓なる 竜胆(リンドウ)の墓

石川啄木・小樽日報

190812rindou3.jpg
イワテオトメ(園芸種)


お盆休みに入りました。
皆さん 墓参りにはもうお出かけになりましたか。

啄木の「君が墓」とは誰のお墓でしょうか、竜胆の似合う女性だったのでしょうか?
お墓には青い花が似合いますね。
亡き母も青い花が好きでした。
そして私も青い花が大好きで 庭は、青い花でいっぱいです。続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 08:07| 岩手 ☀| Comment(12) | TrackBack(1) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。