2007年08月14日

あさがお・ヘブンリーブルー

asag0.jpg
夕方まで開いている西洋アサガオ・ヘブンリーブルー

しずくのなかに朝顔が咲いてゐる

モーニンググローリのそのグローリ

(宮澤賢治詩・春と修羅 オホーツク挽歌より一部抜粋)

賢治特有の表現で グローリーとは輝くことです。
モーニンググローリは朝やけです。

夏の日の出はとても早いです
賢治は日の出と共に起きて何かを研究していたのでしょうか?
まだ朝露が残っている早朝に 輝く朝顔の花を見てすごく感動したようですね。

続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 16:12| 岩手 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

八幡平

nikoukisuge1.jpg
ニッコウキスゲ

お盆中 涼を求めて八幡平温泉に行ってきました。

PICT0001.jpg
車中より・松尾八幡平高速道路付近
続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 05:33| 岩手 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 山野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

八幡平の草花

標高1400メートルの八幡平には珍しい山野草がいっぱい咲いています。
夏の八幡平は 標高に応じて高山植物から 地本でも見られるような山野草までも咲き誇って植物の宝庫です。

kobaikeisou1.jpg
コバイケイソウ・ユリ科
夏の八幡平を代表する花です。
真っ白い花が1m以上もありよく目立ちます。

松川温泉側から八幡平樹海ラインを通って山頂をめざしました。
樹海ライン沿いは、蒸気が吹き出る「太古の息吹」や、藤七温泉の大昔の噴火によってできた蓬莱境など、車中からでも景色を堪能出来ます。

umebatisou1.jpg
ウメバチソウ・道ばたの沼地に生えていました。
春には水芭蕉の花が咲いていた所です。

 sirobanaturiganeninjin1.jpg
シロバナツリガネニンジン・キキョウ科
目立ちませんが とても可愛らしい花です。
オトメシャジンの鉢植えが温泉の売店で売られていました。
ちょっと後ろ髪を引かれましたが 育てるのが難しそうなのであきらめました。

matukawa.jpg 
スラネセンキュウ?・セリ科

アスピーテラインは小さい花が多く見かけられましたが、樹海ラインは、うっそうと茂る木々の合間から 白い大きなセリ科の花や ウツギ科の山アジサイなど大きい花が目立ちました。

tatigibousi1.jpg
ハクサンボウフウ?・セリ科

matukawa2.jpg
セリ科
名前がよく解りません。
セリ科の花で背丈も大きくあちこちによく目だつように咲いていました。

ezonyuu1.jpg
セリ科。

黄色い花のウイキョウはハーブで、独特の鼻を付く薬草のニオイがあります。
この花には ニオイはありませんでしたが似た感じの花でした。

山野草図鑑で調べましたがわかりません。
セリ科で「ミヤマゼンコ」「シラネニンジン」「シラネセンキュウ」「ハクサンボウフウ」「エゾニュウ」と言う名の花が見つかりました。
いずれかと思うのですが解りません。

白い花のワタスゲも見ることが出来ましたが、この暑さで茶色になっていました。
続きが有るよ・読んでね
ラベル:山野草 八幡平
posted by mari at 08:06| 岩手 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 山野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

シドイデス“あまりに綺麗で”シドイデス

sidoides2.jpg
ペラルゴニウム シドイデス 「バーガンディ」


黒っぽい濃ワイン色の花に 銀色の丸い葉。
大人っぽい くらクラシカルに濃い色の シドイデス。

sidoidesu1.jpg
葉柄が長いシルバーグリーンの丸葉で、塊茎から低木状に成長します。

銀色の葉も  魅力的♪ かなりエキゾチックなワインレッドをした極小の花のシドイデス。
冬越に成功しましたが、なんだかしまりのない株になり、お見苦しいため花のみの写真・・・。

花後にできる種で繁殖が簡単にできると言うことを最近小耳に挟んで今度、挑戦してみようと思っています。

sidoidesu4.jpg
幅が3ミリ程の細長い可愛らしい濃ワイン色の花が、花茎の先に3〜5輪付きます
 
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 10:28| 岩手 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

「どんど晴れ」と盛岡さんさ祭り

sannsa.jpg
8月1日から行われた盛岡さんさ祭り

イーハトーブの暑い 暑い 夏もお盆と共に去っていきました。

楽しかった夏祭りもあっという間に終わってしまいましたね。

img_0002.jpg
夏美ちゃん追っかけファン?から頂きました。

8月に入ると盛岡は、「盛岡さんさ祭り」一色に染まります。
 
盛岡さんさ祭りに先駆けて さんさ太鼓の数がギネスに登録されるという嬉しい話題で盛り上がりました。
また、祭りのパレードに「どんど晴れ」の出演者が さんさ踊りを踊るというロケが行われたんですよ。

8月1日に行われた ロケを、見に行くことが出来ませんでした。
残念!
余談ですが このロケの放送は、9月末に放送されるそうです。
見てね。
続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 10:24| 岩手 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 岩手・盛岡 四季歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

盛岡舟っこ流し

1-26.jpg
赤々と焼けおちていく舟っこ
 
夕刻、堤灯やお供え物などで飾り北上川に浮かべられた舟に、火がかがられます。
水面に炎が照り映え、やがて静かにやけおちて流れのなかへ。
灯籠流しと共に、先祖の霊をおくり無病息災を祈る伝統行事です
  
fune01.jpg
8月16日に盛岡の伝統行事「盛岡舟っこ流し」が行われます。

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 06:16| 岩手 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 岩手・盛岡 四季歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

三時に逢いましょう・三時の乙女

180_1.jpg
「四季の白坂」管理人 山羊さん撮影

午後3時頃にならないと 逢うことの出来ない 乙女の花。

他にも沢山の呼ばれ方をしています。
 あなたはなんと呼んでいますか?

「三時草 (さんじそう)」

「三時の貴公子」

「アフタヌーン テイー」

「江戸の花火」

「花のしずく」

何とも可愛い呼び方ですね

あなたのお気に入りの呼び方はなんでしょう!

merisnjisou.jpg
「めりさんの裏庭」・管理人のめりさん撮影

 午後 三時頃に花開き、日暮れには萎む
ほんの数ミリの大きさだけに 普通に歩いていては気付かれることのない小さな花。

私のお気に入りは 「花のしずく」。
見事に表現された名前だと思いませんか。

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 17:29| 岩手 ☔| Comment(13) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

情熱のフラメンコ・デブラデニア

PICT0001.jpg
デブラデニア通称ローズジャイアントを買ったのは、もう 4,5年前になります。
見慣れない豪華な美しさについ負けて購入してしまいました。
見るからに南の花で北国での越冬は難しいと解りましたが、1年だけでも楽しもうと・・・・

でも秋遅くまでいっぱい蕾が付いて、このまま霜に当てて枯らすのは可愛そうと室内に取り込み・・・
そして今でも元気に花を咲かしています。

PICT63061.jpg
デブラデニア(ローズジャイアント)

最近は園芸店でよく見かけますが、名前は今でもすぐに出てきません。

『デブ?でぶ?・・・ブタ・・???』・・・・・
ちょっと可愛そうですね。

続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 16:39| 岩手 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

オオバウバユリ・大葉姥百合

ubayuri9.jpg


オオバウバユリ・・知ってますか?
10年以上前のことですが 知人が「ウバユリ 咲いたから見に来て !」との誘いに お庭にいって目にしたオオバウバユリ 。
見たことのないような幻想的な色 緑白色の百合が左右横向きに沢山付いて咲いています。
こんな綺麗な百合が・・・植物があるの??驚きと共に大変 感動しました。

ubayuri8.jpg


どうしても我が家の庭にも咲かせたいと思い 生息地を調べたところ以外にも 近くの山や田んぼのあぜ道に咲いているではありませんか。

知り合いから分けていただき 花の咲くのを楽しみに庭に植えました。
が、春に大きな葉が出て期待したものの花茎が出てきません。
花が咲いたのは それから3年ほどたちました。
一本の花茎に7個も花が付きました。
もちろん改めて感動しましたよ。
自慢げにご近所の皆さんにも見に来て貰いました。
それからは ご近所の庭先にもオオバウバユリの花が見られるようになったのはもちろんの事です。

ubayuri6.jpg

不思議なものですね。
どこのお庭でも見られるようになった幻のオオバウバユリ。
よく観察すると ヤマユリの華麗、テッポユリの純潔、ササユリの純情、ヒメユリの可憐さがありません。
百合のイメージとはかけ離れて、倒れようのない太くたくまし花茎が くすっと立って花咲くオオバウバユリ。
でも、パワフルな生命のエネルギ−を感じます。
どこにでも咲く 力強さがウバユリの魅力です。
ubayuri1.jpg
続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 22:41| 岩手 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

コムラサキ

komurasaki.jpg

庭木のコムラサキに花が咲いています。
秋には紫の実が綺麗に並んで目を引くコムラサキも花はあまり目立ちません。
見過ごしてしまいそうな小さい可憐な花です。
生け花でも、花より実の付いた秋の枝がよく使われます。
“ムラサキシキブ”と呼んでいますが正しくはコムラサキです。続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 09:26| 岩手 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。