2007年08月10日

草花の名前 『漢字とカタカナ』

 
 山野草の本を見るとほとんどの名前がカタカナで統一されております。
 昔からある スミレを漢字で書くと 「菫」


菫(きん)と言う字は 元来中国の野菜であり スミレとは何の関係も無いそうです。

タンポポは「蒲公英」。

1185253682_1.jpg
オダマキは、「苧環」。
仮名をふってもらわないと何の花を指しているのか解りませんネ。 
s-PICT2227.jpg 
s-PICT2234.jpg 
PICT7749s-.jpg



 一方、カタカナで表すと意味のわかりにくい草花があります。

「エンレイソウ」は延齢草、「フシグロセンノウ」は、節黒仙翁 「オキナグサ」は「翁草」と漢字を見ると名前の由来がつかめます。

 
s-PICT7450.jpg
早秋庭に咲いた「エンレイソウ」



enreisou11[1]1.jpg
posted by mari at 10:24| 岩手 ☁| Comment(14) | TrackBack(1) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。