2007年08月30日

キョウガノコ・京鹿子

kyoukan.jpg
キョウガノコ・京鹿子

 さくらでんぶ のような色で フワフワと霞みの様な形のお花。
小さい花が寄せ集まって咲いています。
6月頃から8月まで咲き 庭にすんなりと溶け込むやさしい花です。
komurasaki.jpg

キョウカノコまたは、 キョウガノコとも呼ばれ 京鹿子と書きますが、「京鹿子」とは京都で染めた「鹿の子絞り(かのこしぼり)」のことで(鹿の斑点模様のような絞り染め)から名付けられました。   
 
kyoukanoko2.jpg

 バラ科ですが,棘がなく宿根草です。

シモツケソウからキョウガノコの園芸品種がつくられたそうです
聞き慣れないシモツケソウですが、同じ宿根草で、別名クサシモツケ(草下野)とよばれ 関東以西に分布ししています。
岩手では見かけませんね。
キョウガノコの方がシモツケソウより大柄で、よく分枝し花も多いです。

和名 キョウガノコ
英名  Japanese meadowsweet
科名 バラ科
属名 シモツケソウ属
性状 多年草(耐寒性) 用途 小〜中鉢
原産地 日本(園芸種)
 

zkyoganoko4.jpg

耐寒性で強健でやや日陰地が適しますから 半日陰地の庭園によく植えられてます。
鉢植えも丈夫で綺麗な寄せ植えが出来ます。 
zkyoganoko3.jpg
続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 17:30| 岩手 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。