2007年09月02日

モントブレチア

PICT08962.jpg
「モントブレチア」
難しそうな名の花ですが、農家の庭先にはどこでも見かける懐かしいポピュラーな花ですね。
グラジオラスを小さくしたような穂状に花が咲きますが、ユリ科の花です。
盆花のイメージがありますが6月あたりから咲き出し9月中頃まで咲いています。
球根のお花は毎年咲き終わると掘り起こし 球根を植え替えしますが、このモントブレチアは必要ないようです。
それどころか年々増えて・・・・庭の一角が大きな茂みになってしまいました。

花の時期は、緋紅色や橙紅色した花が咲き とても美しく可愛い花です。
続きが有るよ・読んでね
ラベル:ユリ科 宿根 球根
posted by mari at 07:56| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

ヒオウギ・檜扇

hioug2.jpg
数十年前 友人宅で不思議な形をしたアヤメに遭遇??
もう花も終わって黒い実が付いていました。
友人も詳しくは無いようで 実から育つよと言われ数個頂いてきたのがこの花です。
190811hiougi2.jpg


橙色の花弁に濃い橙色の斑点があります。
葉が グラジオラスのように扇型に広がって互生する姿が、公家の持つ「檜扇」に似ていることからヒオウギの和名がついています。
hioug.jpg
続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 07:23| 岩手 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

ルリマツリモドキ (ケラトスティグマ・プルンバギノイデス)

PICT00270.jpg
ルリマツリモドキ (ケラトスティグマ・プルンバギノイデス) 
 
紺碧の花が鮮やかで美しい植物です。
ルリマツリ(プルンバゴ)に近縁で、花が似ているので「・・・モドキ」となりました。
rurima.jpg
株元から吸枝を伸ばして株立ちしますが、やや這い性で横に広がります。
夏の暑い時期から長期間咲き続ける青紫色の花が魅力的で、コンテナガーデンや庭植など用途の広い人気種です。
私もコンテナで楽しんでいます。
rurimas.jpg
花径は2cm程度。草丈は30〜70cm程度。
秋には葉が紅葉します。
 
rurim.jpg

性質は強健。
耐寒、耐暑性強く、関東以北でも越冬できる。
日当たりを好むが耐陰性もある。
ただし乾燥には弱い。
繁殖は挿し木または株分け。  
rutimasuti3.jpg
続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 10:46| 岩手 ☁| Comment(15) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

クレロデンドルム・ウガンデンセ ブルーウイング

kurerodendorumu0.jpg
クレロデンドルム・ウガンデンセ ・ ブルーウイング

青い花が好きで 青い花が集まってしまいます。
ルリマツリモドキに続いて又青い花を紹介しますね。

クレロデンドルムは、青い蝶のような小さな花が房状に咲く清楚な雰囲気のある鉢花で、これがゲンペイクサギの仲間とは思えない感じです。

kurerodendoromu2.jpg

蔓性ですが、若い株でもよく花が咲き 初夏から休み無く咲いています。
残念なのは、熱帯性の植物ですから耐寒性がありません。
イーハトーブの冬は、室内で越冬します。
条件が良いと 季節感が無く 年中咲いています。

kurerodendoromu5.jpg
続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 17:12| 岩手 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

シュッコンバーベナ

babena3.jpg
 
捨てるに捨てられない困った花の代表、宿根・バーベナ。

春から秋遅くまで咲いています。

暑さ寒さに強い花で日本各地で見られるようです。
そのため各地によっていろんな名前で」呼ばれているようです。
baben.jpg

薄紅色の穂状の花が集まって咲く草丈50〜1mの宿根 多年草です。
葉はややかたく、長披針形で、鋸歯があり、長さ5cmほど。
花色は基本的には淡紅ですが、白などの品種もあります。

 babena5.jpg
続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 05:46| 岩手 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

ペンステモン

Penstemon_Garnet.jpg

ペンステモンが咲いています。

とっても綺麗な色の花です。

花の形が釣り鐘状になっており 下唇花弁?が長く特徴が有ります。

良く似た花に ジキタリス(ゴマノハグサ科)や カンパニュラ・ツリガネソウ(キキョウ科 ホタルブクロ属) がありますが これらの花のように大きく豪華ではありません。
ちょっと小さめで繊細な可愛らしい花です。

そのように花の形から グロキシニオイデスとカンパヌラツスのふたつにわけられますが、通常、グロキシニオイデスの方をペンステモンと言うそうです。

PICT0001.jpg
ペンステモン・コッシネウス

ペンステモン・コッシネウス・Penstemon coccineus = Fire Cracker.
鮮やかな紅朱色ですが 派手さはなく 意外としっくり庭になじみます。
草丈が70〜100cm位に伸び 支柱で支えないと倒れれますが 乱れた姿の方が自然で私は好きです。

pensutemon2.jpg
ペンステモン・ヴィクトリアン

ペンステモン・ヴィクトリアン・Penstemon barbatus Victorian Mixed
今年購入しました。
バイカラーの花で、中心の白がスカーレット色の花を一層引きたてます。
暑さにも強く夏を乗り越えまだ咲いています。
チャーミングな色が人目を引きます。
草丈約50cm前後のコンパクトでコンテナにも向きます。

【地際から多数枝分かれし、初夏から秋までルビーレッド花を咲かせる新品種。
耐寒性、耐暑性とも強く丈夫で、日当りの庭や鉢・プランター植え、ロックガーデンに適する。】

暑さ寒さにも強い種類のようですね。

続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 04:12| 岩手 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

零れ種から咲いたアサリナ

asarina.jpg
アサリナは一年草の蔓性植物です。

細いツルは丈夫で葉柄で何にでも絡みつき 初夏から秋までどんどん成長します。
asarin6.jpg

高めのトレリスやりフェンスに絡ませて 涼しげな壁を作ってみるのも楽しいですね。

葉腋に鐘形のキンギョソウに似た可愛い花をつけます。
2~3センチほどの花で 2−3日咲き続けます。
明るい黄緑の葉も同じくらいの大きさでつやがあり綺麗です。

夏から秋まで伸び続け、こぼれ種子からも良く開花し、長く楽しめるお勧めの植物です。

asarina0.jpg
続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 11:05| 岩手 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

今頃ノウゼンカツラ?

nousenkatura7.jpg

昨年流れていた 月桂冠のCMの曲、「のうぜんかつら」知っていますね、お酒好きのあなたなら・・・
大好きなんです、このCM。
安藤裕子さんの、『Merry Andrew』です。

     撫でて やさしく のうぜんかつらの唄のように
     あなた何を見てたの?
     ソーダ水越しでは あなたが揺れちゃって 
     あたしは迷っちゃって いつか一人になって
     二人の時間も 泡みたいになって あなたの匂いを一人捜していた

初夏から秋まで咲くノウゼンカツラ。
盛岡ではどのお庭でも 大木に絡みつき大きな枝になって たわわに咲き乱れる姿を見かけます。
季節の訪れを感じさせてくれる昔からの懐かしい花です。

鮮やかに咲いている姿は北国にはちょっとイメージの違うハイビスカスのような華やかさのある花ですね。

nousennkatura.jpg

花期も長くまだ咲いていますが、ノウゼンカツラには青空が似合います。

夏が過ぎてから、毎日がうっとうしい雨模様。
からりとした秋空が恋しいこのごろです。
そして熱燗も美味しい季節になりました・・・・・
最後の花一輪が青空の日で終われますように・・・・・・

nousenkatura.jpg
続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 10:03| 岩手 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

秋海棠 (しゅうかいどう)

syukaido_thumb.jpg

秋海棠 (しゅうかいどう)
秋の花を代表する一つにシュウカイドウがありますね。

シュウカイドウは中国原産のシュウカイドウ科ベゴニア属の多年草です。

強い日照は好まないようで、半日陰のやや湿り気のある場所でも 大きい葉が茂って 秋に可愛らしいピンクの花が咲きます。

発芽は遅く 初夏まで芽が出ませんので 同じ場所で夏までいろんな花を楽しみ、秋はシュウカイドウにバトンタッチと狭い庭を有効活用できます。

シュウカイドウの名前は、春に咲く、モモ(桃)やアンズ(杏)に似たピンクのバラ科のカイドウ(海棠)の花に似ており、秋に咲く、海棠から「秋のカイドウ(海棠)」として、「シュウカイドウ(秋海棠)」と名づけられたそうです。

分類的には全く異なっている植物ですが、花の色や 垂れ下がる共通点があります。
中国やマレーシアの原産で江戸時代初期に渡来し、いまでは各地に野生化し、昭和の初めに決められた「新秋の七草」の一つに数えられていますから、すでに日本の秋の花として市民権を得ていますね。

花の形が独特で日本の植物で同じようなものがみあたりません。

小さな黄色い満月のような球体」が、ピンクの花びらのあいだからゆれている、雄の花と、「三角錐のピンク色の下に黄色いシベが見える花」の雌の花が、段々に長く垂れ下がっています。

syukaidou.jpg
 
オスの花(雄花)とメスの花(雌花)の2つがあり、オスの花(雄花)とメスの花(雌花)は、同じ株から咲いています。
syukaidou1.jpg

段々に、ちがう形の花がつり下がって咲いているのは、オスの花(雄花)が上で先に咲き、メスの花(雌花)が下で後から咲くからです。

一般にオスの花(雄花)が、シュウカイドウ(秋海棠)の花と、思われているようです。
まろやかで、春のカイドウ(海棠)に似ているのは、このピンクのオスの花(雄花)です。

黄色い満月のような丸い部分は、「ヤク(葯)」といいます。
ヤク(葯)とは、オシベの一部で、花粉をつくる器官です。
syukaidou2.jpg

日本の戸外で越冬できる唯一のベゴニアで、耐寒性は強く、昔から庭園に植えられてきました。
時には半野生化しているほどに丈夫です。

続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 00:15| 岩手 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月16日

ムクゲ・木槿

mukuge.jpg
ムクゲ Hibiscus syriacus (アオイ科 フヨウ属)
mukuge5.jpg
初夏から秋まで花期は長く、花は一日花ですが、次々と開花するので、花が絶えることはありません。

乾燥にも強く、荒れ地にも耐えるので庭木や垣根の他、排気ガスにもある程度の耐性があるので、高速道路の脇などにも植えられています。
 

mukuge7.jpg

ムクゲは、ハイビスカスと同じ仲間です。
花は大きく似てはいますが、しかし,受ける印象はずいぶん違いますね。
情熱的なイメージのハイビスカスに対して、ムクゲは茶室の生け花に使われることが多く、“わび”,“さび”の世界を表現します。

ムクゲほどお行儀の良い花はないといわれていますね。
一日花のムクゲは花をきちんとたたんで夜のうちに散ってしまいます。
地面に落ちている花を見ますと蕾のうちに落ちてしまったのではないかと思う程です。

 mukuge8.jpg
友人のお庭に咲いている珍しい紫色の木槿

続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 09:40| 岩手 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。