2007年10月07日

盛岡文士劇 

PICT00022.JPG

盛岡は演劇の盛んな街です。
市内には20以上のアマチュア劇団があり、1年に40本以上の作品が上演されています。
その拠点となっているのが盛岡劇場。


地元の作家が共演したり、放送局のアナウンサーが方言劇に挑戦し、切符は発売と同時に売り切れるほどの人気です。


今年も盛岡劇場よりポスター掲載の依頼が来ました。

放送局のアナウンサーや、県内の著名な人たちによって繰り広げられる芝居、「盛岡文士劇」は今年も年末に公演が行われます。

今年は現代ものとして、落語の人情噺で人気が高い「芝浜」をアレンジした、盛岡版「芝浜」が上演され、IBCの大塚富夫アナウンサーをはじめ、県内各放送局のアナウンサーが出演します。

また時代劇は何度も映画化、テレビドラマ化された「丹下左膳」で、作家の高橋克彦さんや、IBCの菊池幸見アナウンサーが出演します。

今年も皆さん、楽しい芝居にしたいと意気込んでいました。

盛岡文士劇は12月1日と2日に行なわれ、チケットは10月11日から発売されます。

隠れファンも多く 東京や遠く関西からも恐い物?見たさに毎年観劇に訪れている方もあり チケットは当日完売されるほど盛況です。

毎年豪華ゲストが出演し、ちなみに、昨年は 第3部に「新撰組」。

出演は豪華ゲストとして、北方謙三さん、浅田次郎さん、内館牧子さんという豪華メンバーに、谷藤裕明盛岡市長はじめ、地元在住の作家、高橋克彦さんらが総出演しました。

この文士劇は地本 岩手放送テレビでは毎年放送されていますが、今年2月 HNKBS2でも全国放送されたんですよ。

皆さん「どんど晴れ」で全国的にもおなじみになった盛岡で盛岡弁の演劇を鑑賞してみませんか?
まだ続きがあります。貴方の感想 聞かせてくださいね(*^_^*)
posted by mari at 09:42| 岩手 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 岩手・盛岡 四季歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。