2007年11月26日

ヤブコウジ(藪柑子)

img2.gifヤブコウジ(藪柑子)

yabukouji2.jpg

寒くなればなるほど赤みを帯びてくるヤブコウジの実。

花は 下に垂れるため あまり目立ちませんが 夏に小さな白い花を付けます。


yabukouji4.jpg

実は熟すと、小さな1cm以下の真っ赤な実となります。

ヤブコウジは多くても一株に3〜4つくらいしか実をつけません。

正月の生け花の花材に欠かせないのがマンリョウ。

見た目も 名前もめでたいですね。

ヤブコウジはマンリョウと同じ ヤブコウジ科ヤブコウジ属の常緑小低木です。

千両や万両に比べて実のつきが少ないためでしょうか。

別名 十両とか百両とかランクが下がって言われています。

それでも実の色の鮮やかさは 他にまけていません。
yabukouji1.jpg

古今和歌集にも その実の色の美しさを恋いにたとえて詠んだものがあります。

我が恋は 忍びかねては あしひきの

        山橘の 色にいでぬべし
 (紀 友則  恋歌三、668)
 
img6.gifimg6.gif
まだ続きがあります。コメントも残してくれたら嬉しいな(*^_^*)
posted by mari at 11:37| 岩手 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。