2008年02月22日

生け花とアレンジ

ミモザアカシア

せっせと緑の葉をむしると  こんなにフワフワで可愛い黄色い塊が出来ました。


このミモザは花粉症の花?なの。

何度か くしゃみが出ました・・・・・

imoza.jpg
花材:ミモザアカシア ガーベラ  費用1050円

.

別名は ミモザ.jpg


月1回 アレンジ教室が あります。

花篭に沢山の花を載せて

春の草原をスキップしたいな・・・

なんてこと考えているのは 私だけでしょうか・・・


arenji.jpg
花材:ストック スイートピー コデマリ  カゴ リボン オアシス他 費用:2250円


お花の材料代を記入しましたが アレンジは お花をいっぱい使いますのでどうしても生け花と比較して高く付きます。(今回は、いつもの月より安いです。)


これから お祝いのシーズンですね。

プレゼントにいかがですか・・・

自分で作ると ぐ〜〜〜とお安く出来ますよ。

posted by mari at 04:37| 岩手 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 生け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月23日

真民さんと岩手のよもぎ餅

kusamotikinako.jpg
岩手のよもぎ餅


   石川啄木も
   宮沢賢治も
   食べたであろう
   岩手県の草餅

   それも雪の中から
   よもぎを摘み
   家でこしらえたという
   心のこもった
   よもぎ餅を頂き
   四国に居て食べる
   よもぎ餅の
   おいしさよ
   ありがたさよ
   詩縁の
   うれしさよ


        sousyunn1.jpg

うれしいですね。
大好きな真民さんの詩集から こんな嬉しくなる詩を見つけました。

そして、いつものワンコ仲間との散歩道で、

春の使者 ふきのとうを見つけました。

行くときは気づきませんでしたが、帰り道、可愛らしい瑠璃色のイヌノフグリの花も見つけました。

枯れ草のの中で ポツリポツリと沢山咲いています。

今日は嬉しい日です。

fujitasan.jpg
Fujitaさん撮影・オオイヌノフグリ・奥多摩御岳渓谷にて



坂村真民さん(さかむら しんみん)

詩人
熊本県生まれ
20歳で短歌に精進。
25歳の時北朝鮮に渡り教職に就く。
終戦後四国に移り住む。

41歳で詩人に転じる。
2006年12月没(97歳)
著書
「念ずれば花ひらく」
「坂村真民全詩集」
「花ひらく 心ひらく 道ひらく」

【詩は 未来を 
切り開くためのものでなくてはならぬ、
というのが
詩を書き続けている 
私の願いであり、
祈りなのでる。】・坂村真民

sousyun.jpg
posted by mari at 15:03| 岩手 ☁| Comment(7) | TrackBack(1) | 詩・ポエム・童話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

変わらぬもの・・岩手山

「くらかけの雪」の詩碑.jpg
   ・・・・・・「くらかけの雪」の詩碑 ・・・・・・

くらかけ山の雪

   たよりになるのは

   くらかけつづきの雪ばかり
 

   野はらも はやしも
   ぽしやぽしやしたり黝(くす)んだりして

   すこしもあてにならないので

   ほんたうにそんな酵母(かうぼ)のふうの

   朧(おぼ)ろなふぶきですけれども

   ほのかなのぞみを送るのは
   くらかけ山の雪ばかり

     (ひとつの古風(こふう)な信仰です) 
 詩碑 2.jpg


     岩手山


  そらの散乱反射のなかに
 
  古ぼけて黒くゑぐるもの
 
  ひしめく微塵の深みの底に  
 
  きたなくしろく澱むもの

         (「岩手山」より)


変わらないもの・・・・

野原や林は、四季うつろうもので、常ならざるものです。

なのに、
くらかけ山の雪は、冬になればいつもと変わらぬ姿を現わす、変わらざるもの・・・
と賢治は言っています。
くらかけの雪.jpg

雪それ自体は、はかなく消え去るものです。
この『はかなく消え去る うつろいゆくもの』こそが変わらないのである・・というのです。

ほかは何もあてにならない。
この時間・空間を隔てても変わらぬ、ただひとつの真理を 賢治は岩手山に望みを託したのでしょう。
柳沢から臨む岩手山.jpg
・・・・・柳沢から臨む岩手山・・・・


鞍掛山は岩手山の南西に位置し、馬の背に乗せた鞍のような形状をした標高897mの山です。

※「イーハトーブの風景地」は、鞍掛山(滝沢村)、七つ森(雫石町)、狼森(同)、釜淵の滝(花巻市)、五輪峠(東和町)、種山ヶ原(江刺市・住田町)の6ヶ所で構成されております。

 宮沢賢治の作品の源泉となったこの鞍掛山を含む岩手県内6カ所の自然景観が「イーハトーブの風景地」として、景観の重要文化財にあたる国指定名勝に指定されました。

まだ続きがあります。(*^_^*)
posted by mari at 10:52| 岩手 ☁| Comment(16) | TrackBack(0) | 宮沢賢治作品とイーハトーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。