2008年02月26日

変わらぬもの・・岩手山

「くらかけの雪」の詩碑.jpg
   ・・・・・・「くらかけの雪」の詩碑 ・・・・・・

くらかけ山の雪

   たよりになるのは

   くらかけつづきの雪ばかり
 

   野はらも はやしも
   ぽしやぽしやしたり黝(くす)んだりして

   すこしもあてにならないので

   ほんたうにそんな酵母(かうぼ)のふうの

   朧(おぼ)ろなふぶきですけれども

   ほのかなのぞみを送るのは
   くらかけ山の雪ばかり

     (ひとつの古風(こふう)な信仰です) 
 詩碑 2.jpg


     岩手山


  そらの散乱反射のなかに
 
  古ぼけて黒くゑぐるもの
 
  ひしめく微塵の深みの底に  
 
  きたなくしろく澱むもの

         (「岩手山」より)


変わらないもの・・・・

野原や林は、四季うつろうもので、常ならざるものです。

なのに、
くらかけ山の雪は、冬になればいつもと変わらぬ姿を現わす、変わらざるもの・・・
と賢治は言っています。
くらかけの雪.jpg

雪それ自体は、はかなく消え去るものです。
この『はかなく消え去る うつろいゆくもの』こそが変わらないのである・・というのです。

ほかは何もあてにならない。
この時間・空間を隔てても変わらぬ、ただひとつの真理を 賢治は岩手山に望みを託したのでしょう。
柳沢から臨む岩手山.jpg
・・・・・柳沢から臨む岩手山・・・・


鞍掛山は岩手山の南西に位置し、馬の背に乗せた鞍のような形状をした標高897mの山です。

※「イーハトーブの風景地」は、鞍掛山(滝沢村)、七つ森(雫石町)、狼森(同)、釜淵の滝(花巻市)、五輪峠(東和町)、種山ヶ原(江刺市・住田町)の6ヶ所で構成されております。

 宮沢賢治の作品の源泉となったこの鞍掛山を含む岩手県内6カ所の自然景観が「イーハトーブの風景地」として、景観の重要文化財にあたる国指定名勝に指定されました。

まだ続きがあります。(*^_^*)
posted by mari at 10:52| 岩手 ☁| Comment(16) | TrackBack(0) | 宮沢賢治作品とイーハトーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。