2008年03月03日

ひな祭り

hmomonohana.jpg雛まつり


雛のお節句来たけれど、

私はなんにも持たないの。


となりの雛は うつくしい、

けれどもあれは ひとのもの。


私はちいさなお人形と

ふたりでお菱をたべましょう。

金子みすゞ「美しい町・上」
7和服の少女.jpg

・・・・・・・絵・いわさきちひろ「和服の少女」・・・・・・


金子みすゞ
本名 金子テル。
明治36年 山口県大津郡千崎村(今の長門市)に生まれる。
大正末期から昭和の初期に掛けて、すぐれた童謡詩を発表し、西條八十に「若き童謡詩人の巨星」とまで賞賛されながら 昭和5年26歳の若さで世を去った。

没後、50年を経て 512編の原稿が矢崎節夫氏の努力によって見つかり全集として出版された。
momonohana2.jpgmomonohana3.jpg.
posted by mari at 10:44| 岩手 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 詩・ポエム・童話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。