2008年04月02日

生け花・春を表現

222.JPG
写景挿花様式本意

月3回お花のお稽古をしています。

真面目に生けていれば 素晴らしいお花を皆さんにお見せできるのでしょうが・・・・
生け花とふれあって30数年になります。
上達したかどうかは、私のそのものに向き合う心がけと、そしてセンスの問題ですから・・・
が、飽きやすい私がよくもまあこんなに長く続けられたものだと感心しています。

今回の生け花は 盛花で小原流独自の生け方です。

山野に自生している植物を自然に 伸びやかに 個性を生かし 立体的に水盤に生けます。

小原流には、写景盛花と、色彩盛花の様式本意と呼ばれる約束事に基づいた生け方があります。

まず、写景挿花様式本意は
自然の風致景観を表現する事を目的とし 花材の季節感と出生感を尊重して定められた挿法と取合せにしたがって生けるいけばな」です。

自然の風致景観を表現する「遠景描写」「中景描写」「近景描写が」あります。
用いる花材の取合せと使い分け 技法と 規定の正しい挿法で遠近を描写します。

丸い4,50センチの水盤の世界に  山、野、岸、渓流、池畔、海辺、岸辺といった「環境設定」が表現され 下草には日陰葛、立日陰 山しだの三種類のいずれかを用います。
225.JPG
・・・・下草の日陰葛  水盤いっぱいに敷き詰めます・・・

今回久しぶりに  写景挿花様式の近景を直立型で生けてみました。


様式の場合 先ず、下草の日蔭をワイヤーで束ね準備しておきます。
6ea18bc5.jpg
準備した日陰葛

日蔭の量が少なかったので 丸水盤ではなく小判型の花器で生けてみました。
222.JPG
  写景盛花様式本位 中景  芽出し木苺、都忘れ 日陰 

3月の生け花




日陰が少なくつつじの根元にしか入っていません。
剣山が丸見え -_-;
桜も開花した枝がなくて、がっかりですが、もうじき、家の中で お花見が出来るかと思うとちょっと嬉しいかも〜♪


 
     

posted by mari at 11:15| 岩手 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

こぶし

4588362.jpg
こぶし 

「兄さん。ヒームカさんはほんたうに美しいね。

兄さん。この前ね、僕、こゝからかたくりの花を投げてあげたんだよ。
4388345.jpg

ヒームカさんのおっかさんへは白いこぶしの花をあげたんだよ。

713554.jpg

そしたら西風がね、だまって持って行って呉(く)れたよ。」


「さうかい。ハッハ。まあいゝよ。

あの雲はあしたの朝はもう霽(は)れてるよ。

ヒームカさんがまばゆい新らしい碧(あを)いきものを着て お日さまの出るころは、きっと一番さきにお前にあいさつするぜ。
そいつはもうきっとなんだ。」


「だけど兄さん。僕、今度は、何の花をあげたらいゝだらうね。

もう僕のとこには何の花もないんだよ。」


「うん、そいつはね、おれの所にね、桜草があるよ、それをお前にやらう。」
440849.jpg

「ありがたう、兄さん。」

                               宮沢賢治 童話「楢ノ木大学士の野宿」


「楢ノ木大学士の野宿」は、宝石学者の楢ノ木大学士が、良質の蛋白石(オパール)探しを頼まれて東京から岩手県に出かけ、山の中や海岸を歩きまわり、3晩にわたって野宿し、まわりの岩頸の山たちや鉱石たちが言い合いをしている夢を見る話です。
3夜目の夢では、恐竜が出てきて喰われそうになったりします。
楢ノ木大学士は、 野宿をするのが好きで、山や鉱石が話をする夢に喜悦し、賢治自身が投影されている童話です。
 

カタクリは賢治作品にもしばしば登場します。
「ヒームカさん」は、玉山にある「姫神山」のことと言われています。

この童話では、蛇紋岩のきものを着ている女の子の山として描かれています。

「ヒームカさん」の「おっかさん」は「岩手山」でしょう?
だとすれば、こんな大木が似合うような気がします。

taisanboku.jpg
マグノリアの花です。


かたくり
1907676.jpg
(ユリ科カタクリ属)片栗
比較的日光の差す落葉広葉樹林の林床に群生し、早春に下を向いた薄紫から桃色の花を咲かせる。
春を告げる「スプリング・エフェメラル」の一つ。


コブシ
2872906.jpg
(モクレン科モクレン属)辛夷
高さ10〜20mになる落葉高木。
花の咲く時期は 真っ白い雪が積もったように見事です。



桜草
9431678.jpg
ニホンサクラソウ(サクラソウ科サクラソウ属)日本桜草
山間の湿地や河岸の原野などに生える多年草。
日本原産。
自生地は激減している。
「サクラソウ」というのは本来、日本産の植物のみを指す名称でした。
しかし、ほかのプリムラ(サクラソウ)属の植物と区別するために、ニホンサクラソウと呼ばれるようになっています。

宮沢賢治が描いている桜草は、しばしば
プリムラという振り仮名が振られていることで、、これは、学名 「Primula sieboldii」からの振り仮名で、西洋桜草を指すわけではないようです。

賢治の時代には、盛岡から外山へ越える北上山地に、桜草の群落があちこちに見られたようです。


姫神山
himekamisan0605_02.jpg
玉山の中央にそびえる左右非対称的な独立峰で、岩手山とは対照的に女性的な山容です。
全山が花崗岩からなり、頂上付近には花崗岩の露岩が多く見られ、岩手山をはじめ、広々として展望が望まれます。

060205_3978.jpg

姫神というロマンチックな名前が付けられたこの山には色々な伝説が残っているようです。
北上川を天の川にたとえると彦星が岩手山で織姫が姫神山。
しかし、山の世界にも三角関係があるようで、岩手山をめぐり姫神山と早池峰山は因縁の仲になってしまったとか。
それ以来、岩手山と姫神山が晴れると早池峰山は曇り、早池峰山と姫神山が晴れると岩手山は曇ると言います。
秋田駒ヶ岳の男女岳、女岳、男岳にも三角関係の言い伝えが残っていますが東北の山の世界は複雑な伝説が多いようです。

*写真は、日本最大級の投稿型ストックフォト(写真販売)サイト「フォトライブラリーから「商用利用申請」をしてダンロードしたものです。

posted by mari at 01:28| 岩手 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 宮沢賢治作品とイーハトーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

クロッカス

kurokkasu1.jpg

クロッカス

花の形は,秋に咲くサフランによく似ています。
でも、サフランは紫の花だけですが,クロッカスは白,黄,紫と豊富な色の花で,いかにも春の花という感じがします。
PICT170111.jpg

PICT170311.jpg   PICT17001.jpg


PICT1700311.jpg   PICT170211.jpg  



PICT1704111.jpg   PICT170511.jpg
 クロッカス  アヤメ科 
学名   Crocus vernus
和名   ハナサフラン
別名   ハルサフラン、ムラサキサフラン
英名    Dutch crocus
科名   アヤメ科
属名   クロクス(クロッカス)属
性状   多年草(秋植え球根)
原産地  欧州

花言葉 「青春の喜び、切望」 (黄)「私を信じて」、(紫)「愛の後悔」




福寿草
hukujusou4.jpg

福寿草といえばお正月の寄せ植えの鉢を思い出しますが,露地では、雪解けと共に 3 月の終わり頃から咲きます。

hukujusou2.jpg

冬から可憐な花が咲き出す フクジュソウは、正月に欠かせない花です。
福寿草の花と南天の実とセットで 「難を転じて福となす」という縁起物の飾り付けがされ売られていますね。

花が終わると人参(にんじん)の葉のような、こまかい葉が出てきて一面に広がります。
6月ごろには枯れて休眠に入ります。
根と茎は有毒です。
食べないように。     

品種は黄色花の福寿海が一般的ですが赤〜橙、緑色花などの多くの品種があります。
最近 夏咲きの赤いナツザキフクジュソウが出回っていますね。


フクジュソウ(福寿草) キンポウゲ科    
学名:  Adonis amurensis
別名:  「元日草」(がんじつそう)や         
        「朔日草」(ついたちそう)など・・・。
和名    フクジュソウ
英名     Amur adonis
科名    キンポウゲ科
属名    フクジュソウ属
性状    多年草(耐寒性)
原産地   東アジア 
花言葉  「思い出」 「永遠の幸福を招く」


3月に咲き出した庭の花を紹介しているうちに、 スイセンが満開になってしまいました。
シュンランや カタクリ クリスマスローズ ヒトリシズカも蕾が付き そろそろ庭も賑やかになってきそうです。

写真マイガーデンより  夏つばき写     

posted by mari at 05:13| 岩手 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

ふしぎの里・イーハトーブ

6961642.jpg
賢治の「ざしき童子(ボツコ)のはなし」

昨年「朝ドラ」の「どんど晴れ」で 地元では一大ブームを巻き起こし一躍有名になった?盛岡や遠野。
ブームに乗ろうと話題作りに躍起でしたが、悲しいかなドラマの方は、最低視聴率だったとか・・・

その中に、よく登場していた「座敷わらし(ぼっこ)」は、柳田圀男の「遠野物語」でよく知られることとなりましたが、賢治もこの童話を書いています。
民家.jpg
ブームと関係なくなんと宿泊予約が3年待ちという旅館があります。
県北の金田一温泉郷にある旅館ですが、この部屋の一室に座敷童が今でも出るというのです。
その旅館のHPには、
「槐(えんじゅ)の間」は、平成23年(2011年)12月31日まで予約が入っていますので、今後のお予約は・・・・・・」とか、まあ〜〜驚きです。
恐いもの見たさに宿泊するのか真意は 解りませんが、なぜこんなに人気があるのでしょうか。
多くの人を引きつける、「座敷わらし(ぼっこ)」の魅力とはいったい何なのでしょうか。

この居そうで見たことのない座敷童とはどんな子どもなのでしょう。

敷わらしは一般に言うと妖怪ですが、恐いイメージではないですね。
いるような・・・いないような、いてほしいような・・とらえどころのない存在です。

座敷わらしの特徴は、「気配」です。
たとえば、誰もいない座敷で、ざわざわと箒の音が聞こえる。
のぞいてみても「お日さまの光ばかりそこらいちめ ん、明るく降って」いるだけ。
開け放った日本家屋の真骨頂とでも言いたくなる、なんとも美しい場面です。
誰も見たものはいないのですが、朝起きたらもう 掃除が済んでいて、いろりの炭には火が付いておりカマドのご飯は炊けていたりと 働き者の座敷わらしです。
6807460.jpg

次の特徴は、「子供の数が増える」ことです。
座敷で遊んでいた十人の子供。
いつのまにか、数えてみると十一人いる。
「ひとりも知らない顔がなく、ひとり もおんなじ顔がなく」どう数えても十一人いる。
ここで増えた一人が座敷わらしです。
それまでは気づかずにみんなで楽しく遊んでいたのに、おやつ を十人分持ってくるとひとつ足りないので変だな、と気づくのです。
みんなと一緒に遊びたい陽気な座敷わらしですね。


第三の特徴は「福の神」であることです。
あるとき、紋付を着て袴をはいたきれいな子どもが、「飽きたから他へ行く」といって渡し舟にのる。
その子が行く先々の家は、その後栄え、飽きたからと言って出た家はおちぶれたのだそうです。
この行動は貧乏神と同じ、家についてその運命を左右する神様のパターンですね。


民俗学では、オバケは神様のおちぶれたものであるということにもなっていますが、それも不思議ではないのかもしれません。

8202472.jpg
気になるのは、純日本家屋が少なくなり 座敷がなくなってきた最近の住宅事情。
座敷わらしは一体どこに登場したらよいのでしょうか。
大きなお世話かもしれませんが、 ダイニングキッチンとかクローゼットだのに出入りするする座敷わらし・・・・
考えたら オドロオドロした恐い妖怪になりそうですね。
という我が家も畳や座敷といった座敷わらしが好んで出そうな日本間のない家ですが。

さらに少子化、核家族化も、座敷わらしにとって どうにも都合がわるそうです。
本当に子どもが少なくなり、近所づきあいも稀薄になって来た昨今、あちこちで子どもたちが集まって笑い声が聞こえてくる場所も少なくなってきました。
今週は地元の小中学校の入学式が行われましたが、昔のような 着物を着飾った親子ずれの姿を見かけることも無くいつもと変わらない殺風景な景色です。
陽気で遊び好きな座敷わらしは、お友達が減ってしまっては、仲間に入って遊ぶ事も出来ませんね。

またひとつ、日本からオバケが減ってゆく。
なげかわしいことです。

賢治の童話、「ざしき童子(ボツコ)のはなし」の原作文を下に添付しました。
興味ありましたら読んでみてね。
これであなたも賢治の世界に又一歩前進ですよ。
あなたも賢治の童話の世界に きっと、夢中になることでしょう・・・
3213966.jpg

*掲載の写真は、投稿型ストックフォト(写真販売)サイト「フォトライブラリーから「商用利用申請」をしてダンロードしたもので 私のイメージで使用しました。

まだ続きがあります。(*^_^*)
posted by mari at 09:52| 岩手 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 宮沢賢治作品とイーハトーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

小さな美術館・野の花美術館

深沢紅子さんの美術館2.jpg
近くにありながら、まだ一度も見に行くことが出来ないでいた「深沢紅子 野の花美術館」に 仕事の合間をぬって、やっと見に行ってきました。

盛岡出身の画家 深沢紅子さんの作品が展示されている小さな美術館・「野の花美術館」(佐藤晴久館長)は、彼女が子供の頃に遊び慣れ親しんだ 上の橋と与の字橋にはさまれた 市内中心を流れる中津川の川沿いに、白く清楚に建っており、穏やかな彼女の人柄を偲ばせています。

深沢紅子(明治36年〜平成5年)さんの作品が展示されている当美術館は、深沢家より、盛岡市に野の花を描いた水彩画と油彩画二百数十点が寄贈されたのを契機に平成8年9月に、開館し、野の花や女性をテーマにした作品がメインに展示されています。

訪れた日は、「一水会選抜展」特別展が行われており、歴史ある美術団体「一水会」に所属する画家の、最新作を集めた展覧会が行われていました。
深沢紅子さんの作品とともに、同館の重石晃子前館長や、優れた画家の作品が並び、風景や人物を描いた油絵33点が会場を彩っていました。
「一水会選抜展」は、4月15日まで。
毎週月曜休館。
開場は午前10時から午後6時(最終日は午後4時)まで。
入場料は大人500円、高校・大学生300円、小中学生200円。

ポストカード1.jpg

明治36年生まれの深沢紅子さんも岩手、盛岡の土壌が生んだ秀れた画家です。
深沢紅子さんは、生きる範を野の花に多くを学び、静かに大地に根づいて生きる花々と向かい合い 深沢紅子さんの作品と人となりが、折々の企画展を通し、県内外にも知られるようになってきております。

今回、企画展のために展示された夫、深沢省三氏の作品も展示され、ご夫妻それぞれの持ち味の違いも、じっくり鑑賞することができました。
私は油絵より、60過ぎてから描き始めた野の花の水彩画が好きです。
帰りには、忘れな草の一筆箋とハガキを購入しました。
ポストカード111.jpg

深沢紅子さんは、幼少より日本画を学び、東京女子美術学校(現在の女子美術大学)在学中に、洋画に転じました。
若くして画家深沢省三氏と結婚し 五人の子をもうけ、妻、母、主婦としてその任を果たしつつ、90年の生涯を画家として の模索と制作に終始、それを全ういたしました。
深沢紅子の作品は、清々しいロマンに溢れ、高貴な香りを漂わせています。
時流による絵画形式の変化とは無縁で、自身の美意識による独自の画風を築きました。
画壇に発表した作品の多くは女性像で、家族や親しい人をモデルに描かれています。
写実より、その人の気配や雰囲気に主眼が置かれた表現となっています。
昭和54年、76歳の時、類焼によりそれまでの作品の多くを失いましたが、「これは神様の意思、絵はこれから描けばよい」と言い、水彩画「野の花シリーズ」500点を描きあげ、90歳で生涯を閉じました。
油彩画絵はがきは1.jpg

まだ続きがあります。(*^_^*)
posted by mari at 01:04| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 岩手・盛岡 四季歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

クリスマスローズ

2008413.jpg
雪を持ち上げて咲く強さと  うつむき加減に咲くシャイなところがなんとも可憐で可愛らしい。
寒い冬に咲き出す白い花クリスマスローズ。
2008413e.jpg

温かい地方では、開花が12月頃に咲きだすので クリスマスローズという名前になったのでしょうか。
最近は、種類も豊富で、1,2月のガーデンショップはクリスマスローズの鉢がいっぱい並びだします。
八重に咲くクリスマスローズは豪華で ほしくなってしまいますが、庭いじりを始める春先と違ってちょっぴり購買意欲が湧きません。

2008413g.jpg
マイガーデンには4種類植えていますが、春咲きクリスマスローズのみです。
だいぶ昔に買った苗で詳しい名前が解りません。

2008413i.jpg
年々株が増えて 今年は早くからどのクリスマスローズもたくさんの花を付けました。

エンジ色のクリスマスローズは花径6cm大に咲き豪華です。
花弁に見えるのは、ガク片で 5,6月頃は、緑色になり長く楽しむことが出来ます。
2008413d.jpg
花は12月から4月に開花   
香りはほとんどしない
落葉樹下の西日があたらない場所に植える  
腐葉土を混ぜてやる
夏の乾燥に注意 
 
花色は全体に渋め 
 2008413h.jpg
開花は下向きに咲き、花の寿命は驚くほど長く楽しめます。

花は有毒のため注意 
2008413a.jpg
地味な色合いですが、下から撮った写真は萌えるような赤に・・・・

まだ続きがあります。(*^_^*)
posted by mari at 07:11| 岩手 | Comment(6) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

我が家の花見

isiwarisakura0.jpg    
家族内の花見を土日の週末に予定していましたが、雨になりそうとの予報で、急遽17日の木曜日 花見をしてきました。

わざわざ桜の名所に出かけなくても 家の近所にも桜の見所はいっぱいありますが、車いすの次男に桜の季節を味わってもらいたく早くから企画していました。

今年の桜はみごとです。
車窓から見える景色は、一気に咲き出した満開の真っ白なこぶしの花と 淡いさくら色の桜並木が続きます。

出かけた先は、よく名の知られている盛岡地方裁判所の敷地内に咲く「石割桜」。

大きな花崗岩の割れ目から木の幹が伸びて咲く 市内の桜の名所「石割桜」は、石の反射熱によって「盛岡城跡公園」や「高松の池」の桜よりもひと足早く開花します。

例年に比べて10日以上も早く満開を迎えた石割桜の木のまわりには、待ちかねたように大勢の花見客で、盛岡裁判所の敷地内はにぎわいを見せていました。
  isiwariakura6.jpg
花もだいぶ小ぶりになってきているという。

平日にもかかわらず観光客も多く 途中で足を止めるて見入る人や、写真を撮る人でいっぱいです。
昨日は、白無垢の花嫁姿と紋付き姿のカップルが記念撮影したとかニュースになっていました。

isiwariakura2.jpg isiwarizakura4.jpg isiwariakura1.jpg
     後ろの建物は盛岡地方裁判所                          右の建物は岩手県庁舎


それにしても 裁判所の建物の壁の色はよくありません。
いつも写真を撮る度に思うのですが、黒かこげ茶、ダークブラウンそんな色の壁ならよかっただろうと毎年考えさせられます。

04.jpg
          枝の包帯や添え木が痛々しい。


isiwariakura5.jpg  isiwariakura3.jpg


私だけ写真を撮るために車から降りて 家族は車をのろのろ徐行させて車内から見学。

 
続いて、高松の池へ。
前日からの、26度を超えるバカ陽気に誘われるようにして、市内の北に当たる高松の池も、ちょうど見頃を迎えていました。
2takamatu.jpg

池の直ぐ近くに広い無料駐車場があります。
車を降りて 遊歩道を車いすの次男と家族全員でゆっくり池のまわりを一周しました。
takamatu8.jpg
「桜祭り」が開催されており池を囲む狭い車道には、ぼんぼりの提灯と夜店がずらりと並び 甘く焼き焦げた良い香りが漂っています。

池の回りは、遊歩道と車道 そして桜や梅 モミジの並木がぐるりと囲み その間、間には ツツジの花壇 薔薇の花壇 紫陽花の花壇があって季節毎の花が咲き そして遠く岩手山も望まれます。
  高松の池1.jpg  高松の池2.jpg
釣り堀や ボート乗り場もあり 数件の喫茶店やだんご屋さんも建っています。

池や花壇の回りは手入れの行き届いた綺麗な芝生で囲まれていますが、自由に人が出入りすることが出来て シートを敷いて小宴会をしている家族ずれもおりました。

その道はなだらかで、車いすでも楽に歩くことが出来、また公園の景観を損ねないように新しく作られた広いトイレも 3ヶ所設置されており 車いすの次男にとっても安心しながら見学が出来ました。
高松の池3.jpg  高松の池4.jpg

高松の池の桜祭りは、日本の桜の名所100選に選ばれています。

冬は一面凍り、水面には白鳥が飛来し越冬することでも知られている池で観光地となっています。


高松の池.jpg  isiwariakura4.jpg

盛岡城跡公園(岩手公園)の桜もみごとです。
次男の久しぶりの外出と桜日よりの陽気に、岩手公園にも連れて行きたいのですが、高松の池と違って段差が多く次男の車いすでは危険です。

余談ですが 又トイレの心配も考えないと・・・・・・・
障害者の次男と出かけるときはいつもこのことが悩みの種です。
食事先でも広い洋式トイレが完備されているところを選んで出かけます。
お酒の大好きな次男は、居酒屋にも出かけたいのですが 車いすでは難しい作りのお店が多いのです。

そんなわけで次男一緒の時は、ホテルのレストランが多いのですが、今日の食事は、寿司が大好きな次男のリクエストで 市内大通り裏にある「三寿司」へ。
いつも自宅での夕食は、3時間以上もかけて お酒を飲みながらゆっくり食事をします。

自宅と同じようにゆっくり時間をかけてしまうと 酔って寝込まれても困りますから・・・・
それでも2時間ぐらいおしゃべりしながらの外食。
食の細い次男の為に持ち帰り用の寿司を買って店を後にしました。

家に帰ってからも花見は続きました。
庭に咲いた次男の記念樹、桜も満開です。
一枝切って食卓に飾って二次会の始まりです。
PICT0011.JPG   キャラホール前.jpg
      庭の満開の桜             近所の公園

盛岡市内各所は 見ごろを迎え今週末は多くの人で賑わうことでしょう。
盛岡城跡公園と高松の池の「桜祭り」は5月5日まで。

写真は夏つばきと主人(高松の池)写。
小さい写真はサムネイルです。
クリックすると大きくなります。

まだ続きがあります。(*^_^*)
posted by mari at 08:21| 岩手 ☁| Comment(16) | TrackBack(0) | 岩手・盛岡 四季歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。