2008年04月02日

生け花・春を表現

222.JPG
写景挿花様式本意

月3回お花のお稽古をしています。

真面目に生けていれば 素晴らしいお花を皆さんにお見せできるのでしょうが・・・・
生け花とふれあって30数年になります。
上達したかどうかは、私のそのものに向き合う心がけと、そしてセンスの問題ですから・・・
が、飽きやすい私がよくもまあこんなに長く続けられたものだと感心しています。

今回の生け花は 盛花で小原流独自の生け方です。

山野に自生している植物を自然に 伸びやかに 個性を生かし 立体的に水盤に生けます。

小原流には、写景盛花と、色彩盛花の様式本意と呼ばれる約束事に基づいた生け方があります。

まず、写景挿花様式本意は
自然の風致景観を表現する事を目的とし 花材の季節感と出生感を尊重して定められた挿法と取合せにしたがって生けるいけばな」です。

自然の風致景観を表現する「遠景描写」「中景描写」「近景描写が」あります。
用いる花材の取合せと使い分け 技法と 規定の正しい挿法で遠近を描写します。

丸い4,50センチの水盤の世界に  山、野、岸、渓流、池畔、海辺、岸辺といった「環境設定」が表現され 下草には日陰葛、立日陰 山しだの三種類のいずれかを用います。
225.JPG
・・・・下草の日陰葛  水盤いっぱいに敷き詰めます・・・

今回久しぶりに  写景挿花様式の近景を直立型で生けてみました。


様式の場合 先ず、下草の日蔭をワイヤーで束ね準備しておきます。
6ea18bc5.jpg
準備した日陰葛

日蔭の量が少なかったので 丸水盤ではなく小判型の花器で生けてみました。
222.JPG
  写景盛花様式本位 中景  芽出し木苺、都忘れ 日陰 

3月の生け花




日陰が少なくつつじの根元にしか入っていません。
剣山が丸見え -_-;
桜も開花した枝がなくて、がっかりですが、もうじき、家の中で お花見が出来るかと思うとちょっと嬉しいかも〜♪


 
     

posted by mari at 11:15| 岩手 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。