2008年05月11日

山野草・おきなぐさ

1766.jpg ウズノシュゲ(おきなぐさ)・賢治

   「おきなぐさ 
       ふさふさのびて 
            青ぞらにうちかぶさりて 
                    ひらめき出でぬ」

  「高等農林に来ましたならば、まず標本室と農場実習とを観せてから植物園で苺でもご馳走しようではありませんか。」
この文は「旅人のはなしから」という散文の最後にあるもので賢治が高等農林学校在学中に河本義行らと刊行した同人誌「アザリア」に発表されたものです。
今の岩手大学の自然観察園は、前身が高等農林時代の植物園で、敷地には当時からの樹木・潅木類が見事にそのまま残されております。
Suzuさん撮影の翁草.jpg
・・・・・Suzuさん撮影・・・・・・

賢治の作品には沢山の植物が登場します。
その中に うずのしゅげ の名前で作品によく登場する 翁草があります。 
6294808.jpg

「風は そらを吹き
そのなごりは 草を吹く
おきなぐさ 冠毛の質直
松とくるみは 宙に立ち
(どこのクルミの木にも いまはみな 金のあかごが ぶら下がる)
ああ 黒のシャッポのかなしさ
おきなぐさのはなをのせれば
幾きれうかぶ光酸の雲 」   (詩・春と修羅  おきなぐさ)
 
黒いシャッポとは おきなぐさの花の 黒いビロードのようなガク片のことであり シャッポとは帽子です。
想像しただけでも素敵な帽子ですね。 
 4039185.jpg
・・・・この花の下を始終行ったり来たりする蟻に私はたづねました。
「おまえは うずのしゅげはすきかい、きらひかい。」
蟻は活発に答へます。
「大好きです。 誰だってあの人をきらひなものはありません。」
「けれどもあの花はまっ黒だよ。」
「いいえ、黒く見えるときもそれはあります。

けれどもまるで燃えあがってまっ赤な時もまります。」
・・・・・・・・・・
     
(童話・おきなぐさ・宮沢賢治) 別添添付

翁草は 恥ずかしげに暗紫色の鐘状の花(花弁はなく 六枚のガクからなっています)を下に向いて咲いていますが、這い蹲って写真を撮ろうとすると なるほど 赤く燃えるような花弁が 輝く光を包み込むようにし 花がとけてしまうような感じさえいたします。
翁草は 初夏の山野草の中で 私が もっとも大好きな山野草です。
 岩手大学植物園.jpg
 岩手大学の自然観察園に、賢治と学生5人が木の前で座っている写真をプリントした石が置かれています。
まだ続きがあります。(*^_^*)
posted by mari at 03:10| 岩手 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 宮沢賢治作品とイーハトーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。