2009年05月14日

モッコウバラ

CIMG0626.JPG


お庭のモッコウバラ 五部咲きで〜〜す・・・20090514-093446-81671800.gif



20090514-093446-81671800.gif
20090514-093446-81671800.gif
posted by mari at 10:03| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

「しづやしづ しづのをだまき 恋しかり」・オダマキ(苧環)

CIMG0715.JPG

  静御前の舞 

囚われ人となった義経の愛妾・静御前は、鶴岡八幡宮の社前で、参詣に訪れた頼朝の命により、舞を舞うことになりました。

金色の立烏帽子に水干姿の静御前が、紅色の扇をひるがえしながら舞います。

 「しづやしづ しづのをだまき 繰り返し 昔を今に なすよしもがな

  吉野山 峰の白雪踏分けて 入りにし人の 跡ぞ恋ひしき」


美しい声で切々と夫恋しの歌を歌い、頼朝は激怒しました。

席をけって立とうとする袖を抑えたのは妻の政子でした。

「私もあの夜、流人であったあなたのもとへ、はだしで走ったではありませんか。
それもこれも恋すればこそ……」

 政子のとりなしでようやく怒りを鎮めた頼朝は、静に引き出物を与えてその場を収めました・・・・・・。


有名な『義経記』の一節です。

 「しづ」は「しつおり(倭文織)」ともいい、奈良時代以前から日本に伝わっていた日本固有の織物で、麻などの(楮の一種)の糸を文〈あや〉に織ったものです。

「をだまき」とは、「しつ」を織るための糸を、内部を空洞にして丸く巻いた糸車をいいます。

「オダマキ」という名前は、の花の形が、紡いだ糸を玉にした糸車「をだまき」をつくる糸車に似ていることに由来しています。


CIMG0680.JPG CIMG0606.JPG


CIMG0713.JPG CIMG0712.JPG

静御前が歌った「をだまき」は、日本に広く分布している「ニホンオダマキ」です。

「オダマキ」、 「ミヤマオダマキ」、 「ヤマオダマキ」があり、それぞれ微妙に花や葉が異なっています。
花の色は、画一的ではなく、白、紅色等いろいろあり遺伝的に固定されているのでは無いそうです。

CIMG0675.JPG CIMG0676.JPG
 
学名 Aquilegia vulgalis
別名 オダマキ、アクイレギア
科名 キンポウゲ科  属名 オダマキ属
園芸分類  耐寒性多年草
原産地   北半球の温帯
オダマキ「苧環」(キンポウゲ科)Aquilegia flabellata 原産地:日本
ヤマオダマキ「山苧環」(キンポウゲ科)Aquilegia buergeriana 原産地:日本
ミヤマオダマキ「深山苧環」(キンポウゲ科)Aquilegia flabellata var.pumila 原産地:日本

花言葉  「断固として勝つ」・ 『負け知らず』「必ず勝利する 」

PICT002020.JPG CIMG0679.JPG


セイヨウオダマキ「西洋苧環」(キンポウゲ科)Aquilegia vulgaris
原産地:ヨ−ロッパ
セイヨウオダマキは、花色が多彩で、華やかに咲き、少し形態が異なります。

花言葉は「愚者」・・・・・・和製オダマキとはあまりに違いすぎて可愛そう・・・

8EB58EC08EDE8ECF8EB71.jpg CIMG0701.JPG
タワーライトブルー Aquilegia 'Tower Light Blue'



参考;下のエントリーも見てね

「ヒトリシズカ」
http://iihatoobu.seesaa.net/article/117983656.html


「山野草・おだまき大好き」
http://iihatoobu.seesaa.net/article/96251279.html

posted by mari at 11:08| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

ハート型の「ケマンソウ」


あなたに従います「ケマンソウ」は熱いハート

CIMG0543.JPG

農家の庭先で 幼い頃からよく見かけていたユニークなお花。

古くから植えられているなつかしい植物で、今も変わらない人気がある「ケマンソウ」の花です。
CIMG0612.JPG

学名     Dicentra spectabilis
和名     ケマンソウ
英名     breeding heart
流通名   タイツリソウ(鯛釣り草)、ディセントラ
科名     ケシ科
属名    ディケントラ(コマクサ)属
性状    多年草(耐寒性宿根草) 40〜60p
原産地   中国、朝鮮半島

特徴    ハート型の花径2pほどの花を、弓なりに横に伸びた花茎一列に10数花下垂して咲きます。

      その姿からから連想して、タイツリソウの別名もあります。

      花色は、紅または桃で先端が白と、全身真っ白の白花品種もあります。

      性質は強健、半日陰で、水はけがよく、湿り気のある条件を好みます。

      梅雨明け後には地上部が枯れてしまいますが、耐寒性は強く翌春また芽を出してきます。

      ただし耐暑性が弱いので、暖地では夏越しが難しいようです。

      繁殖は、秋に種まき、冬の休眠期に株分けが無難です。


CIMG0732.JPG

花の特徴と名前の由来

和名のケマンソウのケマンとは、仏殿の装飾で金属製のつくりもの「華鬘(けまん)」に似ているところから付けられたようです。

「華鬘(けまん)」を知っている人は、少ないでしょうね、ぴんとこないかもしれません。

別名の、タイツリソウ(鯛釣り草)という名前は、 鯛を吊り下げたようだというので、なるほどという感じがします。

ユニークで可愛い花姿を鯛と見立てたのは面白いですね。

また、英名のBleeding Heartは”うなだれた心””血を流す心臓”の意とか。

花の姿が、割れた心臓から流れる血の雫を表しているそうです。

この愛くるしい姿に、その名は可哀そうすぎます・・・・・

CIMG0731.JPG CIMG0544.JPG


花言葉  「あなたに従います」・「従順」・「恋心」・「冷めはじめた恋」・「失恋」

注意; ケマンソウも芥子科の仲間ですから 全草に有毒成分が含まれた毒草です。

PICT0002.JPG PICT0003.JPG
posted by mari at 09:56| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

満開「黄モッコウバラ」

庭の薔薇やクレマチスが咲き始めました。

ホワイトグルートデント、ハマナス・・・・


その前に満開になった黄モッコウバラをもう一度。


20090520-102921-71696600.gif
posted by mari at 10:37| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 薔薇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

ゲラニウム マクロリズム

ゲラニウム マクロリズム 
CIMG0645.JPG
マクロリズムは,北ヨーロッパに自生する原種で、掛け合わせで出来た園芸種です。

ゲラニウムは、自生種が栽培される事は少なく、沢山の園芸品種が作り出されています。

Geraniumは、分類上、Geraniaceae,Geranium と分類されます。

日本語表記では、フウロソウ科フウロソウ属、と言う分類になります。

PICT7593sz.jpg CIMG0644.JPG

Geranium は世界各地に様々な原種が分布し360種ほど存在していると言われています。

日本にも約20種ほどのゲラニウム(フウロソウ)が自生しております。

さらに掛け合わせで出来た園芸種を合わせるとものすごい品種のGeraniumがあるとされていますが、いまだに詳しく解明されていない魅力的な植物です。

20フウロソウ.JPG

ゼラニウムの栽培適地は、日当たり・日陰、特にこだわりません。

マクロリズムは半日陰で湿った場所の方が生育が良く花付きも多いようです。

マクロリズムは、繁殖旺盛で、地下茎を出して周囲に広がっていきますので、それを切り取り挿し木すると簡単に殖えます。
 


CIMG0643.JPG CIMG0642.JPG

ゲラニウム・マクロリズム
学名    Geranium macrorrhizum Bevans Variety
和名    アケボノフウロ
別名   ゼラニウム・マクロリズム
流通名  フウロソウ
科名    フウロソウ科
属名    フウロソウ属
性状    多年草
原産地   欧州〜コーカサス 
 
CIMG0635.JPG CIMG0609.JPG

特徴    赤紫〜桃色で濃色の脈が目立つ可憐な感じのする花です。 
       草丈は40cm前後まで伸びますが、鉢植えにもロックガーデンにも適します。
       ヨーロッパに自生する原種のゲラニウムです。
       シベが長くてゲラニウムの中でも独特の花形をしています。
       葉に香りがあり ヨーロッパではハーブゲラニウムとして芳香品種として扱わています。
       葉に触れると ハッカのような香りが漂いしばらく手にその匂いが残ります。
       株自体の形状は低めにブッシュでカーペット状に生育します。
       高さ30〜45cm。
       花期は5月初旬から初夏まで咲く一季咲き。
       花径は2.5程と小中輪タイプ。
       耐寒性マイナス25℃。


CIMG0608.JPG CIMG0607.JPG

ゲラニウムは、根をいじられてもかなり平気で、生育中・開花中の物でも株分けは可能です。

庭植えの物は、掘り起こさずに植えたままの状態で、先が鋭利な移植ゴテで株分けをしたい株の間にザックりと差し入れます。

簡単に株が割れますの、成るべく根に土がついている状態で掘り起こし 株分けをします。

根が無いまま切れてしまった枝や、株は、破棄しないで下さい。

挿し木によって簡単に根が再生します。

posted by mari at 02:11| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

幸福を祈る花 スズラン(君影草)

CIMG0748.JPG


あなたのたいせつな人に、スズランの香りと幸運を贈ってみませんか・・・・・・


miyokosan.jpg
うれしいですね、フランス在住のGabrielleさんから、すずらんの日に「幸運に恵まれますように・・」のメッセージ付きで頂きました。




すずらんは、ユリ科の多年草で別名キミカゲソウ(君影草)という優雅な名前で呼ばれております。


  

また、鈴のような花が階段状に咲くので 天国の階段、妖精が茎を上り下りする 妖精の階段とも呼ばれたりします。

CIMG0707.JPG  CIMG0708.JPG

純白に咲く鈴蘭は 花の形も可愛らしく、香りもよく ブライダルブーケにも使われ お国を問わず、花嫁に贈る可愛い花の代名詞にもなっています。

CIMG0659.JPG  CIMG0741.JPG


「スズランの花を贈ると幸運が訪れる…」

”聖母マリアの涙”とも喩えられ ヨーロッパで大切にされている花の一つ「スズラン」。

フランスでは、5月1日をミュゲ・デー(スズランの日)として親しい人にスズランを贈り幸福を祈るそうです。


CIMG0770.JPG
あまりに良い香りなので 玄関に飾ってみました。

スズランは、国産種と ヨーロッパ原産種(ドイツスズラン)に分かれます。

香りや園芸の世界では、花が大きく香りも強いドイツスズランが多く出回っています。

ディオールに愛された成功と幸福の花、スズラン。

スズランは、バラ、ジャスミンとならんで、三大フローラルノート(三大芳香花)と呼ばれています。


バラとジャスミンは花から香りを抽出しますが、スズランにはエッセンシャルオイルが無く、花の香りを楽しむためには、花のシーズンに生花を手に入れ自然香料の組み合わせによって香りを再現しなければなりません。

そんな姿良し、香り良しのスズランですが…

根や茎にコンバラトキシンという毒性を持っています。

お気を付けくださいね・・・・


CIMG0750.JPG

スズラン(鈴蘭)とはユリ科スズラン属に属する多年草の総称である。

別名      君影草(きみかげそう)、 谷間の姫百合(たにまのひめゆり)
学名     Convallaria majalis 
科名     ユリ(スズラン)科 スズラン属
種類     多年草(耐寒性)
草丈     30〜80cm
花期     4〜5月
花色     白色
花言葉    純潔。繊細

CIMG0658.JPG CIMG0613.JPG




スズランのような ベルの形をした「幸運の花、花、花・・・・・」
CIMG0575.JPG CIMG0579.JPG

CIMG0576.JPG CIMG0623.JPG

CIMG0621.JPG CIMG0469.JPG

CIMG0526.JPG CIMG0638.JPG

CIMG0629.JPG CIMG0631.JPG

CIMG0630.JPG  nosuporu.jpg

PICT7708sz.jpg  PICT7667sz.jpg

_hakuban_a1210962635kikoka_5.jpg   CIMG0577.JPG

シラーのブルー、ホワイト、ピンク。  ムスカリ。  ブルーベリーの花。
サラサドウダン。  スノーフレーク(スズランスイセン)。 ベルフラワー

posted by mari at 01:28| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

バラの季節です。

CIMG0823.JPG
玄関に切り花を飾りました。(黄モッコウバラ ・ロサルゴーサ ・フルールジョーヌ)


早咲きの薔薇が咲いています。

狭い庭に、40種類ほどのバラを植えています。

ハイブリット系は少なく、オールドローズや ツルバラを選んでしまいます。

香りがあって、病気、寒さに強いバラ、出来れば四季咲きが良いですね。



h415.gifホワイトグルーテンドルスト White Grootendorst


CIMG0842.JPG

CIMG0841.JPG CIMG0744.JPG

カーネーションのような花びらが特徴の「ホワイトグルーテンドルスト 」です。



h415.gifハマナス

CIMG0717.JPG CIMG0716.JPG

CIMG0801.JPG CIMG0800.JPG
甘い香りに誘われてやって来るのは人ばかりではありません。

虫が付きやすく、気づけば花びらがボロボロに・・・

一番咲きは、柔らかくて美味しいのでしょう。

霜が降りるまで咲き続けます。

秋のローズヒップも楽しみ・・ですね。



h415.gifデスプレ・ア・フルール・ジョーヌ・Desprez a Fleur Jaune

CIMG0840.JPG  CIMG0837.JPG
強健のバラとは、このバラにあるのかと思えるくらい元気です。

香りも良く、秋まで咲き続けます。



CIMG0838.JPG



h415.gifロサ・ルゴーサ

CIMG0807.JPG CIMG0777.JPG

CIMG0810.JPG  CIMG0812.JPG

ハマナス系のオールドローズです。

蕾の時の顎が優雅で、その中にピンクの花びらが包まれています。


CIMG0827.JPG CIMG0813.JPG

CIMG0808.JPG

とっても良い香りがします。

強健で 毎年新しいシュートが出てきます。

残念ながら 春の一季咲きですが、蕾が多く付き長く咲いています。

秋のローズヒップも、真っ赤で綺麗です。

http://iihatoobu.seesaa.net/article/102185773.html

http://iihatoobu.seesaa.net/article/62028564.html

http://iihatoobu.seesaa.net/article/64844051.html


わが家のバラは、ツルモノや、高く成長するものが多いので、オペリクスやアーチに絡ませています。

何度も言いますが狭い庭ですから、バラのアーチには、クレマチスが共存?しています。

クレマチスも大好きな花です。


CIMG0720.JPG
posted by mari at 06:29| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 薔薇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

魅惑的なクレマチス Clematis

01551.JPG

お花の大好きな母が特に大好きで 育てていたクレマチスClematis(鉄線)。

母が亡くなった今でも実家に は、いろんなクレマチスが育っています。


 CIMG0811.JPG 20yukiyanagi (5).JPG

CIMG0696.JPG  CIMG0692.JPG

田舎の庭に不釣り合いに咲く豪華な 名も知らない紫の花は、魅惑的で、遠い外国の花だと思っていた私は、この花を可愛がり育てている母を 子供心に、なんだか不思議ですごい人・・
おしゃれで可愛らしい人・・・
と自慢でもあり大好きでした。

 
CIMG0726.JPG  CIMG0742.JPG

CIMG0783.JPG CIMG0785.JPG


そんな母に近づきたかったのか、私の庭にもクレマチスをいっぱい植えています。

母はクレマチスを、「テッセン(鉄線)」と呼んでいました。

CIMG0859.JPG CIMG0787.JPG

CIMG0786.JPG 20kuramasiro.JPG

クレマチスというと外来種のようにも思われますが、日本に自生していたものをベースにしていろんな品種が作り出されています。

今でもクレマチスの総称として、テッセンと言う人が多く、日本人にとっては愛しい植物のようです。

PICT22901.jpg 20PICT22971.jpg


日本のクレマチスには、テッセンと花車とがあり、鉄線は花びらが6枚で、風車のほうは8枚です。

花弁に見えるものは、萼が発達したもので、本来の花弁は退化し存在しません。

風車の名は、その形状から来て、八方に広がった羽のような花びらの形があたかも風車を思わせます。

テッセンは、中国伝来のもので丈夫な蔓が鉄線のようだからでしょう。
CIMG0789.JPG CIMG0796.JPG
今年は、あちこち(3株)、こぼれ種から発芽し 花が咲きました。


古くから茶花に使われるなど 和風の優雅さと、洋風の華やかなイメージの両方を持ち合わせている 興味尽きないクレマチスです。    
PICT23001.jpg   CIMG0790.JPG

 

CIMG0720.JPG  CIMG0721.JPG
     

金鳳花(きんぽうげ)科。                   
学名     Clematis florida(鉄線)             
           Clematis patens (風車)             
            Clematis : センニンソウ属          
             Clematis(クレマチス)は、ギリシャ語の「clema(巻き上げ、つる)」が語源。

別名      6枚ものは「鉄線」(てっせん)、     
            8枚ものは「風車」(かざぐるま)。   
            「クレマチス」はこの2つの総称
 
花言葉  精神的な美しさ・  旅人の喜び

posted by mari at 09:48| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

変わり咲きのクレマチス

20くれm1.JPG

CIMG0828.JPG  CIMG0722.JPG

CIMG0723.JPG  CIMG0032.JPG

CIMG0033.JPG  20クレマ.JPG


CIMG0829.JPG



CIMG0830.JPG  CIMG0782.JPG

CIMG0830.JPG  CIMG0858.JPG

名前、解りません

まだ、咲いていませんが、大好きなクレマチス 「ダッチェス オブ エジンバラ」と一緒に買った物です。
posted by mari at 03:47| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンティークタッチ・マリアテレジア

 庭に、マリアテレジアが仲間入りしました・・・・

  CIMG0885.JPG
アンティークタイプのバラ 
マリア テレジア Mariatheresia(フロリバンダ・ローズ)


このバラは、18世紀、神聖ローマ帝国を統治した偉大な女帝マリア・テレジアの気品と、その華やかなりし時代を表現したバラです。
やわらかなソフトピンクから 中心部が濃い自然なグラデーションと、クォーターロゼットの花形で、中心部の花弁がウェーブしているところが、王侯貴族の時代の貴婦人のようなエレガントさを際立たせています。

  作出年:     2003年
  作出国:     ドイツ
  花弁色:     ソフトピンク中心は濃いコーラルピンク
  咲き方:     四季咲き中輪系
  芳香の強さ:  中香
  花形:       クォーターロゼット咲
  花弁数:     50〜60 枚
  花径:       6〜7cm
  樹高:       1〜1.2m
  樹形:      半直立性
 


マリアテレジア.jpg  mariaterejia.jpg

2,3年もののようで枝が太 く房咲きの枝先には4コも花や蕾が重そうに付いています。

本当に貴婦人のドレスのようにフリフリで、ピンクのぼかし色が綺麗なバラです。

CIMG0279.JPG  CIMG0280.JPG

近くにある小さなバラ園に行って来ました。


CIMG0281.JPG CIMG0282.JPG

オープン十周年記念と言うことで何割か安く売り出されており 近くでもなかなかこれない私は、又購入してしまいました。

CIMG0278.JPG
咲いている薔薇は少なく見頃は、6月10日頃のようです。


見ているだけでいろんな色のバラがほしくなってきます。



ゆっくり選択も出来ず もっと別のものを選べばよかったかな〜〜〜なんて家に帰ってから反省してみたり。

CIMG0276.JPG

 レストランで 遅い昼食をしてきました。

CIMG0274.JPG   CIMG0272.JPG
                          昨年11月の写真。収穫後の田んぼと岩手山。

広い窓からは、田植えが終わった後の 青々とした水田が一面に広がっており、
岩手山が不思議なくらい近くに見えます。



*サンテミリオン のバラ園
tihiro00147.jpgpanou2.jpgpanpu1.jpg

http://iihatoobu.seesaa.net/article/48575562.html

posted by mari at 04:09| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 薔薇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。