2009年05月13日

ホウチャクソウ (宝鐸草)

CIMG0551.JPG
  ホウチャクソウ (宝鐸草)


山野草の大好きな友人から 庭作りを始めた頃 
“好きなのをあげるから持って行って良いよ” と言われ頂いたのが「ホウチャクソウ」です。


CIMG0550.JPG

名前も解らずこれがほしいと「ホウチャクソウ」を指さしたら・・・・

「目が高いね」と驚かれました??

山野草は、いまだに詳しくありませんが、「ほうちゃくそう」愛好会があるくらい人気の高い山野草みたいです。

houtyakusou.jpg

稚児ユリの仲間で、特徴のある花をぷらんと下向きに咲かせます。


「宝鐸(ほうちゃく)」と言うのは、寺のお堂の四隅の軒に下げた風鈴のような吊り飾りのことで、それに似た形の、筒形の花が付くことから 「ホウチャクソウ」と言うそうです。 

hoityakusou202.jpg 

以前から「甘野老 (あまどころ)」 か 「鳴子百合 (なるこゆり)」のようで違う 名前の分からない山野草がどんどん増えだし、捨てるに捨てられず引っこ抜いては庭の隅っこに植え直しておりましたが、なんとこれも「ほうちゃくそう」だったんです。

07042_27.jpg


頂いたホウチャクソウと似ていなかったので・・・・・

houtyakusou3.jpg

頂いたホウチャクソウは、大切に育てているので元気にのびのび立派に育ちすぎて どう見ても山野草には見えないのですが・・・「黄花ホウチャクソウ」のようです。

CIMG0635.JPG

 

釣り鐘状に垂れ下がった花は、いつまでたっても開かず はらはらと散ってしまいます。

PICT20232.jpg
花の中を撮ってみたいのですが、ちょっと無理!



CIMG0632.JPG

 
【名】 「ホウチャクソウ(宝鐸草)ユリ科、チゴユリ属。
【学名】Disporum sessile
【花期】 5〜6月
【草丈】 30〜60 cm程度
【和名の由来】 筒状で細長い花の形を寺院の軒下にぶら下がっている装飾品である「宝鐸」に見立てた。
【特徴】 毒草   若芽にはチゴユリと同様に毒があるとは、びっくり!
          稚児ユリ同様、林の木陰でひっそりと群生します。
          花は枝先に1〜3個ぶら下がり、花弁の先端は、緑色を帯びています。
          似た花に、オオアマドコロやナルコユリがありますが 仲間ではないそうです。
          秋に果実は黒く熟します。

CIMG0634.JPG CIMG0633.JPG


CIMG0655.JPG
わが家の 稚児ユリの群生?毒草とは しらなかった〜〜〜

posted by mari at 11:21| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。