2009年05月27日

魅惑的なクレマチス Clematis

01551.JPG

お花の大好きな母が特に大好きで 育てていたクレマチスClematis(鉄線)。

母が亡くなった今でも実家に は、いろんなクレマチスが育っています。


 CIMG0811.JPG 20yukiyanagi (5).JPG

CIMG0696.JPG  CIMG0692.JPG

田舎の庭に不釣り合いに咲く豪華な 名も知らない紫の花は、魅惑的で、遠い外国の花だと思っていた私は、この花を可愛がり育てている母を 子供心に、なんだか不思議ですごい人・・
おしゃれで可愛らしい人・・・
と自慢でもあり大好きでした。

 
CIMG0726.JPG  CIMG0742.JPG

CIMG0783.JPG CIMG0785.JPG


そんな母に近づきたかったのか、私の庭にもクレマチスをいっぱい植えています。

母はクレマチスを、「テッセン(鉄線)」と呼んでいました。

CIMG0859.JPG CIMG0787.JPG

CIMG0786.JPG 20kuramasiro.JPG

クレマチスというと外来種のようにも思われますが、日本に自生していたものをベースにしていろんな品種が作り出されています。

今でもクレマチスの総称として、テッセンと言う人が多く、日本人にとっては愛しい植物のようです。

PICT22901.jpg 20PICT22971.jpg


日本のクレマチスには、テッセンと花車とがあり、鉄線は花びらが6枚で、風車のほうは8枚です。

花弁に見えるものは、萼が発達したもので、本来の花弁は退化し存在しません。

風車の名は、その形状から来て、八方に広がった羽のような花びらの形があたかも風車を思わせます。

テッセンは、中国伝来のもので丈夫な蔓が鉄線のようだからでしょう。
CIMG0789.JPG CIMG0796.JPG
今年は、あちこち(3株)、こぼれ種から発芽し 花が咲きました。


古くから茶花に使われるなど 和風の優雅さと、洋風の華やかなイメージの両方を持ち合わせている 興味尽きないクレマチスです。    
PICT23001.jpg   CIMG0790.JPG

 

CIMG0720.JPG  CIMG0721.JPG
     

金鳳花(きんぽうげ)科。                   
学名     Clematis florida(鉄線)             
           Clematis patens (風車)             
            Clematis : センニンソウ属          
             Clematis(クレマチス)は、ギリシャ語の「clema(巻き上げ、つる)」が語源。

別名      6枚ものは「鉄線」(てっせん)、     
            8枚ものは「風車」(かざぐるま)。   
            「クレマチス」はこの2つの総称
 
花言葉  精神的な美しさ・  旅人の喜び

posted by mari at 09:48| 岩手 | Comment(0) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。