2009年07月19日

ビヨウヤナギ(未央柳)とキンシバイ(金糸梅)

ビヨウヤナギ(未央柳)とキンシバイ(金糸梅)

CIMG1366.JPG

梅雨時から真夏にかけて ひときわ目立つ花に、ビヨウヤナギ(未央柳)とキンシバイ(金糸梅)があります。
雨にも負けず金色に輝き とても おしゃれな黄色い花です。


CIMG1435.JPG  CIMG1376.JPG

この時期に咲く、ビヨウヤナギとキンシバイは、私にとって、辛く忘れられない花でもあります。

CIMG1375.JPG  CIMG1369.JPG

昨年7月9日 次男HIROが意識を無くし病院に緊急入院しました。

病院の広い駐車場の土手一面には、ビヨウヤナギとキンシバイが真夏のかんかん照りの中 ぎらぎらと輝いて咲いていました・・・・

年一度は 倒れ入院しているHIROですが、なんだか毎年 この時期に倒れるようです。

庭の片隅に咲いているキンシバイを見ると
『早く退院したい』と
元気だったhiroの顔や病院の土手一面に咲くキンシバイの黄色が目に浮かんできます。

CIMG1370.JPG CIMG1508.JPG


今年も危険ゾーンの時期がやって来ましたが・・・・ もう入院することはないでしょう・・・・


ビヨウヤナギ
学名 Hypericum chinense(ビヨウヤナギ)
別名 マルバビヨウヤナギ

オトギリソウ科の半落葉低木

ビヨウヤナギを「未央柳」 とか 「美容柳」と書きますが ヤナギの仲間ではありません。

ビヨウヤナギは約300年前に中国から渡来した木で、枝先がやや垂れ下がる樹形で、葉がヤナギに似ているところから ビヨウヤナギと呼ばれたようです。

5〜7月に直径5センチ程度の花を枝先に数個ずつ咲かせます。
 
CIMG1367.JPG  CIMG1506.JPG


キンシバイ
学名:Hypericum patulum(キンシバイ)

キンシバイも、ビヨウヤナギと同じオトギリソウ科の仲間です。

5弁の花の形が梅に似ていること、そして雄しべがたくさんあって、まるで金糸の束のようなので、“金糸梅”と呼ばれます。

こちらも約200年前に中国から渡来したのですが、和風の雰囲気を漂わせ垣根などに見かけます。


CIMG1507.JPG


夏の恐いお話し「弟切草の伝説」

興味のある方・・・・・続きは下に・・・・・・

CIMG0108.JPG

写真はすべて庭に咲いたキンシバイとビヨウヤナギです。

まだ続きがあります。(*^_^*)
posted by mari at 08:45| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。