2009年08月18日

花の命は短くて・・・・

CIMG1449.JPG

くしゃくしゃのエゾミソハギ (禊萩)

盛りの時期が過ぎてしまった ミソハギの紹介です。


葉腋に紅紫色の花が密生して花穂状に咲きます。


CIMG1693.JPG

その姿は、可憐で涼感があります。


CIMG1694.JPG

一つ一つの花の寿命は短いのですが、次々と咲くので長期間 観賞できます。

 CIMG0047.JPG 


旧暦のお盆の頃に咲くのでボンバナ(盆花)とも呼ばれるそうです。

夏のお盆の時期まで咲き続け 仏壇や墓に供えられます。

CIMG1695.JPG

2 枚の葉が交互に対生し,赤紫の花がきれいです。

エゾミソハギ
学名   Lythrum salicaria
和名    エゾミソハギ
別名   ボンバナ(盆花)
英名    purple loosestrife
科名   ミソハギ科
属名   リスルム属
性状   多年草(耐寒性)
原産地  日本、ユーラシア大陸、アフリカ北部
花期  夏
 

CIMG1732.JPG

やや高性(高さ90cm)ですが、摘心するとコンパクトに仕上がります。

花色は桃紫、桃などの品種もあります。

CIMG1516.JPG

語源は 溝萩(みぞはぎ)だとも言われています。

語源が示すように,山野の湿地に生える多年草です。

CIMG1372.JPG


水辺が適するが根が張れば乾燥にも耐え 性質は強健です。

CIMG1371.JPG

posted by mari at 11:29| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。