2011年01月12日

ブッシュカン(仏手柑) 

CIMG2059.JPG


ブッシュカン(仏手柑)
 ミカン科



「美しき香りをもてる 仏手柑の

          その木見たしと 

                手にのせて思う    己巳子」

今年の正月は・・・・・

hiroが正月を待たずに 旅たって 喪中の身ですが、ブッシュカンを使った生け花を、hiroを偲びながら生けてみました。



 

すごい形の実ですね。 

始めて見たときは「ぎょ!ぎょ!!うわっ〜〜なに?これ!」とびっくりしました。

”仏の垂れた手の先”のように裂けた姿の、ブッシュカン。    
 
CIMG2060.JPG


ブッシュカン(仏手柑)

正月の生け花や お茶会などに見かけられるブッシュカン。

最近は以前ほど見かけませんね。

果実の形が仏の手の指の形をしているように見えることからこの名がつきました。

初めて見る人は、この千手観音をほうふつさせる奇妙な姿、形から、果物とは信じ難くグロテスクにさえ見えるブッシュカンですが、 まさしく柑橘の一種なのです。

名前にふさわしく、釈迦の生まれた国、インド東北部原産のシトロンの一品種です。


正月くらいは、これを床の間に飾って お花やお茶を楽しむ位の風情があってもいいですね。

優雅な香りと姿の仏手柑は一つの芸術品とも言えます。

でも、この、”指がきれいに開いた状態の実”になるのはほんのわずからしいです。

生食はできないそうですが、果実を砂糖漬けにした「仏手柑漬け」もあるそうです。
CIMG2061.JPG

posted by mari at 09:47| 岩手 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 生け花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。