2008年06月10日

ダッチェス・オヴ・エジンバラ Duchess of Edinburgh 

.ダッチェス・オヴ・エジンバラ (Duchess of Edinburgh)

居間の出窓から庭の アーチに絡んだ ダッチェス・オヴ・エジンバラの白い花が見えます。

まるでバラの花のように美しい クレマチスです。
2008-05-31T0034.JPG
となりのオペリクスにはバラの「マダム・プランティエール・Mme Plantier 」(一季咲きのアルバ系オールドローズ)が真っ白い蕾を沢山付けていますが、クレマチスが一足早くアーチを飾ってくれてました。
2008-05-31T0033-1.jpg
今年は昨年より蕾も多く付き 真っ白いボンボンのように咲いた花姿は愛おしいくらい可愛いです。
部屋の出窓からもよく見える位置に咲き 庭の景色を楽しむことが出来ます。
最近 日中居間のベットで横になっている時間が多くなったhiroにもよく見えるはずです・・・・・
2008-05-31T0033.JPG

 ゴージャスな八重咲のクレマチス・ダッチェス オブ エジンバラ。
咲き始めは淡いグリーンで、咲き進むにつれて白さを増してくる美しい花が魅力。

花形・花径・弁数 ぽんぽん咲き、ダリアのように厚いピュアホワイトの八重咲きです。
名のごとく 優雅さと豪華さを漂わせる八重咲きのクレマチスで花持ちにも大変優れています。
気品あふれる花姿はまさにその名のとおりです。
切りもどすことで 再度花を楽しめます。

PI2008-06-065.JPG
タイプ:キンポウゲ科の耐寒性多年草(つる性)
草丈:1.8〜2.5m
花径:8〜12p
花色:少しグリーンがかった白・八重咲き
開花期:5〜10月
花のつき方:旧枝咲きの早咲き系(前年の旧枝に花がつく)
剪定:弱剪定
花後の剪定:花柄を摘み取る。新梢を2節残してカット。
2月の剪定:古枝に花芽を持っているので、枯れた枝取り除き、芽の先端を剪定程度。
PICT0022s-.jpg





モンタナ・テトラローズ(montana Tetra Rose)  H15年・ホーマック都南店にて購入。

紫がかったピンク色がとても綺麗です。(葯色は緑黄色)
花の大きさは7〜10 センチぐらいで花弁は一重の4枚。春の一季咲き。
購入した翌年(H16)から枝をたくさん伸ばし花を咲かしてくれましたが、今年は枝やアーチが隠れるくらいみごとに大輪の花をたくさん咲き毎朝うっとりと眺めております。
剪定・剪定は原則不要(整理程度で)


PICT21901.jpg PICT21871.jpg

  

モンタナ’グリーンアイズ’Clematis montana ’Green Eise’
白の八重咲き6cm4〜5月

20kurama.JPG PICT0021.JPG 


PICT001551.JPG  PICT7740s-.jpg




20kuramasiro.JPG PICT7719s-.jpg




20yukiyanagi (2).JPG 20yukiyanagi (1).JPG

kurematisu.jpg

PICT0801.jpg       PICT22901.jpg
マダムジュリア コレボン
Clematisviticella 'MadameJulia Correvon'
鮮明な赤の美花小輪多花性で花付きとても良い

PICT7740s-.jpg 20くれm1.JPG 20クレマ.JPG
これもクレマチス 変わった咲き方で花期が長く秋まで咲いています。

posted by mari at 23:59| 岩手 ☀ | TrackBack(0) | マイ・ガーデン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。