2009年01月04日

アプチロン

初恋.jpg
初恋

アブチロンが咲いています。

熱帯性の植物ですから 冬越しは 5月ごろまで室内で過ごしますが 戸外室内に関わらず 年中花を付けている可愛い花です。


赤、黄色、橙 ピンクといろんな種類がありますが 今年 白い花が仲間入りしました。


ホワイトキング.jpg

ホワイトキング

真っ白な花弁に、黄色のおしべ、印象的な色の組み合わせでウットリ 可愛いです。
他の仲間同様 成育は旺盛です。



 アブチロンを育てて数年になります。
何度か「花めっせーじ」でも登場して貰っております。
参考まで覗いてみてください。
 http://iihatoobu.seesaa.net/article/52856987.html


特徴
 アブチロンは熱帯や亜熱帯産で、トロピカルな花色が印象的な植物です。

 つる性の品種や 独特の斑入りが他の植物には無い印象を与えます。

・暑さに強い!
・トロピカルな花色。
・旺盛な成長力
・四季を通して花が咲いている
・意外と寒さにも強い

昨年買った新品種 「初恋」。
淡い黄色とオレンジのグラデーションがとっても可愛い!
初恋.jpg

初恋
花弁の先がオレンジ、元が黄色のグラデーション。
小〜中ぐらいの花の大きさで、丈も茂りも中ぐらい。
生育が旺盛なのは、他のアブチロンと同じ。


 アプリコット.jpg

アプリコット
その名のとおり、アプリコット色の品種。
アブチロン特有の花弁の脈は目立たない印象。
成育は旺盛。斜めに枝が伸びやすい。


レッドアップル.jpg

レッドアップル
まさしくレッドと言う名に相応しい、赤色。完熟のリンゴよりレッド。
成育は穏やか。丈も高くならない。当然花が咲くのも遅い。



カニングトンサリー.jpg

  カニングトンサリー
まだら模様の斑入りが特徴の品種。花色は赤。
成育は遅めで、高くなりすぎず丁度良い。
種がつきやすい印象。


イエロー.jpg

イエロー
黄色の色が鮮やかな品種。
生育は、他の品種に比べ穏やかで、丈も伸びすぎない印象。


サテンピンク.jpg

サテンピンク
濃い色のピンクの花が印象的な品種。
成育は旺盛。ちょっと葉に軟毛があります。



ウキツリボク.jpg

ウキツリボク チロリアンランプの方がわかりやすいですね。
生育は、幾分旺盛で、大きく枝が伸び、半ツル状になります。


ドワーフレッド.jpg


サテンピンク.jpg
「初恋」

posted by mari at 13:42| 岩手 ☀ | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。