2006年01月05日

ロウバイ

なんと可愛らしい ロウバイの花でしょう。
甘い香りが漂ってきそうな写真です
569_1.jpg
写真は、顔白ビーグルさんから戴きました


北国では見ることの出来ない「ロウバイ」の花。
香りがとても良く、縁起の良い花として 正月の生け花にもよく使われます。
634_1.jpg
蝋梅(ろうばい)科。
  ギリシャ語の 「cheimon(冬)+ anthos(花)」が語源。
「冬の花」を意味する。

・開花時期は、12月下旬頃〜翌3月中頃
・お正月頃から咲き出す。
花の少ない季節なだけにうれしい花である。
・とてもよい香り。
・中国原産、日本には17世紀頃に渡来。

・”蝋細工”のような花から「蝋梅」になったらしい。
寒さや霜から身を守るために 蝋細工状なのか?
蝋月(陰暦の12月)に梅に似た花を 咲かせるところから、とも。

・よく見られるのは蝋梅のうちの 「素心蝋梅(そしんろうばい)」で、花の外側だけでなく 内側も黄色いのが特徴。
ふつうの「蝋梅」は内側がちょっと赤っぽい。


・葉っぱは、ふつう花が咲く前に落葉するが、開花時に まだ残っていて徐々に落葉する場合 もあるようです。

・1月27日の誕生花(蝋梅)。

・花言葉は「先導、先見」

・北国では、育たないのか、見かけません。
posted by mari at 06:44| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。