2009年04月13日

早春の小さな春の使者

CIMG0409_edited.JPG
早春、小さな春の使者たちの開花で、イーハトーブの庭はやっと目覚めます。

青いラインがとってもおしゃれな、「プシキニア リバノテイカ」
CIMG0411_edited.JPG


北国に良く似合うコバルトブルーの花「チオノドクサ・ルシリエ」。
tionodokusa.jpg


どちらも可愛らしいく天使のような、春の小さな使者です。

CIMG0410_edited.JPG
プシキニア リバノテイカは、シラー、のような葉と茎を持ち、淡いブルーにダークブルーのストライプの入った花が印象的で房状に咲きます。

CIMG0411.JPG

ユリ科
Puschkinia
球根植物
開花は3〜4月
中近東コーサカス地方原産



北国に良く似合うコバルトブルーの花「チオノドクサ・ルシリエ」。
tionodokusa6.JPG

雪解けと共に咲き出します。

科  名   ユリ科
属  名   チオノドクサ属
日本名    ユキゲユリ
学  名   Chionodoxa luciliae Boiss.
別  名   ユキゲユリ (雪解百合) 
原産地    小アジア,トルコ西部  
花  期    草春3月 〜 4月
花言葉   栄光

和名は「ユキゲユリ(雪解百合)」といいますが、スイスの植物学者ボアシエが雪解けのなかに咲いているのを見つけたからだそうです。

tionodokusa1.jpg

どちらも、舌のかみそうな名前ですが、写真を見ればよく見かける花でしょう〜〜
「イーハトーブ・花メッセージ」では、毎年紹介している常連での花たちで、イーハトーブの庭に、早春いち早くお目見えする花たちです。


tionodokusa2.JPG

マイガーデンの春は毎年 、「プシキニア リバノテイカ」と「チオノドクサ・ルシリエ」から始まります。

どちらも高温に弱いので,温暖な地域では育ちにくく、涼しいイーハトーブにはもってこいの花たちです。

今年も春早くから咲いてくれました。


今年の春は暖かく、早くからもういろんな花が咲き出しております。

遅くなってしまいましたが やっぱし この小さい早春の花たちを紹介しないと「イーハトーブ・花メッセージ」の春が始まらないようで・・・・・

ありがとう!の感謝の気持ちを込めてUPいたしました。 

posted by mari at 05:58| 岩手 | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。