2009年05月12日

可愛いおちごさん「稚児百合・チゴユリ」

 可愛いおちごさん「 稚児百合 ・チゴユリ」

CIMG05922.jpg


ひっそりと 仲良しさん同士 語り合うように寄り添って咲いている、小さな花「稚児百合 チゴユリ」。

CIMG0590.JPG

あまり日のあたらない木の下に咲いています。

植えた記憶がないので何かの苗に混じって わが家の庭に住み着いたのでしょう。

始めて見つけたときは、なんて控えめで 可愛い花なんでしょう・・・・と大感激。

CIMG05900.jpg

決して広くない木の下の 半日影の場所で年々繁殖しています。

花は、かすかに緑がかった白い6弁花で やや下向きに うつむきかげんに咲き、何とも可愛い花です。
               
秋には、5mm程度の紺黒色の実を、茎の先端に 1ケつけます 。

 花も控えめなら 実も控えめで  数百の実を振り撒く事もなく けれどもどんな条件でも着実に繁殖して 山野の木陰に群生し生息しています。

CIMG0592.JPG

チゴユリは、ユリ科の中で 最も小さな部類の花で、並んで咲いている その小さな花の愛らしさから名付けられました。

可愛らしい姿を「お稚児さん」に見立てたのでしょう。

      
 
CIMG0591.JPG


    
下向き加減に咲き 、地面に はいつくばって撮ってあげないと花心を見ることが難しいお花です。

マクロでこんな風に大きく撮りましたが、実際は消え入りそうなくらいに 小さい可憐なたたずまいをしています。



CIMG05911.jpg

稚児ユリは、

雪解けとともに樹木の葉が繁る頃、姿を現すスプリング・エフェメラル(はかなく消えて行く春のかげろう・・・・ カタクリなどの花などを指す)と呼ばれる花の一群が姿を消し、交代するように うつむき加減に 稚児ユリやアマドコロ、ホウチャクソウが姿を現し 咲き出す ・・・・・と言われています。

 PICT213411.jpg
ホウチャクソウ


Disporum smilacinum
ユリ科チゴユリ属
花言葉 は、恥ずかしがりやさん



posted by mari at 03:20| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。