2007年07月04日

アスチルベ

PICT0005.jpg

山はつぎつぎそのでこぼこの嶺線から

パラフヰンの緋をとばしたり

突然 銀の挨拶を

上流の仲間に抛げかけたり

Astilbe argentium

Astilbe platinicum

いちいちの草穂の影さへ落ちる

(宮澤賢治・詩 北いっぱいの星ぞらに)


652fda5fd8b48b1f3908c055c7bf5258.jpg


アスチルベの花の美しさを 賢治は 銀色のアスチルベ、金色のアスチルベ と 詠っています

asutirube.jpg
アスチルベはいろんな色があります。
我が家で、一番早く咲き出すのは、銀色(白)のアスチルベ。
次に燃えるような赤いアスチルベが咲きだし、ピンクは一番遅く色づきます。

PICT0016.jpg

詳しいお花の説明は「イーハトーブ花図鑑」を見てね

ラベル:季節の花
posted by mari at 17:46| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮沢賢治作品とイーハトーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。