2007年09月17日

野の花に寄せて・・・・我が好む薄紫色の・・・・・

sion.jpg
野に咲いていたシオン?

  乱れてぞ
み胸そめてぞ 姫紫苑
秋むらさきの濃きめし玉へ。
                      
石川啄木 日記「秋らく笛語」
(せつ子さまへかへし)
  明治35.11.7・啄木15歳
46f8c613.jpg
どれがシオンかヒメジオンか解りませんが・・・

呼び方いろいろありますね。
    ヒメジオン
   ・ 姫女苑
   ・ ヒメジョオン
   ・ ヒメジョン

himejoon.jpg

    ハルジオン
   ・ 春紫苑
   ・ ハルジョオン
   ・ はるじょうおん

今回は詳しくないのでこのくらいで・・・・
amerika.jpg
庭に咲いた ボルドーギク
おまけ

sion.jpg
庭に咲いた ボルドーギク
今日は9月に咲いたお庭も見てね!
夏つばきのイーハトーブ「四季の庭・花図鑑
ボルドーギク
posted by mari at 08:18| 岩手 ☁| Comment(12) | TrackBack(1) | 石川啄木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今朝はコメントありがとうございます。

うふふ・・・似ている花ばかりで、
判らないほうが多いですね。
孔雀草もシオンといわれれば、シオンに・・・

似たもの同士ってあるんですね。
Posted by sakura at 2007年09月17日 21:51
コメント、何回書いても、無くなって・・・

何か難しいことがありますか〜

今朝のお礼まで。
Posted by sakura at 2007年09月17日 21:55
えぇ?どうしたのか?
4回目です。
消えませんように・・・
Posted by sakura at 2007年09月17日 21:57
以前はハルジオンとヒメジオンの区別がつかなかったのですが、
最近は特徴が分かったのです。
つまり、ハルジオンは下を向いて咲くのに対してヒメジオンは上を向いて咲くそうです。
Posted by Miyoko at 2007年09月18日 01:24
おはようございます。
私は「ヒメジョオン」と呼んでますよ。
Posted by たんぽぽ at 2007年09月18日 06:11
今日は、書き込みが表示されています。
不思議?

スイマセンが、削除お願いします。

失礼いたしました。

今週が手術の予定なのですか?
お忙しくて大変です。
成功を祈っております。
Posted by sakura at 2007年09月18日 08:50
sakuraさん
お一人でいっぱいありがとう!
でもびっくり・・・・読みながら声出して笑ってしまいました。
さくらさんの優しさが見えてくるようなコメント。
ごめんなさいね、変なんですこのコメント欄。

春紫苑も姫女苑も野生の花で名前はステキですがあちこちに咲く雑草ですよね?

クジャクソウや友禅菊も咲き始めましたが園芸ように品種改良されて出来た花、
まだまだたくさんありそうですね。
Posted by 夏つばき at 2007年09月18日 08:50
Miyokoさん
そうなんですか?
ありがとう!

調べれば調べるほどこんがらかって・・・
当て字の漢字で表現したりしているのが多いでしょう・・・
難しい〜〜
昔からアル野草は。
Posted by 夏つばき at 2007年09月18日 11:19
たんぽぽさん
「ヒメジョオン」
良い響きですね。

たんぽぽさんが大好きなタンポポも菊科ですね。
山野草詳しいですか?
Posted by 夏つばき at 2007年09月18日 11:26
sakuraさん
今日も朝早くからありがとう!

手術ではありません。
今週いっぱい検査です。
手術はその結果内容で決めます・・・

今日の空模様のような気持ちです・・

Posted by 夏つばき at 2007年09月18日 11:34
おはようございます♪
シオンもいろいろ有るので勉強になりました、ボルドーギクはフランスのボルドーから来たのかしらね〜
ニュースで盛岡は大雨で大変な事になっている画が写りましたが大丈夫ですか?・・・
Posted by kyutarou at 2007年09月18日 11:40
kyutarouさん
「ボルトニア」とか「アメリカ菊」とも言い北アメリカ原産です。
ボルドーと言えばワインも美味しい地方ですね・・・

kyutarouさんお見舞いありがとう。
ものすごい雨で初めての経験です。
でも何事もなく 無事ですよ〜〜
Posted by 夏つばき at 2007年09月18日 17:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

私訳 歎異抄
Excerpt: 待望の五木寛之版『歎異抄』。なのだけれど、すんなり読める現代語訳ながら、いまひとつ五木氏オリジナルの読み解き方がどこにあるのかわからず、楽しめなかった(といっては語弊がありそうだが…)。「まえがき」で..
Weblog: りなのブログ
Tracked: 2007-10-05 03:16

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。