2007年09月18日

フィソステギア・カクトラノオ

kakutoranoo.jpg
フィソステギア・カクトラノオは、暑さ寒さに強い、北アメリカ原産の宿根草です。

茎が四角で、花がトラノオに似ていることからカクトラノオと呼ばれています。
kakutorano0.jpg

盛夏に淡桃色や濃い桃色の花が穂状に咲き 華やな花です。
また、野趣にも溢れ 日本庭園や 洋風のボーダーガーデンにもよく似合います。

9月、庭の花は、秋のシュウメイギクやホトトギスに混じって まだ夏の花のムクゲやノウゼンカズラも咲き誇っています。
暦とのずれを大きく感じる季節ですね。
でも、カクトラノオの薄桃紫の花が咲き始めると、今年も暑さの峠を越したかなとホッとします。

okatora.jpg

花穂を虎の尻尾に見立てて付いた「虎の尾」。
可憐な「花」に尻尾とはいえ、強い猛獣の「虎」の名が付くなんて、ちょっとイメージが合わず違和感がありますね。

でも調べて見ますと、「トラノオ」という名前がついた植物 意外と多いんですよ。
kakutorano0.jpg


シソ科のカクトラノオ、
タデ科のハルトラノオ、
サクラソウ科のオカトラノオ(丘虎尾)   
サクラソウ科のヤナギトラノオ(柳虎の尾)
ゴマノハグサ科のルリトラノオ(瑠璃虎の尾)別名ベロニカ。
キントラノオ科のキントラノオ

kakutoranoo1.jpg

ウミトラノオという海藻の仲間や、
トラノオと名のついた桜もありました。
観葉植物のサンスベリアも別名をトラノオと呼ぶそうです。

350kakutorano.jpg



okatora0.jpg

posted by mari at 16:50| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨夜は大変でしたね。
夏つばきさんも、心安らぐ時がないですね。
私も大分痛んだ花を撮ってきました。

同じ花になるのも仕方のないことですね。
咲く時季が同じですもの・・・

こんなに詳しく説明は出来ませんが
それなりに・・・

お疲れでしょうが、もう人頑張りして
下さいね。

お疲れ会しましょうね。
Posted by sakura at 2007年09月18日 19:58
一言でトラノオといってもたくさん種類があるのですね。
一番上にある画像のようなトラノオはパリでも良く見かけます。
近くの植物園に行くと一般的な白い花の咲くトラノオがたくさん咲いていました。
お花が見るだけでも心が癒されますね。
このから北の方も寒くなってきますがお互いに頑張りましょうね。
Posted by Miyoko at 2007年09月19日 02:43
さくらさん
一日遅れのレスでごめんなさい。
一昨日の雨はすごかったですね。
お互いなんの被害も無くよかっだです。
すぐ近くの住宅地が床上浸水の被害に遭われ大変でした。
さくらさん 紅葉の時期ゆっくりお会いしましょうね。
Posted by 夏つばき at 2007年09月20日 09:44
Miyokoさん
カクトラノオの白い花もありますね。
我が家にはないんですよ。
背丈が大きいだけに見ごたえがあって良い花です。
白も植えてみたい!
Posted by 夏つばき at 2007年09月20日 09:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。