2007年09月30日

ささやかに耳を傾けて・ストレプトカーパス 

Streptocarpus7.jpg

「ささやかに耳を傾けて」
の花言葉を持つ「ストレプトカーパス」

我が家では、各部屋に飾っている 一番鉢の多い植物です。
柔らかな緑の葉が 潤いを与えてくれる「ストレプトカーパス」。
一年中ポツリポツリと花が咲き とても可愛い花です。
Streptocarpus6.jpg


イワタバコ科に属していて、セントポーリアに次いで人気のある品種のひとつです。

花柄が長く伸びて垂れ下がりながら可憐な淡紫色の花が咲きます。

蕾は、淡い乳白色をし、まるでパールのイヤリングのようです。
.

ストレプトカーパスは簡単に根が付き、育てやすいので どんどん鉢が増えてしまいました。
私のブログにも何度も登場し 花のない時季 「困ったときのストレプトカーパス頼み?」の花なんですよ。


ストレプトカーパスの育て方のポイント(北国を基本にしています)
Streptocarpus.jpg
夏のストレプトカーパス

暑すぎず寒すぎず、適当な日かげんで
ストレプトカーパスは非耐寒性ですから10℃以上の場所に置いてください。
ただ暑さにもやや弱いので、夏は高温にならない所に置いてください。
日の光を当てないと花が咲かないので、光の当たる窓辺が良いでしょう。
ただし夏は半日陰に置いてください。
Streptocarpus2.jpg

春:日の光が直接当たる室内または戸外。戸外の時は最低気温10℃以上で。
夏:半日陰の風通しの良い室内または戸外。
秋:日の光が当たる室内または戸外。戸外の時は寒くなる前に室内に。
冬:日の光が十分当たる室内


夏は葉に水をかけないように
10月から4月は、鉢土の表面が乾いたら十分に水を与えてください。
ただ12、1,2月は水を控えめにしてください。
5月ごろから気温が高くなったら、葉に水をかけないよう、株もとに与えてください。
Streptocarpus3.jpg

肥料の与えかた
春から秋は、月に2回ほど液肥を与えてください。
健康な葉をしていても花が咲かなくなってきた時は、少し濃い液肥が良いでしょう。
(ただし日光を十分に当てていることが前提です)
冬は2ヶ月に1回ほど、固形の肥料を与えてください。

伸びすぎた枝は切ってください
ストレプトカーパスは茎が伸びやすい植物です。
特に日陰に置いた場合、日光が不足してよく伸びます。
すぐに寒くならないようであれば、ハサミで丸く刈り込みます。
きつめに刈り込んでも枯れません。
肥料が十分であれば、約2週間後に新しい芽がでてきます。(温度によりますが)
刈り込んだ芽を土に挿しておくと、簡単に根が出て繁殖できます。
Streptocarpus0.jpg

鉢替えの場合
購入後約1年は鉢替えの必要はありません。
根が回りすぐに水切れをおこすようなら、一回り大きな鉢に植え替えてください。
適期は春先です。

冬場のお手入れ
日光の十分当たる室内に置き、水と肥料は控えめで管理してください。
暖房の効く部屋で、温度が15℃以上あれば、水も肥料も少し増やします。
日照量が少ないため花つきはよくありませんが、少しは咲きますよ。
strept_2.jpg

あなたもお部屋を ストレプトカーパスで飾ってみませんか!
posted by mari at 09:26| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
優れものなんですね。

大きな株の良く咲いてる
ストレプトカーパス?だと思うけど、
色もやさしくて、何って名前なんでしょう
って散歩の途中で眺めています。

こんな優れものなら一鉢欲しいようですね。
舌をかみそうな名前でよく覚えられないわ〜

更新お疲れ様でした。
Posted by sakura at 2007年10月01日 20:33
ストレプトカーパス、わが家にもありますよ
友人から挿し木で分けていただいたものですが、管理が悪くて、花つきが悪いんです・・・
夏つばきさんの書かれていることを参考にして育ててみますね
同じ名前で、もう少し大きな花が咲くものもありますが、私はこちらの小さい花の方が好きですね
Posted by ラベンダ♪ at 2007年10月02日 00:31
さくらさん
本当の名はもっと長く「ストレプトカーパス・サクソルム」と言い、ますます舌が噛みそうでしょう。(^_^;)

大きい株の似た花?なんでしょうね、気になります。
ストレプトカーパスとても沢山の種類があり 今ではいろんな色も売られていますよ。
Posted by 夏つばき at 2007年10月02日 10:45
ラベンダ♪さん
これは、有茎種の「ストレプトカーパス・サクソルム」ですが、無茎種の「牛の舌」と呼ばれる葉が大きいストレプトカーパスですね。
我が家にも一鉢ありますが水やりが難しくお姫様状態で大切に扱っていますがなかなか上手く育ちません。
一個でも花は存在感がありますが、葉がつまらない・・・
やはり「ストレプトカーパス・サクソルム」は花がなくても可愛いですね。
Posted by 夏つばき at 2007年10月02日 10:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。