2007年10月17日

秋深く・シュウメイギクの花

シュウメイギク Anemone hupehensis var. japonica 
s0.jpg
キンポウゲ科 イチリンソウ属
s2.jpg

s3.jpg
ひらひらと優しく揺れる白い花びら(本当はガクだけど・・・)

s5.jpg
我が家のがピンク、一重咲きです。
和菓子.jpg
銘・秋明菊
先週末過ごしたホテルのラウンジで抹茶を頂きました。
お茶うけにこんな可愛らしい和菓子が付いてきましたよ。
さくらさんを真似てみましたが・・・・・
頂くのがもったいないような可愛らしさでした(*^_^*)
庭がシュウメイギクの花で占領されてしまいました。s7.jpg

 シュウメイギクの花はキンポウゲ科の1つです。
その特徴として、キンポウゲ科の植物の多くは、花弁を持ちません。
イチリンソウ属の植物もそうですが、花弁のように見えるものは萼片です。
s8.jpg

花の中央には多数の雌しべが集まり、球状になっています。
多数の雄しべがその周囲を取り巻いています。
 
posted by mari at 00:00| 岩手 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
仙台で楽しく過ごされたようですね^^

シュウメイギク、わが家ではそろそろ終わりのようです
白い花びらが一面に散っています
夏つばきさんのピンクのシュウメイギクは色がやさしくてきれいですね

和菓子の秋明菊も可愛らしくて美味しそうですね^^v
こういう演出も素敵ですよ
Posted by ラベンダ♪ at 2007年10月17日 23:56
ラベンダ♪さん
お互い遅くまでパソコンに向かっていますね。

疲れているようでもパソコンを開くと意外に時間経つのを忘れてしまって・・・

シュウメイギク我が家でもそろそろです。
一番面積を取って咲いている花なのに紹介しないのも可愛そうなので あわてて撮りました。
欲しくて植えたシュウメイギクですが、年々増えていきます。

Posted by 夏つばき at 2007年10月18日 00:40
パリのシュウメイギクも季節は終わって、花は既に坊主頭になっています。
一面に咲くと本当に綺麗ですね。

和菓子が可愛くておいしそう....
戴くのが何となくもったないな気がしますね。
このまま置いておくとカビが生えますね。
その前にデジカメに撮って戴く方がけんめいですね。

お花のブログの画像の保存場所を少し変えて見ました。
ブログは今までと同じですが、クリックすると画像元が現われますので
再び画像をクリックすると拡大されます。
Posted by Miyoko at 2007年10月18日 00:59
Miyokoさん
夏から咲いていたシュウメイギクもそろそろ散り始めて・・・・・
丸坊主姿も可愛いですが季節も冬に近かずいていると思うと寂しいです。

「季節のままに」いつも楽しみです。
フォト蔵の大きい写真綺麗!
楽天に大きいままアップしているんですか
良いですね、私は掲示板訪問用とブログ掲載用とそれように加工して保存していますから面倒・・・

大きい写真でも重くないし
Posted by 夏つばき at 2007年10月19日 07:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。