2008年03月03日

ひな祭り

hmomonohana.jpg雛まつり


雛のお節句来たけれど、

私はなんにも持たないの。


となりの雛は うつくしい、

けれどもあれは ひとのもの。


私はちいさなお人形と

ふたりでお菱をたべましょう。

金子みすゞ「美しい町・上」
7和服の少女.jpg

・・・・・・・絵・いわさきちひろ「和服の少女」・・・・・・


金子みすゞ
本名 金子テル。
明治36年 山口県大津郡千崎村(今の長門市)に生まれる。
大正末期から昭和の初期に掛けて、すぐれた童謡詩を発表し、西條八十に「若き童謡詩人の巨星」とまで賞賛されながら 昭和5年26歳の若さで世を去った。

没後、50年を経て 512編の原稿が矢崎節夫氏の努力によって見つかり全集として出版された。
momonohana2.jpgmomonohana3.jpg.
posted by mari at 10:44| 岩手 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 詩・ポエム・童話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちひろの絵を本当のところ、見たことがなくて、パステル調のイメージしか無いのですが、金子みすゞの世界とちひろの絵が素敵にマッチしていると思います(^v^)

お雛様の日に寄せて下の3枚の画像も素敵!!
Posted by mube at 2008年03月04日 01:13
こんにちは。

ご無沙汰しております。

むかし、むかし、感受性がそれなりにあった頃、金子みずゞさんにあこがれて、詩を書きました。

懐かしく思い出しました。
Posted by さなえ(花の庵) at 2008年03月05日 13:47
初めまして!
メギ−さんのブログのリンクから遊びに来ました。
私は大の宮沢賢治ファンでブログ名のイ−トハーブに惹かれて覗きに来ました。
金子みすゞさんもいわさきちひろさんも私の大好きな方ばかり。
私は海外在住のため日本のようなひな祭りは18年来祝っておらずここでとっても素敵な気分にさせていただきました。
とっても素敵なブログ・・・。
又お邪魔させてくださいね!
Posted by yuko at 2008年03月06日 10:46
mubeさん
女性にとってはいつまでたってもちょっぴり気になるお雛様。
上手におられた折り紙のお雛様 片付けられましたか。

いわさきちひろさんの絵大好きです。
子どものしぐさ 涙が出るくらい可愛らしいです
Posted by 夏つばき at 2008年03月15日 18:43
さなえさん
いまだにお持ちですよ自然の微妙な気配を鋭く表現されて羨ましいです。

私も憧れているんですよみすゞさんのみずみずしい感性。

どの詩も子ども時代経験した心の葛藤。
素晴らしいですね
Posted by 夏つばき at 2008年03月15日 18:47
yukoさん
ようこそ!

コメントが遅れてしまってごめんなさい。

自分で詩をちょっぴりでも、書けたらどんなにか良いでしょう。

子ども時代の愛読書を引っ張り出して更新していますが、今読むと何となく理解できて新鮮ですね。
Posted by 夏つばき at 2008年03月15日 18:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。