2008年03月21日

 恋と病熱

2007年 04月 03日.jpg    
 写真は「盛岡心情・3」を運営している らくださんからお借りしました。

      恋と病熱
   

   けふは ぼくのたましひは疾()み

   烏(からす)さへ 正視ができない

    あいつは ちやうど いまごろから

    つめたい青銅(ブロンヅ)の病室で

     *透明薔薇(ばら)の火に燃される
 

   ほんたうに、けれども妹よ

   けふは ぼくもあんまりひどいから
 

   やなぎの花もとらない



「恋と病熱」 『春と修羅 〔第一集〕』より 
1922年3月20日(水) 賢治26歳 春と修羅を、スケッチ。

   *透明(とうめい)薔薇(ばら)の火 : 妹トシを、やがて賢治自身をも苦しめる病の高熱。
b0072697_19465086.jpg
 3月20日にスケッチした賢治の詩ですが 衝撃的な題ですね。

どうしても啄木と比べてしまいますが、啄木の人生や作品と相反して 賢治の人生は結婚せず 作品にも人の恋愛を扱った作品はほとんどないと言っていいくらい少ないように思います。



賢治最愛の2ッ年下の妹トシの素顔とは・・・
宮沢トシ(1898-1922)
 賢治の妹トシは、小学校時代から成績抜群で花巻高等学校も 最優秀で卒業 。
1915(大正4)年に東京・目白の日本女子大学校に入学しました。
トシはそこで、初代校長成瀬仁蔵氏の、
『あらゆる宗教を究極のところで一体化し、宇宙と自己の合一を求める「帰一思想」』の校長の強烈な信念、実篤な人柄、質素な生活に感動し、兄、賢治宛てに、校長の理念に尊敬の念を書いて送っております。

大正7年 東大病院小石川病院に入院。
卒業最終の試験は受けられなかったのですが、成績優秀により卒業を認められております。


 妹トシ1920(大正9)年 22歳 9月花巻高等女学校教師となる。 

 1922(大正11)年11月 27日、妹トシ24歳で永眠。
 
『トシは、どんな逆境にあっても排他的になる姿勢を避け、「宇宙との正しい関係」を大切にして、万人との真の愛をめざしてまっすぐな信念を求め生きようとする真摯な心の姿勢をもっており、そこから賢治がいかに大きな感化を受けたかを本書にて述べてまいりました。
こうした賢治とトシの生き方は、まさに現代こそ求められる大切な姿勢ではないかと思い、そうした点でも今後とも賢治とトシの研究をいっそう深め、皆さんにお伝えしたいと思います。』
山根知子さん 宮沢賢治学会イーハトーブセンター
会報にて・イーハトーブ賢治賞奨励賞受賞の際の言葉を抜粋


 賢治は、「信仰を一つにするたつたひとりのみちづれ」(「無声慟哭」)だったと、狂おしいまでに、その死を悲しみ思い詰めました。

賢治の熱烈な「法華経信仰」とトシが信奉した「普遍宗教的思想」と言う視点で、賢治とトシの精神的な関係を考えると興味はつきません。

 最後に賢治の精神が一番表れている言葉を一つ。

「世界がぜんたい幸福にならないうちは 個人の幸福はあり得ない」賢治
 b0072697_20102062.jpg
写真は「盛岡心情・3」を運営している らくださんからお借りしました。

*妹トシの横顔
今では誰もが知る詩人・童話作家宮沢賢治の妹とはいえ、若くして亡くなった女性が残した品は多くは、ありません。
ただ、聖女のような面影ばかりが、後世に刻まれています。
「女学校へ入ってからも学校始まって以来という、平均点が95点とか8点とかのすばらしい成績をとるので、町でもたいした評判になっていたものです」
「容貌(ようぼう)もやさしくにこやかで、だれに向かっても親切でていねいで、ものを話すときの声も、実に澄んでいてきれいな人でした」
トシと小学校で同級生だった関登久也が書き残している「新装版宮沢賢治物語」学習研究社より。

賢治が生涯をかけて信奉した『法華経』
 賢治の信仰した法華経というのは 仏教 キリスト教、トルストイとの出会いで、賢治の豊かな思想は 法華経をベースにして独自の仏教教理を導き出した・・・・とあり なんとも気の遠くなる様な分量です。<国訳妙法蓮華経より>
 
私達がすぐに思い浮かべるのが『雨にも負けず』の信念や『銀河鉄道の夜」のジョバンニやブドリの夢のように 賢治はみんなの幸せを願う事でした。

賢治が亡くなる年、
「国訳の法華経を千部印刷して、知己友人にわけて下さい。 --中略-- 『私の一生のしごとは、このお経をあなたのお手もとにおとどけすることでした。あなたが、仏さまの心にふれて、一番よい、正しい道に入られますように』ということを書いて下さい。」と、花巻弁で云った。」とあります。 宮沢賢治の詩の世界より抜粋

 
長成瀬仁蔵の信念と理想と「帰一思想」
日本女子大学校創立者である校長成瀬仁蔵の信念と理想とは
『女子大は国家主義的な良妻賢母養成には反対で、「第一に女子を人として教育する』
『単に男女平等の見地を主張するのでなく、深く宗教的見地から、自覚あり信念ある人格としての教養を目ざしている』。


山根知子 
著書『宮沢賢治 妹トシの拓いた道』において、トシの生涯と思想形成の姿を探究し、新しい知見をもたらした功績で宮沢賢治賞奨励賞。

posted by mari at 09:41| 岩手 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 宮沢賢治作品とイーハトーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トシさんの持っていた、『「宇宙との正しい関係」を大切にして、万人との真の愛をめざしてまっすぐな信念を求め生きようとする真摯な心の姿勢』こういぅ思いで生きる人が今どのくらいいるでしょうか・・・?
トシさんが亡くなったのが24歳・・・。そんな若さでこの思い。我々がこれだけの情報に富み、物に富,何不自由なく生きていける時代に生きていて不平不満ばかりをたれて生きている事実を見ると現代人は心の成長がやや下降気味であるといぅ事を認めざるを得ませんね。
仏教の教えには自らを幸福にする方法論がちゃんと説かれていて、自らを幸福感で満たし自分の周りにその幸福感を伝染させていき幸福の輪を大きくし理想はこの地球全体が幸福な人で溢れること。
トシさんも賢治さんも宗教心を宿し謙虚さとやさしさ、他を思いやる心で純粋に生きられた素晴らしい人たちですね。
彼らの生き方から多くを学びたいと思います。
Posted by yuko at 2008年03月22日 10:31
宮沢賢治に、聡明なトシさんと云う妹さんがいらっしゃたことは知りませんでした。
兄弟そろって短命なのですね。
肺結核を思いました。

この頃、本をゆっくり読む時間も取れなくて何をしているのでしょう・・・?
若い頃は、図書館通いや、子供が買ってきた本を少しの時間をつなげるようにして読んでいましたのに・・・
老眼のせいかしら・・・気力・・?
原因はわかりませんが、本を買うことも少なくなって・・
”小学6年”の本も買ってみようと思っていたのに・・・まだ実行していない!!
情けないですね。
夏つばきさんのブログのおかげで賢治や啄木そしてミスズの字が少しだけ私の胸の中で踊っています(苦笑)
Posted by mube at 2008年03月23日 00:29
yukoさん
ショッキングな題の詩に興味本位で読まれても・・と思い堅い思想に及んでしまいました。
嬉しいコメントをありがとう。

人は、他人の言葉や行いが、思うようにならないと心を乱し、相手に非があると考えます。けれど自分は、人の気持ちや立場を理解しようとしたのかと考えると、全く恥ずかしい限りです。生きてゆくということは、自分の問題集を解いていくことだといいます。人の問題を裁くのではありません。それなのに、つい自分の採点は甘くなるのです。賢治さんは最期まで、相手の要求に応えようと努力を惜しみませんでした。中傷をも甘んじて受けました。そして「まだまだ自分は、自分を甘やかして見ているな」と言うのです。偉い人ほど、強い人ほど謙虚になれると思います。賢く強い人は、相手をほんとうの幸せに導きます。
Posted by 夏つばき at 2008年03月23日 04:46
mubeさん
賢治は5人兄妹です。
妹3人 末っ子の弟1人。
トシは賢治と2ッ違いの妹です。
写真を見ると今でも通用するような美人顔の方でしたよ。

読書って重労働です。
落ち着いた時間がいっぱいないと本を出す気にもなれません。
12才天才少年作家のその後の話も気になるところですが本の手配も・・・・一休みです。
熱しやすく冷めやすい?
Posted by なつつばき at 2008年03月23日 04:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。