2008年05月28日

イーハトーブ・5月の散歩道

taue11.jpg

 私は相変わらずの生活を送っていますが、庭の草木は綺麗に変化し 次々と花が咲き出しています〜〜〜

こんなに休んでしまうと 何から紹介していいのやら・・・・・


変わらない生活の一つに 毎日のベルとのお散歩も。

お庭の草花も疲れを癒してくれますが、ベルとの散歩も気分転換には最高です。



住宅地を出ると 直ぐ周りは小さな田んぼが。
PICT0001.JPG
夕暮れ時の田んぼに移った住宅

新しく出来た団地を通って・・・・・
中学校のグランド裏の葉桜並木道を通り・・・・・・・・

まもなく 大きな田んぼが広がります。

taue5.jpg
ハウス栽培も盛んです。ハウスの中には野菜やお花の苗がいっぱい・・・

5月のたんぼは、田植えも済んで 水を張った田んぼは、陽光で輝いています。

とってもきれい!。


田植えは ほとんど機械化されトラクターで短時間に済んでしまうようです。
taue11.jpg
この写真は、フォトライブラリーより ダンロードした写真で イメージ写真です。


taue.jpg

綺麗に並んだ稲の列。

taue10.jpg
あぜ道には残った苗が無造作に置かれていたり、捨てられていたり・・・

.

田んぼの隅々まで機械では田植えできないようで、手で植え直ししています。
そのために置かれた稲のようですね。
taue1.jpg
あちこちの田んぼで手直しの作業がみられます。
腰が痛くて大変でしょう。

「こんにちは〜〜
ご苦労様です〜〜」
声をかけると 下を向き作業を続けながら “こんにちは”の声が返ってきました。

taue7.jpg
豊作になりますように!


おたまじゃくしがうじゃうじゃいます。

taue8.jpg

見えますか?
おたまの行列。

taue.jpg

今年は特に多いようです。
カエルの大合唱でうるさいこと うるさいこと!!
自然がいっぱいです。


taue9.jpg
5月の散歩は 大好きなユーミンの歌を口ずさみながらの散歩です。

もちろん「緑の町に舞い降りて」ですよ・・・・

以前も更新しましたが大好きな歌なので 又紹介しちゃいますね・・・・

taue12.jpg

「緑の町に舞い降りて」

♪ 輝く五月の草原を さざなみ遥かに渡っていく

飛行機のかげと雲のかげ 山すそかけ降りる

着陸間近のイヤホンが お天気知らせるささやき

「Morioka」というその響きがロシア語みたいだった

三つ編みの髪をほどいてごらん タラップの風が肩に集まる

もしも、もしもこの季節 尋ね来ればきっとわかるはず

あなたが気になりだしてから 世界が息づいている♪

♪銀河の童話を読みかけて

まどろみ 心ははばたく

あてもなく歩くこの町も

去る日は涙がでるわ♪


20080525yuugere.jpg
たっぷり一時間以上かけての散歩で 帰り道は夕餉れ時になってしまいました。



一部写真は、日本最大級の投稿型ストックフォト(写真販売)サイト「フォトライブラリー」から「商用利用申請」をしてダンロードしたものです。


この詩は、ユーミンが公演で岩手に訪れた際、花巻空港上空の 機内で作られた歌だそうです。

新緑の春爛漫の季節。
水田に水をはった時期は、一面 湖にみえます。
そして田植えが終わった時は、一面 草原に見えます。
(イーハトーブのこの季節の この風景、ぜひ見てほしい景色の一つですね。)

又、ユーミンが、ロシア語のように聞こえると歌った「Morioka」という言葉。

岩手県の空港は花巻市にあり 盛岡ではありません。
機内で「Hanamaki」とは言うでしょうが、「Morioka」とは言いません・・。
少し不思議ですね。
なぜ?
以前、ラジオで聞いた話ですが、

機内のアナウンスで流れた「ハナマキ」、
言葉の響きからロシア語みたいで いいなあと感じ、実際に歌詞に取り入れて歌ってみたら、
「ハラマキ」に聞こえてしまいそうで(笑い)断念と。

ならば同じく音の響がいい「モリオカ」にしようと、
そういうことだったようです。
 
(東京〜花巻便の空路は、東北新幹線上野駅乗り入れの影響で昭和60年に廃止されました。)
 
また、「銀河の童話」は、宮澤賢治の「銀河鉄道の夜」ですね。

賢治の、言葉の美しさに惹かれ、この物語に在る賢治の哲学のようなものを表現してくれたような。
宮澤賢治を 心底 好きな私にとって嬉しいフレーズです。
 
♪世界が、息づいている〜〜〜ことを感じる街、モリオカと ユーミンが歌ってから、20年以上過ぎました。
 
盛岡は、今もそのままの盛岡です。


「緑の町に舞い降りて」は、松任谷由実の1979.12.1発売のアルバム松任谷由実さんの「緑の街に舞い降りて-Ode of Morioka-」「悲しいほどお天気・The Gallery in My Heart」というアルバムの中に入っている楽曲です。
英題のとおり盛岡での小旅行を歌った紀行曲で、 また・・・ Ode of Morioka・・・は方言で「盛岡にいらっしゃい!」ですよ。
ハイ・ファイ・セットの「悲しいほどお天気」のアルバムにも収録されています。
機会があったら、是非聴いてみてね。

この部分は、2007年12月04日に更新したページを再度添付しました。

posted by mari at 04:43| 岩手 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 岩手・盛岡 四季歳時記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おたまじゃくし、見えますよ。^^

かすかな記憶ですが、子供の頃に田植えを手伝った記憶があります。
タニシを取って鶏にあげたりしていました。
なんとなく足首が痒いと思ったら・・・。
「ヒル」に血を吸われていたりとか。^^
祖父母が生きていた頃です。

なんだか田舎に帰りたくなってきましたよ。
ゆったりとした散歩、いいですよね。
Posted by おとこのいけばな at 2008年05月28日 13:09
おとこのいけばなさん
小さい頃から周りは野山に囲まれた生活でしたが 田植えやタニシ取りの経験ないんですよ。
息子達はザリガニ取りに夢中になっていた時期がありました、やはり同じですね男の子の遊び方・・・・
最近は見かけませんが。

こんな生活も良いでしょう、のんびりして・・・

Posted by 夏つばき at 2008年05月31日 08:32

腰が痛いのは辛いものです。
私も14年間悩まされました。

私が考案した腰痛解消法をお試しください。
現在、日本で一番多く実践されるようになりました。

【3分腰痛解消法】で、検索すると見つかります。
腰をお大事に。
Posted by 腰痛アドバイザー at 2008年11月23日 14:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。