2008年05月30日

遠野物語

toonomonogatari2.jpg


突然ですが、大好きな安部光俊さんの「遠野物語」のメロディーがラジオから流れてきました〜〜〜
ソロデビュー前の「飛行船」時代の曲ですが あんべさんの代表曲になっています。
遠野物語/安部光俊(飛行船)

カッパ淵。Fujitaさん撮影.jpg
Fujitaさん撮影 遠野カッパ淵


『遠野物語』 あんべ光俊作詞作曲。

 時刻表の地図を 指でなぞってゆくと
 心のアルバムに しまってた懐かしい駅に着く
 最後の夏だから 思い出だけがほしかった
 人を傷つけても それを思い出にした

この曲、イントロからもう大好きなんです。


 明日は帰るという 月夜の晩の福泉寺
 好きだと口づけた ススキの野辺よ
 またいつかあえるかしらと そう言って君は泣いた
 きっと迎えに来るよと そう言って僕は黙った

PICT0012.JPG

せつなく甘酸っぱい青春時代の夏の思い出・・・っていう感じです。

民話のふるさと遠野、行ったことがない人にでも 遠野の風景が目に浮かんできそうな詩とメロディーだと思いませんか。

日暮れ時に吹いてくる風、
月明かりが照らす境内、
そこに響く小さな虫の鳴き声・・・

そんな自然が肌で感じられるような曲が流れてきます。

歌詞だけ見ると くさい台詞でも、マジメにまっすぐに歌を伝えてるからどっかで胸がキュンと切なくなって・・・
甘酸っぱい恋 (こんな気分忘れてしまいましたが)の ピュアな切ない気持ちもが よみがえってくるような・・・・

切ない感情がいっぱい詰まった曲です。
詩の流れにストーリーがあって 青春小説を一冊読んだような気分にさせてくれます。

この曲は季節に関係なく 今でも時々聞きたくなる私の中の名曲です。

もう一つ「星の旅/あんべ光俊
この詩も曲も甘酸っぱさでは負けていません。
聞いてみてね、

忘れていた懐かしい何かを思い出させてくれますよ・・・・・・きっと!
水芭蕉と岩手山.jpg
水芭蕉と岩手山 H16年5月






「遠野物語」 
          あんべ光俊 作詞作曲

♪ 時刻表の地図を 指でなぞっていくと
心のアルバムにしまってたなつかしい駅に着く
最後の夏だから 思い出だけが ほしかった
人を傷つけても それを 思い出にした


遠野の町に 白い日記をボストンバックに積めて来た僕に
昔々のおとぎ話でベージをうめてくれた君

明日は帰るという月夜の晩の福泉寺
好きだと口づけたすすきの野辺よ

♪ またいつか逢えるかしらと そういって君は泣いた
きっとむかえに来るよと そう言って僕は黙った

駅までの道を 青いリンゴをかじった
やけに すっぱい味が今でも心にしみている

遠野の町を自転車に乗り すすんだ笛吹峠で
この町が好きだといった君の瞳(め)は仔馬のように澄んでいた

あの町の帰りたい
あの頃をやり直したい
今でも残っているだろうか
古い曲り家よ

山羊さん撮影の千葉家の曲り屋.jpg
山羊さん撮影遠野千葉家の曲りや H17年夏

posted by mari at 06:20| 岩手 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 四季の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きゃぁ〜っ あんべさんだぁ(^▽^)
“遠野物語”大好きですっっ。遠野にドライブに行くとずーっと口ずさんでしまします。
遠野の夕暮れにピッタリなんですよね。吹き抜ける風かぜのようなメロディー。歌ってて気持ちいいんです、この曲。 この歌がラジオ番組の“トップ40”で流れていた時はまだ小学生でしたがよく覚えていて歌ってました。大人になって多少の恋愛経験も積んでくると、更に味わい深く心にしみる歌に変わっていきました…。いいなぁ〜。夏の終わりのセミの声をバックに聞きたいでぅ。
Posted by めいぷる at 2008年05月30日 09:33
懐かしいですね〜
「遠野物語」大好きな曲ですよ〜
30年以上も前の曲なのに古く感じないですよね
あんべさんには何度かお会いしています
素朴で親しみがありますね
東京に住んでいたときに、東京の友だちから「レコード貸して」って言われたときにはびっくりしました
Posted by ラベンダ♪ at 2008年05月30日 17:31
めいぷるさん
“トップ40”なつかしい響き〜〜〜
私も毎週聞いていましたよ
小学生ではなかったけど(^_-)


良い曲ですよね、久しぶりに聞いてジ〜〜んときてしまってウルウル・・・

Posted by 夏つばき at 2008年05月31日 09:17
ラベンダ♪さん
あったことあるの?いいな。

ヒットした当初は、あまり関心なかったけど しばらくしてこんな良い曲があったんだ〜〜と再認識。

今では私の心の歌です。

意外と海外在住の方にも人気のある隠れヒット曲のようですよ。
Posted by 夏つばき at 2008年05月31日 09:27
「この町は」


この町に 流れるる時は

他の 町よりもずっと

緩やかに 流れていく



この町に 足を地につけて

耳を澄ませば 聞こえ来る

僕達が 忘れかけていった物を



ここは そんなところ

得も知れぬ 魅惑の潜むところ

水面を ゆっくりと葉が流れゆく

そんな事さえ 絵になるところ

Posted by ひろ at 2008年06月02日 19:45
夏つばきさん、頂いた鉢に
花を植えて今日UPしてます。

見て下さいね。

あんべさんの人気はすごいんですね。
Posted by sakura at 2008年06月02日 22:03
曲を聴きながら、コメントの投稿です。
良い曲ですね・・遠野に行きたくなりました。
あんべ光俊という方知らないのですよね〜
つくづく無知だなぁ・・・と思い知らせれました。
澄んだ声ではありませんがググッと惹かれるものがありますね。
夏つばきさんの青春が詰まった方かもしれないのに、知らなくてごめんなさい(*_*)
Posted by mube at 2008年06月03日 08:36
ご無沙汰しています。

遠野は、ラベンダさんも縁のあるところなんですね。
やはり、柳田国男(?)が遠野物語について書いているけれどやはり素敵なところですね。
東北は蔵王までしか行ったことがないので分かりませんが、夏つばきさんやラベンダさんのブログで、随分と分かってきました。
一度は、行ってみたいところです。
Posted by Miyoko at 2008年06月04日 05:31
遠野物語も読んで大晦日遠野高校サッカー部も応援に行きました。
Posted by ラーメンまん at 2016年01月14日 23:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98506422
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。