2011年09月13日

初挑戦「ココヤシ」

「ココヤシ」



なんと 長男から 誕生祝に熱帯観葉植物の「ココヤシ」を戴きました。

P1000901.JPG


母の日には「ブーゲンビリア」と〜〜


ちょっと北国向きじゃない どちらかといえば 苦手な 熱帯植物プレゼントが続いています。

P1000899.JPG

「ココヤシ」
「ヤシの木」と聞いて、ほとんどの人が思い浮かべるのは・・・!? 


ズバリ!南の島で成長したココヤシでしょうネ〜


果実はあのココナッツです!!


遠い海の向こうから波にゆられて日本にたどり着いたと 歌にもある 「ヤシの木」♪。。。。



よく見かけるわりには、結構手に入りずらいレアものみたいですヨ。



お部屋にあるだけで 南国ムードが漂い オシャレなイメージに早変わり?・・・なるかな〜〜〜。




 

Cocos(ココス)

ヤシ科

ココヤシ属

原産地:インド洋アンダマン諸島   他 生息地は世界の熱帯・亜熱帯地方




P1000900.JPG


ということで以下は、初めての挑戦のため 死なさず ・・・枯らさず・・・に育てるための私のメモです。


関心ない方は、スルーして結構です。





ココヤシの育て方
水やりは一般的な鉢物と同程度でよく、暖かい時期には時々肥料を与えます。
日当たりを好みますので、春から秋は戸外栽培がよいでしょう。
寒さに弱く、冬越しには最低15は必要です。
乾燥した室内ではハダニがつきやすくなりますので、時々葉水をしましょう。


置き場所と明るさ 
直射日光を好みます。春から秋には戸外栽培がよいでしょう。冬はできるだけ明るい窓際に置きましょう。
最低気温15度以上は必要です。
日当たりと風通しの良い場所で管理します。寒さには非常に弱いので、特に冬場の窓辺などでの温度管理に気をつける必要があります。



気温
 
寒さにはかなり弱く、耐寒温度は15以上必要です。急激な温度変化はよくありません。環境によっても異なりますが、常時20前後に加温したところが望ましい。


水やりのタイミング
 
水やりは一般的な鉢物と同程度でよく、鉢土の表面が完全に乾いたら鉢底から出るくらいたっぷりと与えます。高温期にはときどき葉水を与えます。秋〜冬は一週間に一度、曜日を決めていただき、ヤシの実が埋もれている部分に、円を描くようにまんべんなく約200ml
冬場は水が冷たすぎると根を傷める事があります。できるだけ室温に近い水を与えてください。
春〜夏は一週間に一度、土の部分にまんべんなく約300ml400ml
季節だけではなく、設置場所の環境(光量・温度)によって水の量を調節してください。
串や割り箸等を、根を傷めない程度にやさしく土の部分まで挿し、土の乾き具合(湿り具合)を観察しながらある程度乾いてからやるのがコツです。土が湿っている状態で繰り返し必要以上の水やりを行うと根が窒息し、根腐れの原因になる場合があります。
また受皿にはなるべく水を溜めないように注意してください。特に夏場は鉢底から水が少ししみ出るくらいの量で調整してください。



肥料

4〜11月中はマグアンプなどの緩効性肥料を1ヶ月に1回与えるか、ハイポネックスなどの液体肥料を2週間に1回与えます。
良く生育する植物ですので、春〜秋の生育期に緩効性化成肥料(置き肥)を定期的に与えます。又、水の代わりに3回に1回の割合で希釈した液体肥料を併用しても構いません。



植え込み用土は特に選びませんが、通気性がよく腐植の多い土壌を好みますので、排水のよい土(赤玉土やバーミキュライト)と腐植性の土(腐葉土やピートモス)を混ぜて植えるとよいでしょう。


病害虫
乾燥した室内ではハダニがつきやすいので頻繁に葉水をしたり、湿った布で拭くと予防になります。劣悪な環境でナガオコナカイガラムシが稀に発生します大量に発生した場合は殺ダニ剤を用います。アブラムシやコナカイガラムシは見つけ次第捕殺するか、薬剤を散布しましょう。早期に手当てしないと、スス病を誘発します。水のやりすぎなどで、ヤシの実が腐敗したりカビの原因となることがあります。



注意点
秋から冬:室内管理での注意点は低温と乾燥です。暖房が切れた夜間の室温に注意して下さい。また、エアコンの温風が当たらないようにして下さい。
春から夏:外気温が20度程度になると生育期に入り、新芽を展開しだします。この時期、古く褐色化した下葉はカットしても問題ありません 


特徴
果実や幹、葉など余すところなく使う事ができ、熱帯地方では生活に密着した有用作物です。単幹で、幹の高さは20mに達し、雌雄同株です。種子は発芽に120〜150日を必要とします。塩水に浸っても発芽力を失わず、潮流に乗って遠くに運ばれます。

葉っぱがでてる実は食べれませんので、ご注意を!!



posted by mari at 11:48| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

クリスマスカクタス

クリスマスカクタス 「トーアブリッタ」

CIMG0995.jpg



12月に入って、街はクリスマスの飾り付けで雰囲気も盛り上がって来ましたね。

華麗で,大空を翔る鳳凰のよう形をした花、シャコバサボテン。


CIMG0994.jpg


クリスマスの頃に咲花するので「クリスマスカクタス」とも呼ばれるシャコバサボテンは、花の少なくなった冬の室内を華やかにしてくれます。



我が家のシャコバサボテンは、クリスマス時期より早めに咲いてしまうようです。


でも、次々と咲き、花期も長く、楽しみも長シャコバサボテンですね。



また、デンマークカクタスとも呼ばれていますが、北欧で改良されたシャコバサボテンで、在来種に比べ花や葉が大きく華麗です。

CIMG0992.jpg


シャコバサボテンは、育て方も簡単で 毎年 きれいな花を咲かしてくれます。


花を咲かせるこつは,夏に水やりを控えて休眠状態にすることのようです。


また,花芽がついた後、室内を移動させたりすると,環境(気温)の変化のためにせっかくついた花芽が落ちてしまうので注意が必要です。


初めてのころは、私も、これで失敗しました。

サボテンとはいっても刺はなく,葉(本当は多肉質な茎)にギザギザがあるところがシャコに似ているからこの名前になりました。


似たものにカニバサボテンというのがあります。

こちらはなめらかな丸い葉で,カニの足に似ているからということのようです。


和 名:シャコバサボ
テン(シャコ葉サボテン)  
科 名:サボテン科
性 状:常緑多肉植物
学 名:Schlumbergera truncata
別 名:クリスマス・カクタス・デンマークカクタス
原産地:ブラジル
花 期:冬
posted by mari at 10:28| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

オリヅルラン

オリズル2.jpg

オリヅルランは,ユリ科の観葉植物です。

観葉植物ですので葉を楽しむものですが、花も可愛いです。

先日から次々と、花が咲きはじめました。

オリズル1.jpg

真っ白で小さなお花は、清らかな天使のような可愛いらしさです。


オリヅルラン 
学名 Chlorophytum comosum
和名 オリヅルラン
英名 St.Bernard's lily
科名 アンテリクム科(ユリ科)
属名 オリヅルラン属
性状 常緑多年草
原産地 南アフリカ 
 
オリズル7.jpg

オリヅルランはランナー(走り茎)が伸びて、その先に折り鶴のような小苗をつける姿から その名前が付きましたが、蘭ではありません。

オリズル8.jpg

明治の初期に渡来して以来、長く続いている人気の観葉植物です。

性質は強健でたいへん育てやすい植物です。

オリズル5.jpg

斑の入り方などの違いによって、ソトフ(外斑)、ナカフ(中斑)、ナカフヒロハ(中斑広葉)、アオ(斑無し)などの品種があります。

オリズル.jpg


私も一時は 夢中になっていろいろのオリズルランを集めたりしました。

オリズル3.jpg


posted by mari at 06:10| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

再び多肉ちゃん(果肉ちゃん)

                   
ミカヅキネックレス
p1010066_5.jpg
久々に多肉ちゃんの再登場 、今回は蔓性果肉植物です。

三日月がたくさん連なった可憐なネックレス。
形が三日月のような形をしているので、こんな名前がついています。

我が家の葉っぱは三日月というよりバナナみたいです。

青いバナナみたいで可愛・・・・・
バナナネックレス??

長く伸びる蔓に、次々と肉厚の葉っぱが連なっています
だらりと長い蔓が延び 今にも切れそうで、扱いに心配してしまいそうですね。

が、みごとな生存根性!!
その旺盛な成長っぷりは、挿し木で簡単に増やせます。
乾燥を好み、半日陰が好き。
という性質からして我が家向きと言えます。

今年のお庭に、ハンギングで使ってみようかな・・・

mikaduki.jpg

日光はそれ程いりません。
半日陰で育てます。
暗さに強いので、日当たりの悪い部屋でも可。
乾燥を好むので、水やりは抑え気味に。
葉っぱには水をかけないように気をつけて。

冬はさらに乾燥状態を維持して、春まで待ちます。
我が家の果肉ちゃんは、大体はこんな感じで育てています。

学名 Senecio radicans
和名 ゲンゲツ
英名  creeping berries
通称名 ミカヅキ(三日月)ネックレス、田毎の月
科名 キク科
属名 セネキオ属(サワギク属)
性状 常緑多年性蔓性多肉植物 用途 小〜中鉢
吊り鉢
原産地 南アフリカ 



  グリーンネックレス
ミドリノスズ.jpg

こちらも ネックレス。
同じ仲間で「グリーンネックレス」といいます。
別名「緑の鈴」です。
可愛いですね。
本当に鈴のようなネックレス。
緑の丸いボールが葉だなんて信じられないくらい長く連なっています。

エア・キャップみたいに ボールを摘んでプチッとしたい衝動に駆られたりして・・・はだめ!

今は寄せ植えの前面に垂らしているのですが 個性的なので単独で植える方が映えるでしょう。

おしゃれなブリキ缶に入れて 吊り鉢仕立てにしてみようかな〜〜〜

photo4.jpg

「ミカズキネックレス」より人気があるそうです。
「グリーンネックレス」の方が、多く出回っているようです。

ただ葉っぱが 丸いか 三日月か、というだけの違いですが。

扱い方は「三日月ネックレス」と同じです。


学名 Senecio rowleyanus
和名 緑の鈴(ミドリノスズ)
英名  creeping berries
通称名 グリーンネックレス
科名 キク科
属名 セネキオ属(サワギク属)
性状 常緑多年性蔓性多肉植物 用途 小〜中鉢
吊り鉢
原産地 南アフリカ 
下垂性 100cm
耐寒性:中(0℃まで) 
耐暑性:強

ミカヅキ(三日月)ネックレス.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・イメージ・ヤフーショップより。・・・・・・・・・・・・・・

posted by mari at 08:42| 岩手 | Comment(10) | TrackBack(0) | 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

多肉ちゃん?・果肉ちゃん?

冬の室内を飾っている花 子宝草
karankoe.jpg
・・・・・・ブリオフィルム・フェドチェンコイの花 胡蝶の舞錦 ・・・・・・

一年中 緑を絶やさず おとなしく ちょっぴり成長し続けている果肉ちゃん。

花のない寂しい冬の時季 お目見え!

やっと 日の目を見る果肉ちゃんたちです。


 ブリオフィルム・フェドチェンコイ
ベンケイソウ科 カランコエ属  多年草
園芸名:胡蝶の舞錦

良く似た「胡蝶の舞」があり その斑入り種として流通しています。
秋には 窓辺でよく日に当たった葉がピンクに紅葉します。
冬、天頂から花柄を伸ばし竿灯状に橙色の花が下垂します。

kochounomaiwakaba.jpg
若い葉のブリオフィルム・フェドチェンコイ  胡蝶の舞錦 

カランコエの 仲間でしょうか・・・

karankoe.jpg
・・・・咲き始めの ブリオフィルム・フェドチェンコイ  胡蝶の舞錦 ・・・

カランコエに似たこの種はたくさんあるようです。

観賞用として最近は、花付きが多く華やかな種類が多く出回っています。

kalanchoe_crenata_flower.jpg
・・・・・・ブリオフィルム・フェドチェンコイの花 胡蝶の舞錦 ・・・・・・

鮮やかに色づきました。


 カランコエ・ツビフロラ ベンケイソウ科
マダガスカル島中央部原産の多年草.
和名は錦蝶(キンチョウ)と呼ばれる多肉植物
kintyou3.jpg
・・・・・カランコエ・ツビフロラ  錦蝶(キンチョウ)・・・・・

葉の廻りに 沢山の芽がびっしり・・・
kintyou.jpg
・・・・・カランコエ・ツビフロラ  錦蝶(キンチョウ)・・・・・


零れた芽が鉢の下で沢山発芽して どんどん増えていきます


kintyou2.jpg
・・・・・・カランコエ・ツビフロラ  錦蝶(キンチョウ)・・・・・


ひょろひょろ伸びて・・・途中から切ってしまいましたが・・・
沖縄の方では 1m以上にも成長し 冬に赤い花が咲くようです。

444_1.jpg
これはなかなか大きくなりません・・・・


ハウォルチア・ファスキアタ
ユリ科 ・ 園芸名:十二の巻(ジュウニノマキ)

硬い緑の葉に白い輪模様を持っています。
juninomaki.jpg
・・・・・十二の巻(ジュウニノマキ)・・・・・・

アロエのような小さい観葉植物、根元の廻りに子供が出来てきています。


まだ名前の解らない果肉ちゃん達がいます。

これから 少しずつ紹介していきますね・・・

果肉ちゃん達を。

にほんブログ村 地域生活ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
posted by mari at 13:13| 岩手 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

いまどき・・・ポインセチア?

poin07.jpg
毎年・・クリスマスシーズンになると やっぱり買ってしまう花、ポインセチア。

翌年まで、一年を通して大切に育てることが出来なくて・・・

いつも1シーズンで枯らしてしまう花なのに、やっぱり買ってしまう花です。


ひととせを描ける艶(ゑん)の花画集 ポインセチアで終りとなりぬ
 
(木村草弥)という歌があります。

花画集もポインセチアでその年を締めくくったのでしょう・・・・

12月の街には、これほど似合う花はないでしょうね。

poin07.jpg

年が明け 春が恋しい今頃には、輝きを失い色あせてしまう寂しいポインセチアの鉢。

冬越しで室内に取り入れられた 沢山の鉢の中に埋もれ見向きもされなくなってしまいました。

photo_27.jpg

・・・・・寂しかった鉢に また葉が茂り始めました・・・



 ポインセチアの、原産地は中央アメリカ──メキシコのタスコ付近の地域が起源地とされています。
赤い花の部分は正確には苞(ほう)といいます。
品種改良がすすみ、多くの色が産出されていますが、ポインセチアと言えば、やはり「真紅」のものがいいですね。

ポインセチアは「短日性」の植物で、1日のうちで夜のように暗い状態が13時間以上になると開花します。

 


すっかりクリスマスのシンボルのように扱われているポインセチアですが、その歴史は、意外と古くから有るようです。

 むかし、昔・・・・
メキシコにインディアンが住んでいて、生活の中で、この植物を上手に利用していた。
苞から赤紫色の色素を採り・・・・・
切った時に出る白い樹液からは、解熱作用のある調剤を作った。
ポインセチアは、インディアンに、「純粋性のシンボル」とされ大切に扱われていた。
17世紀に入り、フランシスコ修道会の僧たちが、この辺りに住み着き、その花の色と咲く時期から「赤はピュアなキリストの血」「緑は農作物の生長」を表していると祭に使われるようになった。

18世紀、メキシコ駐在のアメリカ大使のポインセット氏は、優れた植物学者でもあったため、アメリカの自宅の温室で栽培し 各地の植物園などへポインセチアを配った。
「ボインセチア」の名は 大使ポインセット氏の名前に由来する
cocopin.jpg

にほんブログ村 地域生活ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
posted by mari at 05:52| 岩手 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月21日

ミルクブッシュ???

PICT15111111.jpg
毎年 この時季に花を付ける果肉植物の 名無しちゃん???

PICT4584.jpg
トイレの窓辺に置きっぱなしです。

年2回 可愛らしい琥珀色の小さい花を付けます。

金色の琥珀色の花ですが、なぜか目立ちません。

普段から 手間も掛からず 忘れかけた頃お水を与えて・・・・・

やっと咲いた小さな花 ・・・・そんな時季でも あまり目立たず事もない 名無しちゃんです。


買った時 手作りプレートに「ミルクブッシュ」と書いてありましたが、疑問です。

調べてみると「ミルクブッシュ」は、折ると白い液体が出るとあります。

花は、咲かないようです。

トイレの名無しちゃんは 折ってもミルクは出てきません。

PICT4588.jpg
もう買ってだいぶ経ちましたが いまだに名無しちゃんです。

花は、冬に入って2,3ヶ月 次々と咲き続けます。

琥珀色の 透き通った小さい花です。

PICT15122.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
posted by mari at 04:14| 岩手 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

女王様のような花・クジャクサボテン

クジャクサボテンが今年も室内で華やかに咲き誇っています。 PICT7270.jpg
室内に入れた11月頃から咲き始め 3月頃まで咲いています。
PICT7267.jpg


PICT7266.jpg
他に白と黄色の花が咲く クジャクサボテンも有り、年に一度 5月頃しか花を見せてくれませんが・・・・・・

このピンクのクジャクサボテンは、花期が長く 年中咲いているような感じがし・・・・ やはり女王様みたいな花です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
posted by mari at 06:00| 岩手 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

仙女の舞

PICT0002_edited.jpg
数年前 小原流盛岡支部の記念式典で使われた花材を撤去の際に頂いた観葉植物です。
ずっと名前が解らず 花屋さんでも見かけることもなく あきらめていました。
最近やっと解りました。
「仙女の舞」
何とステキな名前でしょう!
karankoe.jpg
別名「ベルベットリーフ」とも呼び 名前のごとく 軟毛で覆われ 淡茶褐色の若い葉はフェルトかベルベットの布地を思わせような感触です。
葉は三角形で、周縁はフリルの様に波打ち ユニークな形をしています。
変わった姿をしていますが カランコエの仲間です。

寒さにも 乾燥にも強くて、なかなか枯れないベルベットリーフ!
枯らし魔なんだけど・・・という方でも大丈夫です。

また、多肉植物の特徴で 生命力が強く、土の上に葉が落ちるだけでも発根し、新株となります。
ベルベットの手触りをもつ色白銀葉系の葉は、葉挿しで簡単に増やすことが出来ます。
karankoe4.jpg

乾燥にはかなり強く、長期間水なしで生きることができます。

増やし方
葉を陽光に透かすと葉脈を見ることができます。
根は葉脈から生えてくるので、葉を葉脈に対して直角に切り分けます。
もちろん切り分けずに葉1枚をそのまま葉挿しすることもできます。
特に土に植えたり、水に挿したりする必要はなく、土の上に置いておくだけで自然に根を出してくれます。
karankoe4.jpg
その後 土に植えて水を与えれば容易に成長させることができます。
葉は古くなると やがて 毛を失って淡緑色になります。

ポチッとよろしくネ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ

まだ続きがあります。(*^_^*)
posted by mari at 00:34| 岩手 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

ジャスミンの香りは・・・・

ジャスミンの香りとインドール・・・
madagaskal_jsm02_1024.jpg

ハゴロモジャスミンが花開き今年も廊下にほのかな甘い香りが漂い始めました。
このジャスミンの鉢も 我がが家の古株で 挿し芽で育てた物ですが 今では大きくなって 晩秋 室内に取り入れるのが一苦労です。

丈夫そうですが イーハトーブの冬は厳しいので 室内に入れてあげないと・・・

ハゴロモジャスミンは、春の花となっていますが、我が家では、なぜか 毎年 冬 室内で咲き始めます。
imgfac9dd92zik6zj.jpg

ジャスミンといえば 芳香剤やお茶にと 癒しの効能として広く活用されていますが・・・・

なぜか我が家の 約 一名に 嫌われています。

咲き始めは良いのですが 満開になり出すと あまりに強烈な香りと、そして ちょっと誤解を受けそうな香りが混じっているらしい?のです。

私はどちらかというと好きなので 気にならず 気づきませんでしたが 主人が異常に感じるらしいのです。

その香りとは・・・

ジャスミンの大好きな方    ごめんなさい_(._.)_

unkoの匂いです。

我が家のジャスミン 挿し芽を頂いた物ですから?本物かどうか気になって調べてみました。

『・・・・ジャスミンの香りは独特で、ジャスミンのにおい成分であるスカトールは糞便と同じ成分です。
スカトールの濃度によっていいにおいにも悪臭にもなったりします。
スカトロ趣味のスカトロはスカトールからきているそうです。
また ジャスミンの香りの成分に含まれるインドールの為です。
インドールはどちらかというと動物的な香りで、高濃度では不快な糞尿臭となりますが、稀釈することによって芳香となります。
実はこれがジャスミンが媚薬とされる原因とも言える成分で、ジャスミンは交感神経を刺激する香りだと言われています。
「ジャスミン嫌い!南国系の花は苦手!頭痛がしてきちゃう」という人は、結構交感神経の緊張が強い方なのでしょう。・・・・・・』

ということで 我が家の御主人様は 神経過敏な方のようです。

45.jpg

 興味のある方「インドール」と検索してみては?(^^;)

ランキングに参加しています♪
ポチッとよろしくネ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ
まだ続きがあります。コメントも残してくれたら嬉しいな(*^_^*)
posted by mari at 12:00| 岩手 ☁| Comment(10) | TrackBack(1) | 観葉植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。