2008年05月28日

勿忘草

b0072697_1973913.jpg
この写真は「盛岡心情・3」を運営している らくださんからお借りしました。


思うてふこと言はぬ人の

     おくり来し

        忘れな草もいちじろかりし

                     石川啄木・初出「明星」明治41年11月号 


 b0072697_1971339.jpg

啄木は、恩師 与謝野寛氏から「明星」の募集短歌の選者を頼まれていた時、歌稿を送ってくる菅原芳子 という女性に好意を持ち 互いに惹かれ合っていたといいます。

 「思うてふこと言はぬ・・」は、当時の啄木の芳子さんに対する切ない胸の奥からのささやきでしょうか。

PICT0012.JPG


また、 盛岡出身の画家・深沢紅子さんの絵にも「忘れな草」が多く描かれてあります。

深沢紅子は1903年(明治36)生まれで、幼い頃、市内 中津川河畔に遊び、忘れな草が群れ咲いているのを見て描いたのでしょう。
ポストカード1.jpg

同時代に盛岡にいた啄木と、同じ中津川に咲いた 忘れな草を見ていたかもしれない・・・・と想像すると 昭和初期のロマンを感じてしまいます。

PICT0004.JPG


庭には すっかり伸びてしまった勿忘草がボウボウ 生えています。

 PICT0032.JPG 
posted by mari at 07:37| 岩手 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 石川啄木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

旅立ちの日に

2006年 05月 12日城南小学校.jpg
写真「盛岡心情」管理人らくださん撮影・2006年 05月 12日城南小学校




「別れ」

1・ 心は高く 岩手山

   思いは長し 北上や

   ここ渋民(しぶたみ)の 学び舎(や)

   むつびし年の 重なりて


2・  梅こそ咲かね 風薫る

    弥生二十日の 春の昼

    若い心の 歌声に

    別れのむしろ 興(きょう)たけぬ


3・   ああ我が友よ いざさらば

     望みの海に 帆を上げよ

     思ひはつきぬ 今日の日の

     集いを永遠(とわ)の 思い出に

                          「別れ」作詞 石川啄木


卒業の季節です。

旅立つ日、卒業式で歌った歌 覚えていますか。

『仰げば尊し』や『蛍の光』、

幼稚園・保育園の卒園式では、『おもいでのアルバム』などが歌われていますね。

また、最近多く歌われている歌に『旅立ちの日に』や『巣立ちの歌』、『贈る言葉』などが歌われているようです。
 
ランキング外ですが ローカル的に密かに人気あるのが 啄木の作詩「別れ」です。

啄木の多くの詩の中では、不思議と知られていませんが(私だけかもしれませんが)、良い詩だとおもいませんか。

滝廉太郎の「古城の月」のメロディーで歌うそうです。

もう一度 「古城の月」のメロディーで読み返してみてください。

石川啄木が作詞した歌を歌って卒業するなんて 式典も最高潮に盛り上がりそう!

岩手県公会堂.jpg
写真「盛岡心情」管理人らくださん撮影・岩手県公会堂2006・10・20


石川啄木の「別れ」の詩は、IBC(岩手放送テレビ)で 毎週土曜に放送される「じゃじゃじゃ・TV」の情報をもとに、石川啄木の「別れ」の詩をスタッフ様より教えていただき更新いたしました。

大好きな啄木の詩を又一つ知ることが出来てとっても幸せです。

どうもありがとうございました。

私の宝が増え嬉しくなって皆さん方にも知って貰いたく公開しました。

写真は「盛岡心情・3」を運営している らくださんからお借りしました。

まだ続きがあります。(*^_^*)
posted by mari at 11:38| 岩手 | Comment(7) | TrackBack(0) | 石川啄木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

月のお話

ホウズキ.jpg
お休みしている間に 中秋の名月も過ぎてしまいました。
今年は綺麗に見えましたね 十五夜様が。

あめつちに

我が悲しみと月光と

あまねき秋の 夜となれにけり

啄木・「一握の砂」

啄木は 夢を持って東京に上京したものの 苦しい生活は続きました。

転々と友人宅を頼って 生活をするというような状況が続き とても 妻 節子や子供を呼び寄せることが出来ない辛い生活が長く続いたようです。

東京の与謝野晶子宅で 中秋の名月を見ながら うたった短歌です。
静かに更けていく夜、輝く月を見ていると 尚更 故郷の渋民や家族が 恋しく思い出されたことでしょう
続きを読む
posted by mari at 07:18| 岩手 ☁| Comment(8) | 石川啄木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

野の花に寄せて・・・・我が好む薄紫色の・・・・・

sion.jpg
野に咲いていたシオン?

  乱れてぞ
み胸そめてぞ 姫紫苑
秋むらさきの濃きめし玉へ。
                      
石川啄木 日記「秋らく笛語」
(せつ子さまへかへし)
  明治35.11.7・啄木15歳
46f8c613.jpg
どれがシオンかヒメジオンか解りませんが・・・

呼び方いろいろありますね。
    ヒメジオン
   ・ 姫女苑
   ・ ヒメジョオン
   ・ ヒメジョン

himejoon.jpg

    ハルジオン
   ・ 春紫苑
   ・ ハルジョオン
   ・ はるじょうおん

今回は詳しくないのでこのくらいで・・・・
amerika.jpg
庭に咲いた ボルドーギク
続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 08:18| 岩手 ☁| Comment(12) | TrackBack(1) | 石川啄木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

赤い薔薇

nukkou2.jpg
赤い薔薇・日光

一輪の

赤き薔薇の花をみて

火の息すなる唇(クチ)をこそ思へ

石川啄木・「心の花」

続きが有るよ・読んでね
ラベル:ばら
posted by mari at 12:06| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 石川啄木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月30日

我が庭の白き躑躅

tutuji.jpg

わが庭の白き躑躅を       

薄月の夜に       

折りゆきしことな忘れそ 
        

石川啄木・歌集 一握の砂

「花ブログ」に参加しています。にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ クリックお願いします

続きが有るよ・読んでね
ラベル:四季の庭
posted by mari at 04:17| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 石川啄木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

リンゴの花は 初恋の味?

ringo.jpg
ほのかにピンクのリンゴの花

石狩の都の外の

 君が家

      林檎の花の散りてやあらむ

   石川啄木「一握の砂」

続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 06:15| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 石川啄木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

勿忘草

wasurenagusa.jpg
勿忘草

思うてふこと言はぬ人の
 

  おくり来し

     忘れな草もいちじろかりし

石川啄木・初出「明星」明治41年11月号 

続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 11:13| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 石川啄木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。