2008年02月26日

変わらぬもの・・岩手山

「くらかけの雪」の詩碑.jpg
   ・・・・・・「くらかけの雪」の詩碑 ・・・・・・

くらかけ山の雪

   たよりになるのは

   くらかけつづきの雪ばかり
 

   野はらも はやしも
   ぽしやぽしやしたり黝(くす)んだりして

   すこしもあてにならないので

   ほんたうにそんな酵母(かうぼ)のふうの

   朧(おぼ)ろなふぶきですけれども

   ほのかなのぞみを送るのは
   くらかけ山の雪ばかり

     (ひとつの古風(こふう)な信仰です) 
 詩碑 2.jpg


     岩手山


  そらの散乱反射のなかに
 
  古ぼけて黒くゑぐるもの
 
  ひしめく微塵の深みの底に  
 
  きたなくしろく澱むもの

         (「岩手山」より)


変わらないもの・・・・

野原や林は、四季うつろうもので、常ならざるものです。

なのに、
くらかけ山の雪は、冬になればいつもと変わらぬ姿を現わす、変わらざるもの・・・
と賢治は言っています。
くらかけの雪.jpg

雪それ自体は、はかなく消え去るものです。
この『はかなく消え去る うつろいゆくもの』こそが変わらないのである・・というのです。

ほかは何もあてにならない。
この時間・空間を隔てても変わらぬ、ただひとつの真理を 賢治は岩手山に望みを託したのでしょう。
柳沢から臨む岩手山.jpg
・・・・・柳沢から臨む岩手山・・・・


鞍掛山は岩手山の南西に位置し、馬の背に乗せた鞍のような形状をした標高897mの山です。

※「イーハトーブの風景地」は、鞍掛山(滝沢村)、七つ森(雫石町)、狼森(同)、釜淵の滝(花巻市)、五輪峠(東和町)、種山ヶ原(江刺市・住田町)の6ヶ所で構成されております。

 宮沢賢治の作品の源泉となったこの鞍掛山を含む岩手県内6カ所の自然景観が「イーハトーブの風景地」として、景観の重要文化財にあたる国指定名勝に指定されました。

まだ続きがあります。(*^_^*)
posted by mari at 10:52| 岩手 ☁| Comment(16) | TrackBack(0) | 宮沢賢治作品とイーハトーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

私のほしいもの・・・虹や月あかりからもらってきたのです・・・・

tyuripu058.jpg これらのわたくしのおはなしは、
            みんな林や野はらや鉄道線路やらで、
              虹や月あかりからもらってきたのです


『注文の多い料理店』 



  わたしたちは、氷砂糖をほしいくらいもたないでも きれいにすきとおった風を食べ 桃いろのうつくしい朝の日光を のむことができます。

  また わたくしは はたけや森の中で ひどいぼろぼろのきものがいちばんすばらしい びろうどや羅紗や、宝石いりの きものに かはっているのをたびたび見ました。

 
 わたくしは そういうきれいな たべものや きものをすきです。
 
  これらのわたくしのおはなしは みんな林や野はらや鉄道線路やらで 虹や月あかりからもらってきたのです。
 
  ほんとうに かしはばやしの青い夕方を、ひとりで通りかかったり  十一月の山の風のなかに ふるえながら立ったりしますと もうどうしても こんな気がしてしかたないのです。

  ほんとうにもう どうしてもこんなことがあるようでしかたないということを、わたくしはそのとおり書いたまでです。
 
  ですから これらのなかには あなたのためになるところもあるでしょう し  ただそれっきりのところもあるでしょうが、わたくしには、そのみわけがよくつきません。

なんのことだか、わけのわからないところ もあるでしょうが、そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです。

  けれど、わたくいには、これらのちいさな ものがたりの幾きれかが、おしまい、あなたのすきとおったほんとうのたべものになることを。

  どんなにねがうかわかりません。


             大正十二年十二月二十日  宮沢賢治

                                   (表記を現代語に直しています) 
kenji.jpg
 
  宮澤賢治ほど、伝えられている宗教的概念と 農民と一緒に苦労ている姿、宇宙に興味を持ち 地質学を研究している科学者でもある賢治さんと、 動物や宇宙を中心とした おしゃれでユーモアあふれる作品とのあいだには、いちじるしくかけ離れていると思えるくらい別人のような、奥の深さを感じてしまう作品が多いです。

そしてそういう作品を私は大好きです。
どんな情景で どんな気持ちで 賢治さんが書いたんだろうと 考えるだけで楽しくなってきます。
                   kenjisakuhin.jpg

posted by mari at 09:31| 岩手 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 宮沢賢治作品とイーハトーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

もりおか雪明かり「光の川」

yamanasinohon.jpg宮沢賢治 童話 「やまなし」
yumeakari1.jpg
・・・・・・・もりおか雪明かり    H19年2月撮影(主人)・・・・・・
 

 小さな谷川の底を写した二枚の青い幻燈です。

 一、五月

 二疋(ひき)の蟹(かに)の子供らが青じろい水の底で話てゐました。

『クラムボンはわらつたよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらつたよ。』
『クラムボンは跳てわらつたよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらつたよ。』

 上の方や横の方は、青くくらく鋼のやうに見えます。
そのなめらかな天井を、つぶつぶ暗い泡が流れて行きます。

『クラムボンはわらつてゐたよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらつたよ。』
『それならなぜクラムボンはわらつたの。』
『知らない。』

 つぶつぶ泡が流れて行きます。
蟹の子供らもぽつぽつぽつとつゞけて五六粒泡を吐きました。
それはゆれながら水銀のやうに光つて斜めに上の方へのぼつて行きました。
 つうと銀のいろの腹をひるがへして、一疋(ぴき)の魚が頭の上を過ぎて行きました。

『クラムボンは死んだよ。』
   ・
   ・
   ・
  (下に続く・・・最後まで読んでみてね)


今年も岩手公園で「もりおか雪明かり 2008」が開催されています。
yumeakari1.jpg
・・・・・・・・もりおか雪明かり    H19年2月撮影(主人)・・・・・・

今年のテーマは、宮沢賢治の童話「やまなし」をモチーフにした「もりおか川物語・光の川」です。

蟹、魚、やまなし、の雪像と ボランティアによって作られた3万個以上のスノーキャンドルに明かりが灯され 柔らかな光が公園の石垣を幻想的に浮かび上がらせています。
yumeakari4.jpg
・・・・・・・もりおか雪明かり    H19年2月撮影(主人)・・・・・・

スノーキャンドルの点灯は午後5時半から8時半までです。
              logo10.gif

にほんブログ村 地域生活ブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ

まだ続きがあります。(*^_^*)
posted by mari at 01:09| 岩手 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 宮沢賢治作品とイーハトーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

風の又三郎

050909111.IMG_6309.jpg

種山ヶ原の星座の森に立つ「風の又三郎像」
 
先日 岩手山にも 初冠雪が記録されました。
例年よりは2,3日遅いと言うことですが もうそんな季節になったんですね。

霜が降り 朝晩もっと気温が下がると リンゴも美味しくなります。

リンゴが実る頃、自然と口ずさんでくる 歌があります・・・・・・

どっどど どどうど どどうど どどう、

どっどど どどうど どどうど どどう

青いくるみも吹きとばせ

すっぱいくゎりんもふきとばせ

どっどど どどうど どどうど どどう、

どっどど どどうど どどうど どどう


宮沢賢治の「風の又三郎」の中に出てくる歌です。
メロディ あるのですが、わかりますか?

イーハトーブの方なら歌えますね????
「星めぐりの歌」と共になじみの深い歌だと思うのですが・・・

PICT0005112.jpg
青いリンゴと オニグルミ
まだ続きがあります。貴方の感想 聞かせてくださいね(*^_^*)
posted by mari at 00:00| 岩手 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 宮沢賢治作品とイーハトーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

アスチルベ

PICT0005.jpg

山はつぎつぎそのでこぼこの嶺線から

パラフヰンの緋をとばしたり

突然 銀の挨拶を

上流の仲間に抛げかけたり

Astilbe argentium

Astilbe platinicum

いちいちの草穂の影さへ落ちる

(宮澤賢治・詩 北いっぱいの星ぞらに)


652fda5fd8b48b1f3908c055c7bf5258.jpg


続きが有るよ・読んでね
ラベル:季節の花
posted by mari at 17:46| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮沢賢治作品とイーハトーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

沙羅樹(サラジュ)

natutubaki.jpg
ナツツバキ


象が頭を上げて見ると、赤い着物の童子が立って硯と紙を捧げてゐた。

象は、早速手紙を書いた。

「ぼくは、ずいぶん眼にあってゐる。

みんなで出て来て助けてくれ。」

童子は、すぐに手紙をもって、林の方へあるいて行った。

赤衣の童子が、さうして山に着いたのは、ちやうどひるめしごろだった。

このとき山の象どもは、沙羅樹の下の暗がりで、碁などをやってゐたのだが、額をあつめてこれを見た。


(童話・オッペルと象)

「花ブログ」に参加しています。にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ クリックお願いします

続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 10:40| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮沢賢治作品とイーハトーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

カンゾウの花はコロナ

hemerokaris3.jpg
写真はへメロカリス・デイーリリー

(コロナは六十三万二百  

あゝきれいだ。まるでまっ赤な花火のやうだよ。)

それはリシウムの紅焔でせう。

楊の木の中でも樺の木でも、また枯れ草の地下茎でも、月光色の甘い樹液がちらちらゆれだし、早い 萓草(カンゾウ)や つめくさの芽には もう 黄金いろの小さな澱粉の粒が つうつう浮いたり沈んだりしています。
 

宮澤賢治・ イーハトーボ農学校の春

続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 10:24| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮沢賢治作品とイーハトーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

ツリガネソウ・カンパニュラ

knpa3.jpg

天の川がしらしらと南から北へ亙ってゐるのが見え、また頂の、天気輪の柱も見分けられたのでした。

つりがねさうか 野ぎくの花が、そこらいちめんに、夢の中からでも薫りだしたというふうに咲き、鳥が一疋、丘の上を啼き続けながら通って行きました。

ジョバンニは、頂の天気輪の柱の下に来て、どかどかするからだを、つめたい草に投げました。

(童話・銀河鉄道の夜)

続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 09:45| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮沢賢治作品とイーハトーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

燃えるアイリスの花

さはやかに

よしは刈られて

今年も燃えるアイリスの花

まだわずかにひかる あざみの花

幾重の山並みに雲たたなびき

月見草の花弁萎む


宮澤賢治 (詩ノート・栗の木花さき)

皆さん方から頂いた一押しの写真を掲載しました。
続きも見てね

続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 07:22| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮沢賢治作品とイーハトーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

ハマナス

hamanasu
鮮やかなハマナスの花

朝顔よりはむしろ牡丹のやうにみえる

おほきな はまばらの花だ

まつ赤な朝のはまなすの花です

ああ これらのするどい花のにほひは

もうどうしても 妖精のしわざだ

宮澤賢治 詩・春と修羅  オホーツク挽歌

続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 05:31| 岩手 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮沢賢治作品とイーハトーブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。