2009年05月17日

「しづやしづ しづのをだまき 恋しかり」・オダマキ(苧環)

CIMG0715.JPG

  静御前の舞 

囚われ人となった義経の愛妾・静御前は、鶴岡八幡宮の社前で、参詣に訪れた頼朝の命により、舞を舞うことになりました。

金色の立烏帽子に水干姿の静御前が、紅色の扇をひるがえしながら舞います。

 「しづやしづ しづのをだまき 繰り返し 昔を今に なすよしもがな

  吉野山 峰の白雪踏分けて 入りにし人の 跡ぞ恋ひしき」


美しい声で切々と夫恋しの歌を歌い、頼朝は激怒しました。

席をけって立とうとする袖を抑えたのは妻の政子でした。

「私もあの夜、流人であったあなたのもとへ、はだしで走ったではありませんか。
それもこれも恋すればこそ……」

 政子のとりなしでようやく怒りを鎮めた頼朝は、静に引き出物を与えてその場を収めました・・・・・・。


有名な『義経記』の一節です。

 「しづ」は「しつおり(倭文織)」ともいい、奈良時代以前から日本に伝わっていた日本固有の織物で、麻などの(楮の一種)の糸を文〈あや〉に織ったものです。

「をだまき」とは、「しつ」を織るための糸を、内部を空洞にして丸く巻いた糸車をいいます。

「オダマキ」という名前は、の花の形が、紡いだ糸を玉にした糸車「をだまき」をつくる糸車に似ていることに由来しています。


CIMG0680.JPG CIMG0606.JPG


CIMG0713.JPG CIMG0712.JPG

静御前が歌った「をだまき」は、日本に広く分布している「ニホンオダマキ」です。

「オダマキ」、 「ミヤマオダマキ」、 「ヤマオダマキ」があり、それぞれ微妙に花や葉が異なっています。
花の色は、画一的ではなく、白、紅色等いろいろあり遺伝的に固定されているのでは無いそうです。

CIMG0675.JPG CIMG0676.JPG
 
学名 Aquilegia vulgalis
別名 オダマキ、アクイレギア
科名 キンポウゲ科  属名 オダマキ属
園芸分類  耐寒性多年草
原産地   北半球の温帯
オダマキ「苧環」(キンポウゲ科)Aquilegia flabellata 原産地:日本
ヤマオダマキ「山苧環」(キンポウゲ科)Aquilegia buergeriana 原産地:日本
ミヤマオダマキ「深山苧環」(キンポウゲ科)Aquilegia flabellata var.pumila 原産地:日本

花言葉  「断固として勝つ」・ 『負け知らず』「必ず勝利する 」

PICT002020.JPG CIMG0679.JPG


セイヨウオダマキ「西洋苧環」(キンポウゲ科)Aquilegia vulgaris
原産地:ヨ−ロッパ
セイヨウオダマキは、花色が多彩で、華やかに咲き、少し形態が異なります。

花言葉は「愚者」・・・・・・和製オダマキとはあまりに違いすぎて可愛そう・・・

8EB58EC08EDE8ECF8EB71.jpg CIMG0701.JPG
タワーライトブルー Aquilegia 'Tower Light Blue'



参考;下のエントリーも見てね

「ヒトリシズカ」
http://iihatoobu.seesaa.net/article/117983656.html


「山野草・おだまき大好き」
http://iihatoobu.seesaa.net/article/96251279.html

posted by mari at 11:08| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

ホウチャクソウ (宝鐸草)

CIMG0551.JPG
  ホウチャクソウ (宝鐸草)


山野草の大好きな友人から 庭作りを始めた頃 
“好きなのをあげるから持って行って良いよ” と言われ頂いたのが「ホウチャクソウ」です。


CIMG0550.JPG

名前も解らずこれがほしいと「ホウチャクソウ」を指さしたら・・・・

「目が高いね」と驚かれました??

山野草は、いまだに詳しくありませんが、「ほうちゃくそう」愛好会があるくらい人気の高い山野草みたいです。

houtyakusou.jpg

稚児ユリの仲間で、特徴のある花をぷらんと下向きに咲かせます。


「宝鐸(ほうちゃく)」と言うのは、寺のお堂の四隅の軒に下げた風鈴のような吊り飾りのことで、それに似た形の、筒形の花が付くことから 「ホウチャクソウ」と言うそうです。 

hoityakusou202.jpg 

以前から「甘野老 (あまどころ)」 か 「鳴子百合 (なるこゆり)」のようで違う 名前の分からない山野草がどんどん増えだし、捨てるに捨てられず引っこ抜いては庭の隅っこに植え直しておりましたが、なんとこれも「ほうちゃくそう」だったんです。

07042_27.jpg


頂いたホウチャクソウと似ていなかったので・・・・・

houtyakusou3.jpg

頂いたホウチャクソウは、大切に育てているので元気にのびのび立派に育ちすぎて どう見ても山野草には見えないのですが・・・「黄花ホウチャクソウ」のようです。

CIMG0635.JPG

 

釣り鐘状に垂れ下がった花は、いつまでたっても開かず はらはらと散ってしまいます。

PICT20232.jpg
花の中を撮ってみたいのですが、ちょっと無理!



CIMG0632.JPG

 
【名】 「ホウチャクソウ(宝鐸草)ユリ科、チゴユリ属。
【学名】Disporum sessile
【花期】 5〜6月
【草丈】 30〜60 cm程度
【和名の由来】 筒状で細長い花の形を寺院の軒下にぶら下がっている装飾品である「宝鐸」に見立てた。
【特徴】 毒草   若芽にはチゴユリと同様に毒があるとは、びっくり!
          稚児ユリ同様、林の木陰でひっそりと群生します。
          花は枝先に1〜3個ぶら下がり、花弁の先端は、緑色を帯びています。
          似た花に、オオアマドコロやナルコユリがありますが 仲間ではないそうです。
          秋に果実は黒く熟します。

CIMG0634.JPG CIMG0633.JPG


CIMG0655.JPG
わが家の 稚児ユリの群生?毒草とは しらなかった〜〜〜

posted by mari at 11:21| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

可愛いおちごさん「稚児百合・チゴユリ」

 可愛いおちごさん「 稚児百合 ・チゴユリ」

CIMG05922.jpg


ひっそりと 仲良しさん同士 語り合うように寄り添って咲いている、小さな花「稚児百合 チゴユリ」。

CIMG0590.JPG

あまり日のあたらない木の下に咲いています。

植えた記憶がないので何かの苗に混じって わが家の庭に住み着いたのでしょう。

始めて見つけたときは、なんて控えめで 可愛い花なんでしょう・・・・と大感激。

CIMG05900.jpg

決して広くない木の下の 半日影の場所で年々繁殖しています。

花は、かすかに緑がかった白い6弁花で やや下向きに うつむきかげんに咲き、何とも可愛い花です。
               
秋には、5mm程度の紺黒色の実を、茎の先端に 1ケつけます 。

 花も控えめなら 実も控えめで  数百の実を振り撒く事もなく けれどもどんな条件でも着実に繁殖して 山野の木陰に群生し生息しています。

CIMG0592.JPG

チゴユリは、ユリ科の中で 最も小さな部類の花で、並んで咲いている その小さな花の愛らしさから名付けられました。

可愛らしい姿を「お稚児さん」に見立てたのでしょう。

      
 
CIMG0591.JPG


    
下向き加減に咲き 、地面に はいつくばって撮ってあげないと花心を見ることが難しいお花です。

マクロでこんな風に大きく撮りましたが、実際は消え入りそうなくらいに 小さい可憐なたたずまいをしています。



CIMG05911.jpg

稚児ユリは、

雪解けとともに樹木の葉が繁る頃、姿を現すスプリング・エフェメラル(はかなく消えて行く春のかげろう・・・・ カタクリなどの花などを指す)と呼ばれる花の一群が姿を消し、交代するように うつむき加減に 稚児ユリやアマドコロ、ホウチャクソウが姿を現し 咲き出す ・・・・・と言われています。

 PICT213411.jpg
ホウチャクソウ


Disporum smilacinum
ユリ科チゴユリ属
花言葉 は、恥ずかしがりやさん

posted by mari at 03:20| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

今日の白雪げし

CIMG0588.JPG

今日も、可愛らしいので 「シラユキゲシ」です。

葉は、ヒトリシズカの葉です。

花の無くなった ヒトリシズカの中に ぽつんと花を咲かせていました・・・・・

CIMG0587.JPG

珍しく 縞々のお帽子が まだ落ちずに ちょこんと残っています。

今日は、朝から久しぶりに シトシト雨になりました。

しっとり雨に濡れた姿も はかなげで一段と可愛らしさが増しているシラユキゲシです。



CIMG0615.JPG

今日のシラユキゲシも 可愛いでしょう・・・・・
posted by mari at 19:55| 岩手 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 山野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

貴女が好きです・シラユキゲシ

白雪げしの花。(芥子科).jpg

シラユキゲシ



 緑の帽子を 恥ずかしそうに 深くかぶって 

うつむき加減に 何を思っているの

PICT0029.JPG

春の木漏れ日がまぶしいの 

鳥のさえずりがやかましいの・・・

PICT0027.JPG

小さな風が吹きぬけて 

開いたばかりの花びらは 

ふるふる と かすかに揺れ

シラユキゲシの花が はにかんだ


PICT0030.JPG

「貴女が、大好きです」 ...

私は そっと振り返ってみた

静かに音もなく一枚 花びらが欠けていた・・・・・・

sirayukigesi00.jpg

大好きな「シラユキゲシ」の花があちこちに咲き始めました。

可憐ではかなげに咲く姿は いつまでも飽きることなく見入ってしまいます。

毎年、そんなイメージに撮ってあげたく 朝早くからカメラを向けるのですが、いっこうに上達しません。

白雪姫のような「シラユキゲシ」

ごめんなさいね。


PICT7621z1.jpg


和名     シラユキゲシ
英名      snow poppy
科名     ケシ科
属名     エオメコン属
性状     多年草
原産地    中国東部
花言葉   貴女が、大好きです
特徴    葉縁が波打った心臓形の葉を叢生し、長さ30cmほどの花茎を出し、白い4弁の花が咲く姿は、山草的で、清楚な美しさです。
自生地では山地の樹林の下に生育しています。
排水の良い用土を好む。

タグ:山野草
posted by mari at 18:39| 岩手 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

イカリソウの花

CIMG0541.JPG
黄花イカリソウ


   心のなかは・・・

きみの心のなかに

咲いているのは、

白い花

深くしずんだ心は、

冷たく、凍ったまま・・・・




火山のような息遣いで

激しく目覚め・・・・・

その時

君は確かに生きている・・・・

黄色い花が好き・・・

といった、おさないときの君が

よみがえる


そして、

一時の安らぎもあたえず

しずかに

又、深い眠りにつく


CIMG0538.JPG
イカリソウ

山野草の花が咲き乱れています。

私に、安らぎと勇気をあたえてくれる花たちです。

花と向き合っているこの一時が唯一時間を忘れ癒されます・・・・

この瞬間はhiroを忘れてしまいます・・・・・・

CIMG0537.JPG CIMG0540.JPG CIMG0536.JPG
                                     梅花イカリソウ

CIMG0539.JPG CIMG0541.JPG CIMG0533.JPG
                                      トキワイカリソウ 
                                    
CIMG0532.JPG CIMG0562.JPG CIMG0538.JPG
トキワイカリソウ         トキワイカリソウ

CIMG0547.JPG CIMG0549.JPG CIMG0550.JPG
アジュガ             スミレ               黄花ホウチャクソウ

CIMG0551.JPG CIMG0558.JPG CIMG0560.JPG
黄花ホウチャクソウ         勿忘草     

CIMG0534.JPG CIMG0535.JPG CIMG0531.JPG
ニリンソウ             ニリンソウ

CIMG0527.JPG CIMG0451_edited.JPG CIMG0469.JPG

ツルキキョウ              シュンラン              ムスカリ

450-200609122156264021.jpg CIMG0444.JPG PICT7517z.jpg
勿忘草               勿忘草              アケビ
posted by mari at 07:58| 岩手 ☁ | TrackBack(0) | 山野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

ヒトリシズカ

CIMG0473.JPG

 雑草の 二人しづかは 悲しけれ

       一つ咲くより 花咲かぬより
  (与謝野晶子)

(一人でいるより、誰かといないより、二人でいるほうが辛く悲しみが深いということでしょうか。)


私も、「フタリシズカ」の方が、一見華やかに思えますが、地味で華やかさに欠けるような感じがします。

大きな庭石の下に、「ヒトリシズカ」が咲き出しました。
CIMG0472.JPG
まだ葉も、花も開ききっていない状態の「ヒトリシズカ」。


源義経が愛した女性、静御前から名づけられたといわれる「ヒトリシズカ」。

白拍子だった静御前が、源義経を偲びつつ、頼朝の前で舞いを舞う姿に見立ててつけらと言われています。

とても情緒的で心を揺さぶられる いい名前ですね。

CIMG0474.JPG
4枚の葉に守られるかの様に葉が開ききる前に穂状花序を伸ばし、ブラシのような花をつける。

別名、
ヨシノシズカ(吉野静)、これも吉野山で舞った静御前からきている呼び名です。

マユハキソウ(眉掃草)、これは白粉(おしろい)をつけたハケに見立てたものです。

いずれも 薄幸の美女の代名詞「静御前」の舞姿に例えられて付いた名のようです。

花言葉は、隠された美 愛にこたえて

CIMG0473.JPG


あるブログで見つけた おもしろい記事に
「この草も、盗掘で数が激減しているみたいだ。
花も綺麗だが、名前が良すぎるのも考え物だ。
シラガノハナゲ くらいにしたら、こんなに盗掘され無いだろうに?


「ヒトリシズカ」には、可愛そう過ぎますが、ちょっと笑ってしまいますね・・・・


庭に咲いている山野草。(H21・4・23 撮影)
CIMG0477.JPG
黄色トキワイカリソウ


CIMG0471.JPG
ヤマブキ


PICT7517z.jpg
アケビ

PICT7518sz.jpg CIMG0468.JPG

CIMG0451_edited.JPG
シュンラン


CIMG0452.JPG  CIMG0445.JPG

CIMG0444.JPG
ワスレナグサ


 

まだ続きがあります。(*^_^*)
posted by mari at 00:13| 岩手 ☁ | TrackBack(0) | 山野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

5月初旬の花・山野草

SYUNRAN4.jpg

紹介していなかった山野草の花のアップ。
今年は何かと忙しく 可愛らしく咲いた庭の花を紹介できませんでした。

バラやクレマチスも咲き始めてきています。
もう目はバラの方に〜〜〜

可愛そうですから一挙紹介!!



syunyan1.jpg  KUROYURI.jpg 山野草の女王「「シュンラン」
4月初めに咲きだしました。


PICT0004.JPG  katakuri2.JPG黄カタクリ  園芸種です。

KUROYURI.jpg クロユリ 今年は、二つだけ・・・来年は消えてしまいそう。




PICT0006.JPGイチリンソウ

KIKUZAKIITIGE1.jpg  yosi102.jpg キクザキイチゲ2.jpg
菊咲きイチゲ                白色キクザキイチゲ

NIRINSOU.jpg ニリンソウ

PICT0001.JPG バイカイカリソウ 可愛いので又登場

tigoyuri.JPG PICT2159111.jpg  tigoyiri2.JPG 稚児ユリ


PICT0007.JPG   yamabuki2.JPG 白色ヤマブキ

houtyakusou3.JPG  houtyakusou.JPG  hoityakusou 2.JPG
ホウチャクソウ 


グレコマ.jpg   ajura.JPG
雑草のようなグレコマ         十二単の園芸種アジュガ


ツルハナシノブ00.JPG PICT0007.JPG シャガ.JPG
山野草ではありませんが ツルハナシノブと シャガ も・・・ブルーの花が多いですね。

PICT0015.JPG  PICT0012.JPGワスレナグサ

エンレイソウ


s-PICT19061.jpg
エンレイソウとヒトリシズカ 四月初めに咲く山野草です

PICT212711.jpg PICT211411.jpg サクラソウ

PICT218111.jpg  PICT21271.jpgピンボケのマイズルソウとスズラン


PICT211411.jpg
写真はサムネール表示で、クリックすると大きくなります。
posted by mari at 04:45| 岩手 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 山野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

山野草・オダマキ大好き

odamaki.jpg
オダマキ いろいろ

オダマキ.jpg

毎年登場するオダマキ。

10数年も前に、山野草愛好家の方からオダマキの種を頂き 庭に蒔きました。
これが 山野草を好きになった始まりです。
 
オダマキ2.JPG  オダマキ1.JPG


s-PICT2227.jpg

とても丈夫で、寒さに強い花です。
逆に、高温多湿な場所は苦手なようで、転々と場所を移動して気に入ったところに芽を出します。
我が家には あっているようです。

オダマキの仲間は種間交雑が非常に起こりやすいそうで、
たくさんの種類が栽培されています。

アキレギア(西洋オダマキ.jpg  アキレギア(西洋オダマキ2.jpg

s-PICT2232.jpg

自宅で交配を繰り返して様々な色の花を楽しんでいる方もいらっしゃるようです。
微妙に違った色合いの花びらを見かけたりすると ほしくなって・・・・
秋に種の交換し合って 増やしています。
   

アキレギア(西洋オダマキ3.jpg  アキレギア(西洋オダマキ1.jpg

オダマキ.JPG  PICT0020.JPG

s-PICT2235.jpg

種類も豊富で、いつしか西洋オダマキの方が多くなってしまいました。

odamaki12.jpg  odamaki3.jpg

黄色の花、オダマキ.jpg
宇宙人のような キツネのような  面白い形のオダマキ。

s-PICT2234.jpg
白は綺麗ですね、
わが家のオダマキ一号です〜〜
いっぱい咲いています。

posted by mari at 13:18| 岩手 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 山野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

八幡平の草花

標高1400メートルの八幡平には珍しい山野草がいっぱい咲いています。
夏の八幡平は 標高に応じて高山植物から 地本でも見られるような山野草までも咲き誇って植物の宝庫です。

kobaikeisou1.jpg
コバイケイソウ・ユリ科
夏の八幡平を代表する花です。
真っ白い花が1m以上もありよく目立ちます。

松川温泉側から八幡平樹海ラインを通って山頂をめざしました。
樹海ライン沿いは、蒸気が吹き出る「太古の息吹」や、藤七温泉の大昔の噴火によってできた蓬莱境など、車中からでも景色を堪能出来ます。

umebatisou1.jpg
ウメバチソウ・道ばたの沼地に生えていました。
春には水芭蕉の花が咲いていた所です。

 sirobanaturiganeninjin1.jpg
シロバナツリガネニンジン・キキョウ科
目立ちませんが とても可愛らしい花です。
オトメシャジンの鉢植えが温泉の売店で売られていました。
ちょっと後ろ髪を引かれましたが 育てるのが難しそうなのであきらめました。

matukawa.jpg 
スラネセンキュウ?・セリ科

アスピーテラインは小さい花が多く見かけられましたが、樹海ラインは、うっそうと茂る木々の合間から 白い大きなセリ科の花や ウツギ科の山アジサイなど大きい花が目立ちました。

tatigibousi1.jpg
ハクサンボウフウ?・セリ科

matukawa2.jpg
セリ科
名前がよく解りません。
セリ科の花で背丈も大きくあちこちによく目だつように咲いていました。

ezonyuu1.jpg
セリ科。

黄色い花のウイキョウはハーブで、独特の鼻を付く薬草のニオイがあります。
この花には ニオイはありませんでしたが似た感じの花でした。

山野草図鑑で調べましたがわかりません。
セリ科で「ミヤマゼンコ」「シラネニンジン」「シラネセンキュウ」「ハクサンボウフウ」「エゾニュウ」と言う名の花が見つかりました。
いずれかと思うのですが解りません。

白い花のワタスゲも見ることが出来ましたが、この暑さで茶色になっていました。
続きが有るよ・読んでね
posted by mari at 08:06| 岩手 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 山野草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

ランキングに参加しています。 見に来た方、 黒ハート のポチット よろしくね (~o~)v

人気ブログランキングへランキングに参加しています。
あなたの「クリック!」に感謝いたします。 人気ブログランキングへありがとう〜〜〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。